トップ画像 トップ画像

2020/02/13 (木)

特殊音節の読み書き

小池敏英先生 (東京学芸大学教育学部教授)にお伺いしました。

特殊音節の中でも、特に拗音(小さい「や・ゆ・よ」がつく音)は苦手になることが多いようです。拗音の読み書きが苦手な場合(「きゃ」を「きや」と読んだり書いたりするなど)、音と文字の関係が学習できていないことが考えられます。音と文字を対応させる力を育てることが大切です。

音のまとまりを意識させましょう。

koike01.png

まずは、「きゃ」「きゅ」「きょ」などの拗音がひとまとまりの音であることを意識させることが大切です。拗音を含む言葉(例「かぼちゃ」)を声に出しながら手をたたく(例「か・ぼ・ちゃ」と3回手をたたく)手拍子読みをしてみましょう。手拍子でリズムをとることで、拗音がひとまとまりの音であることがわかります。また、おうちのかたが拗音で終わる言葉を言い、しりとりの形式でお子さまが拗音から始まる次の言葉を言う遊びも有効です。

tebyoshi_png-thumb-200xauto-35.png

「でんしゃ」→「しゃぼんだま」、「おもちゃ」→「ちゃわん」のように、しりとりで楽しく遊びながら、音節を意識するとよいでしょう。

「書き」が苦手な場合(書きまちがいが多い、文字が反転するなど)は、文字の形を正しくとらえる力に弱さがあると考えられます。この力は5~7歳で育つといわれています。この力が弱いと、生活場面で空間を把握することもあまり得意ではないようです。

「ひらがなカルタ」でまちがえやすい文字を練習しましょう。

koike03.png

「きゃ」を「きや」と書いたり、「や」と書いてしまうなど、書きまちがいが多い場合は、「きゃ」「きや」「き」「や」と書かれたカードをお子さまの前に並べて、「『きゃ』はどれかな?」とおうちのかたが聞きます。正しいカードを選ぶカルタ遊びのように取り組みましょう。

「ひらがなカルタ」ができるようになったら、次は、「ひらがなカード」を組み合わせて単語を作る練習をしましょう。「で」「ん」「しゃ」の3枚のカードをお子さまの前に並べて、「『でんしゃ』を作ってみよう。」と声をかけます。まちがえて並べた場合は、「これだと『でしゃん』だよ。」とおうちのかたが声に出して読んであげましょう。そうすることで、どこでまちがえているのかがわかり、学習効果が高まります。

ファイルをダウンロードし、プリントアウトして切り取り、厚紙に貼るなどしてカルタとしてご使用ください。

download.png

トップにもどる