平方根にはなぜ+と-があるのですか


<質問>

25の平方根は±5,と習いましたが,なぜ2つあるのですか。

 

<回答>

そもそも「平方根」とは何か,を確認しておきましょう。

x2乗がa となるとき,xaの平方根といいます。 

 

52乗は25ですから,「525の平方根」です。
また,-52乗すると25ですから,「-525の平方根」です。

このように、平方根は正の値と負の値の両方があります。

たとえば「25の平方根は±5」,となるのです。

このブログ記事について

このページは、エベレス事務局が2011年6月 3日 13:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「±とはどんな記号ですか」です。

次のブログ記事は「2次方程式は答えが2つあるのですか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。