記述問題で字数を超えてしまう場合について

     
  • 記述問題で字数を超えてしまう場合について
  •  
  •  <
  • トップ <

<質問>

字数が指定された記述の問題で、書く部分は大体検討がつきますが、

字数が超えてしまう場合があります。うまく字数以内におさめられるよう、

言葉を削っていく作業がうまくできません。

どのように削れば良いでしょうか。


 

<回答>

本文中の言葉を用いて解答を考える際に大切なことは、

『必ず盛り込まなければならない内容を取りこぼさない』ということです。

その内容については、文章中の言葉を用いて丁寧に書く必要がありますが、

それ以外の部分に関しては、削ったり、言葉をもっと簡単な表現に

置き換えるなどをして、字数以内に収めていきましょう。

 

指定の字数以内で解答を作成できるようになるためには、

たくさんの問題に取り組むことが大切です。

最初は「どう増やしたらいいの?」「どこを削ったらいいの?」と

思うことがたくさんあるかもしれません。

しかし、解答文をたくさん作成していくうちに、ご自身の中で、

上手にまとめる「コツ」というものを掴めるようになると思います。

このブログ記事について

このページは、エベレス事務局が2011年6月 3日 09:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「記述問題の句読点について」です。

次のブログ記事は「±とはどんな記号ですか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。