記述問題の句読点について


<質問>

○○字以内で書きなさい。」というような問題の場合、

答えとして書いた文の最後に「。」を付けるべきか見分けがつきません。
どうやって見分けたらいいですか?


<回答>

基本的に「○○字以内で書きなさい。」という問題のときは、句読点が必要です。
しかし、設問文に指定が書かれているときには、「。」をつけない事もあります。

例えば、「次の文に当てはまるように答えなさい」のように空欄を埋める場合や、

『「・・・こと。」につながる形にして書きなさい』のように文末に指定がある場合、

解答文に「。」はつける必要はありません。

設問文をよく読んで、指定されている形で解答するように気をつけましょう!

このブログ記事について

このページは、エベレス事務局が2011年6月 3日 09:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「記述問題の最低字数について」です。

次のブログ記事は「記述問題で字数を超えてしまう場合について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。