英作文の勉強法について


<質問>

英作文ではまず,英語に直しやすい日本語訳を作ること,と勉強しましたが,

どうやったら英語に直しやすい日本語訳が作れるかわかりません。コツを教えてください。

また,どうやったら,解答解説にのっているような英文が書けるようになりますか?

私が書く英文はまるで1年生が書くようなものなので,受験で減点されないか心配です。

 

 

<回答>

■日本語訳の作り方

大変よいところに目をつけてくれましたね。
実はこのポイントは,9月に学習する「テーマ型の問題」で解説します。

ポイントを少しだけお伝えすると,

1)「だれが」「なにを」「どうした」を明らかにする。
  日本語は英語と異なって,主語や目的語などが省略されることがよくあります。
  こうした省略を意識して補うことで,英語に直しやすい日本語訳を作成することができます。

2)これまで習得した単語や熟語の日本語訳に置き換える。

  和文が自然な言葉になっている場合,どの日本語をどう英語に直せばよいのか
  あいまいでわかりづらいことがよくあります。
  これまで学習した単語や熟語を使って言い換えることができないか,を意識することで
  英語に直しやすい日本語訳を作成することができます。

詳しくは9月のライブ授業で勉強します。

ライブ授業や復習ムービーなどで確認してくださいね。

 

 

3年生らしい英作文

1年生が書くようなものなので,受験で減点されないか心配です」とのことですが,

受験では内容や文法のミスで減点されるケースがほとんどですので,

英作文の中で使っている文法がやさしいからといって心配する必要はありません。

 

どんなに格好の良い英文に見えても,入試本番で減点されてしまっては

何の意味もありません。最近習った文法を使って,ミスをして,減点になるよりは,

確実に使える文法で英作文に取り組む,という考え方を大切にしてください。

その上で,さらに高度な英文を書けるようになりたい,ということであれば,

進研ゼミの教材を使うなどして,文法の演習に励んでみてください。

何度も書いて練習を重ねることで,自信を持って書けるようになりますよ。

このブログ記事について

このページは、エベレス事務局が2010年8月30日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カンマを入れるところ」です。

次のブログ記事は「英文の中で省略すべきところについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。