likeとsuchの使い分けについて


<質問>

likesuchはどう違うのですか?

どちらも「~のような」という意味ですよね......?

 

 

<回答>
文法的にいうと,likeは「~のような」という意味のときは前置詞,

suchは「このような」という意味の形容詞となります。
意味は似ていますが,使い方が全く異なりますので,注意が必要です。

例文で比較してみましょう。

1) I want to be a great person like Lincoln.
            (わたしはリンカーンのような偉大な人になりたい)

2) I have never seen such a big tree before.

(わたしは以前,このような大きな木は見たことがない)

1)のlikeは,oninと同じ仲間である「前置詞」ですので,

<ひと・もの・こと>を表す名詞の直前に用います。

2)のsuchは,longtallと同じ仲間である「形容詞」なのですが,

使い方が特殊なので注意が必要です。

such(+形容詞A)+名詞B>で「このようなAなB」という意味を成します。

これは表現として覚えてしまいましょう。

 

例えば,

such a beautiful flower(このような美しい花)

such an old temple(このような古いお寺)

といった使われ方をします。

このようにlikesuchは,意味はとても似ているのですが,

使い方が全然違いますので注意しましょう。

このブログ記事について

このページは、エベレス事務局が2010年8月30日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「itとthatの使い分けについて」です。

次のブログ記事は「every SundayとSundaysの使い分けについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。