anythingとsomethingの使い分けについて


<質問>

anythingsomething は,どのように使い分けるのですか?
例えば 何か冷たい飲み物をくれませんか? は 

Can you give me something cold to drink? ですよね。
疑問文なのにどうしてsomethingが使えるのでしょうか?

 

<回答>
基本的にはsomeanyの使い方と一緒です。
some
は主に肯定文で用い,anyは主に疑問文と否定文で用います。
ただし,疑問文の場合はsomeも使われることがあります。
なので,Can you give me something cold to drink?の場合もありますし,
Can you give me anything cold to drink?
という場合もあります。

では意味はどう違うのか,というと,
any
にはもともと「任意の」という意味があるのです。
「任意の」という日本語は難しいかもしれませんが,

英語でAnything is OK.という表現を聞いたことがありませんか?
これは「何でもOK」という意味になります。

したがって,Can you give me anything cold to drink?
「何か冷たい飲み物をくれませんか」という日本語訳なのですが,行間を補足すると
「(何でもいいから)何か冷たい飲み物をくれませんか」といったニュアンスになります。

一方でCan you give me something cold to drink?の方も

「何か冷たい飲み物をくれませんか」という日本語訳なのですが,

「冷たい飲み物」について何かイメージがあるとき(例えば,水なのか,ジュースなのか)に,

相手がその「冷たい飲み物」を持っている,と期待しているときに使われることが多いです。

 

このブログ記事について

このページは、エベレス事務局が2010年8月30日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「allとeverythingの使い分けについて」です。

次のブログ記事は「everyoneとsomeoneとanyoneの使い分けについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。