05 国語の最近のブログ記事

<質問>

英語のキーワードリーディングのように,国語も設問に関係する部分だけ読むのではいけないのですか?


<回答>

国語では,問われた部分だけ読むのではなく,文章はすみずみまで読むようにしましょう!

どこかを飛ばして読んでいいということはありません。

 

しかし,文章全体をじっくり時間をかけて読んでしまうと,時間内に解き終わらないこともあるかもしれません。

ですので,じっくり読むべき箇所と,そうでない箇所との区別をつけましょう。

 

重要なことが述べられているところは,じっくりと読みましょう。

例や繰り返しなどは,読むスピードを上げてよいですが,重要な情報を読み飛ばさないように常に気をつけて下さいね。

問題文に「~段落では」と指定がある場合は,その段落内だけ読めばよいです。

 

また,最初に読んだ時に,段落ごとにどのようなことが述べられているのかを頭の中で整理しておくと,問題で問われている内容がどの辺りに書いてあるのかをすぐに見つけることができるため,設問ごとにすみずみまで読まずに済みます。

設問ごとの役割を考えながら読むようにしましょう。

 

最初は読むのに,時間がかかってしまうかもしれませんが,上記のことを意識してエベレスの授業を受けてもらえれば,だんだん身についてくると思います。

 

 

国語の問題は,英語と違って言い換えが複雑であったり,問題で書かれていることが離れていたりするので,英語のようなキーワードリーディングでは,正確に問題を解けるとは言えません。

 

しかし,「何を問われているか」と注目する点では,国語も英語も同じです。
すべての国語の問題に使えないわけではありませんが,正確に解くためにも,国語の問題は国語の授業で習ったテクニックで解きましょう。

記述問題で字数を超えてしまう場合について

<質問>

字数が指定された記述の問題で、書く部分は大体検討がつきますが、

字数が超えてしまう場合があります。うまく字数以内におさめられるよう、

言葉を削っていく作業がうまくできません。

どのように削れば良いでしょうか。


 

<回答>

本文中の言葉を用いて解答を考える際に大切なことは、

『必ず盛り込まなければならない内容を取りこぼさない』ということです。

その内容については、文章中の言葉を用いて丁寧に書く必要がありますが、

それ以外の部分に関しては、削ったり、言葉をもっと簡単な表現に

置き換えるなどをして、字数以内に収めていきましょう。

 

指定の字数以内で解答を作成できるようになるためには、

たくさんの問題に取り組むことが大切です。

最初は「どう増やしたらいいの?」「どこを削ったらいいの?」と

思うことがたくさんあるかもしれません。

しかし、解答文をたくさん作成していくうちに、ご自身の中で、

上手にまとめる「コツ」というものを掴めるようになると思います。

記述問題の句読点について

<質問>

○○字以内で書きなさい。」というような問題の場合、

答えとして書いた文の最後に「。」を付けるべきか見分けがつきません。
どうやって見分けたらいいですか?


<回答>

基本的に「○○字以内で書きなさい。」という問題のときは、句読点が必要です。
しかし、設問文に指定が書かれているときには、「。」をつけない事もあります。

例えば、「次の文に当てはまるように答えなさい」のように空欄を埋める場合や、

『「・・・こと。」につながる形にして書きなさい』のように文末に指定がある場合、

解答文に「。」はつける必要はありません。

設問文をよく読んで、指定されている形で解答するように気をつけましょう!

記述問題の最低字数について

<質問>

15字以内の言葉を本文中から抜き出し・・・」というような問題は、

最低何字以上は必要であるといった基準はありますか?

 


<回答>

重要なのは文字数ではなく"問題で問われている要件を満たすこと"です。
多くの問題には、「最低何文字書かなければならない」という要件はありません。
もちろん、制限字数は、なんとなく決められているわけではありません。
しかし、必要な要件を満たしていけば、たいていの問題において、
文字数は7割程度をこえるはずです。
文字数は『問われている要件を満たせているか』の目安と考え、指定字数の8割以上でまとめることを目指しましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち05 国語カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは04 数学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。