09 エベレスでの学習についての最近のブログ記事

エベレスの教材がたまってしまった場合,

どこから手をつけていいかわからなくなってしまいますね。

 

まずは,「これ以上ためない」ことを心がけましょう。

ためてしまった分はとりあえず仕方ないとして,

今週,来週の分はためずにこなしていきましょう。

 

ためてしまった分については,

時間に余裕があるようでしたら全部取り組んでみるのがよいでしょう。

 

全部に取り組む余裕がない場合は,以下を参考にして取り組んでみてください。

 

(1)予習ムービーを見てみる

 

予習ムービーでは,入試に役立つ「合格テクニック」を紹介しています。

ご自分でうまくまとめてみてくださいね。

 

その後,余裕があれば復習ムービーを見てみるとよいでしょう。

 

予習ムービーの内容が難しく感じた場合はBクラスを,

十分理解できた場合はSクラスの復習ムービーを見てみるといいですよ。

 

(2)復習ムービーのBクラスを見てみる

 

Bクラスは,予習ムービーの内容が難しいと感じた方向けのライブ授業です。

つまり,その単元の基本的な内容を扱っています。

ですから,予習ムービーを見ていなくても,いきなりBクラスを見ても理解できるかと思います。

 

(3)苦手な単元だけ取り組んでみる

 

エベレスの教材は,単元ごとにテーマがわかれています。

たとえば,「英作文は得意だけど長文読解はちょっと...」などという場合は,

英作文のテーマは取り組まずに,長文読解のテーマを取り組んでみる,

というようなやり方でもよいと思いますよ。

 

ためてしまった分を完全に取り戻すのは大変ですが,

入試では広い範囲の問題が出ますので,

なるべく全範囲を取り組めるとよいですね。

 

 

何か疑問点があれば「お問い合わせ・受信箱」から積極的にご質問くださいね。

過去のテーマのものでも構いませんよ。

復習ってどうやったらいいですか。

復習にも,ぜひエベレスの教材を役立ててください。

 

エベレスには,「復習ムービー」というものがあります。

これは,自分の受講したレベルのクラスはもちろん,

他のレベルのクラスまで閲覧できる映像教材です。

「復習ムービー」は,エベレス専用サイトの「合格への軌跡」からご覧いただけます。

 

ライブ授業を受講していて,または到達度チェックに取り組んで,

「このテーマは難しかったな・・・」と感じたら,

ぜひ,Bクラスなどの復習ムービーを閲覧しましょう。

同じテーマの別の問題の授業を受講することができるので,

苦手を克服するための,効果的な復習ができます。

 

また,「復習ムービー」のほかにも,

「予習ムービー」や「到達度チェック」も復習に役立てることができます。

受講期間中は,何度でも見返したり,受講しなおしたりすることができるからです。

 

合格テクニックのことをあまり理解できないようなときは,

予習ムービーをもう一度視聴しましょう。

他のレベルの復習ムービーに取り組んだときは,

ぜひそのレベルの到達度チェックも,テキストと解答解説を使って挑戦してみましょう。

 

そして,学習をしていてわからない部分があったら,

絶対にそのままにしないでくださいね。

疑問点は必ず解消しましょう。

 

エベレスの教材について疑問点があれば,

エベレス専用サイトの「お問い合わせ・受信箱」から,質問してください。

エベレス事務局がその疑問を解消させていただきます!

 

このように,エベレスをどんどん活用してください!

忙しくて学習時間が確保できません。

エベレスの先輩も,学校の宿題や行事などがある中で

ゼミとエベレスを,それぞれのスタイルで活用していました。

 

一概に,こういったメニューややり方がよい,ということはありません。

 

先輩方は,それぞれ生活の実態にあわせて,

たとえば土日にまとめてエベレスの予習をしたり,

学校の宿題はエベレスが終わってから取り組んだり,といった工夫をされてきたようです。

 

よいメニューをつくるには,まずご自身の一週間の生活を書き出し,

この曜日のこの時間にゼミをやる,もしくはエベレスの予習をする,

といった計画を立てられてみてはいかがでしょうか。

 

時間は「ある」ものではなく,「つくる」ものでもある,

ということをぜひ意識してみてください!

ノートはどうやってまとめたらいいですか。

エベレスとしては,受講生のみなさんの用途に合わせて

テキストに書きこんだりノートを用意して書き込んだりしてほしいと考えています。

 

だから,特に「このようなノートのとり方をしないとだめです」,ということはありません。

 

きれいにノートをまとめている先輩の例をライブ授業で紹介することもありますが,

これも唯一の方法ではありませんし,人にもよります。

 

たとえば,普段,鉛筆しか使っていない人が,先輩のまねをして

「ノートをカラフルに書こうとするあまり,聞き逃した...」などということでは,意味がないですよね。

 

ただ,以下のような内容を,コツコツとノートやテキストなどに書いていくことで

差がついていくことは間違いないと思います。

そして,先輩の中には,直前期にそのノートで一気に復習をして

自信が持てた,という人もいます。

 

・解答に必要なことを書いたり,自分の解き方を残す。

 どこが間違ったか,がわかるように。

 (例 途中計算を書く。英作文の答案を下書きする。)

 

・学んだことを定着させるために書く。

 (例 合格テクニックをノートにも写す。ライブ授業の先生の解説の中で,

 大切と思ったところを残す。)

 

どの場合でも,ご自身のスタイルに合わせて,

無理のない自然なノート取りを行っていただければと思います。

いつもBクラスです・・・。

まずエベレスでは,

Bクラスといっても,決して「やさしい問題ばかり」を扱っているわけではありません。

Bクラスで扱っている問題も,実際に入試で出題された問題です。

 

予習ムービーでわからなかったところは,ライブ授業でしっかりおさえましょう。

ライブ授業でわかるようになれば,それでよいのです。

 

さらに演習したいと思ったら,

ぜひSAクラスの復習ムービーを見て問題に取り組んでみてください。

解答解説を見てわからなかったら,「お問い合わせ・受信箱」からご質問くださいね。

ご自分の受けたクラス以外のご質問でも構いません。

入試対策ってどうしたらいいのですか。

まず,多くの先輩(合格者の約8割)が「ゼミ+EVERES」で

合格を勝ち取っているという実績があります。

つまり,これらの先輩は塾には通っていなかったということになります。

(ただし,夏期講習などは別です。)

 

個々人の学習状況にもよるので,一概には言えませんが,

「ゼミ+EVERES」をしっかりこなせば十分実力がつきますよ。

ライブ授業の前に予習はした方がいいですか。

エベレスでは,ライブ授業の問題についての予習は

「原則不要」としています。

(予習ムービーと理解度チェックはぜひ事前に取り組んでくださいね。)

 

ただ,先輩の中にはライブ授業の効果を高めるために,という目的で

予習をしていた方もいました。

学習スタイルに合うのであれば,ライブ授業の問題の予習をされるのもよいと思います。

 

ご自身の学習スタイルを確立させると有利に進められますよ。

まだ学校で習っていないテーマがあります。

エベレスでは,学校で習っていない内容などが出てくる可能性があります。

その場合も,予習ムービーを見れば理解できるように設計しています。

 

しかし,それでもわからない,ということも出てくると思います。

 

そのようなときは,それでも構いません。

理解度チェックを受講して,そこで割り振られたクラスでライブ授業に臨んでみてください。

 

理解度チェックは,あくまで「自分の弱点を見つけて,

適切なクラス分けをするため」であって,「試験」ではありません。

自分が分かっていないのはどこなのかを明らかにして

授業に臨むことで効果が上がりますよ。

 

そして,授業を受講して,「解答解説」まで見て,それでもわからなかったら,

遠慮なくエベレス専用サイトの「お問い合わせ・受信箱」から質問してくださいね。

エベレスでは,どうやって勉強したらいいのですか。

エベレスでは,豊富な量の問題を用意しています。

これらを,まずは

 予習ムービー→理解度チェック→ライブ授業

という3STEPで毎回しっかり取り組んでみましょう。

直近のテーマは,エベレス専用サイトの「Myページ」からご確認いただけます。

 

先輩のデータを見てもここの学習習慣がしっかりできている人と

そうでない人の,差は歴然としています。

 

仮に解けない問題があっても,

それは「弱点が見つかった。」と考え,しっかり復習しましょう。

 

エベレスでは,1人で復習ができるように

 *解答解説

 *復習ムービー

 *お問い合わせ

と,多くのサポートを用意しいています。

過去のテーマの教材は,エベレス専用サイトの「合格への軌跡」からご確認いただけます。

 

とくに,「お問い合わせ・受信箱」をうまく活用している会員さんは,

成績上位層になることが多いと考えられます。

まず,質問するためには自分の弱点をしっかり認識する必要があり,

それを浮き彫りにしたうえで,解消していくという流れになるからです。

漫然とわからないところをわからないままにしてしまったら

もったいないですよね。

 

エベレス事務局はしっかりフォローしていきますので,ぜひ活用してみてくださいね!

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち09 エベレスでの学習についてカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは08 入試直前対策です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。