【留学生に聞きました】海外大でマスト!外国人の友達と仲良くなれる英語フレーズって?

  • 進路

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

海外大で使える英語TOP-1.png

こんにちは!

海外進学・留学ラボ編集部です。

英語を勉強したら、そのまま海外に行った時、役立っちゃうのが理想ですよね。

そこで今回は、留学生活中の先輩たちに「外国人の友達と仲良くなりたいとき、思いのほか役立っている!」という超お役立ち英語フレーズを聞いてみました!

興味のある人は覚えてみると、世界中に友達が作れるかもしれませんよ。


【突然ですがここで2つの無料オンライン留学イベントのお知らせ】
1.「国内進学と迷っている方必見! 国内大からの交換留学と、海外進学の違いは?」

国内大からの留学と海外大進学の違いや、海外で学べる人気の専攻や国ごとのルートの違いなど「海外進学の基礎知識」をお伝えします。 今進路に迷っている方にぴったりのセミナーです

●開催日時:3/17(木) 18:00~19:00 Zoomによるオンライン開催
●詳細URL:https://www.benesse-kaigai.com/eventinfo/38501/

2.新高3、春休みから始める海外進学セミナー<午前の部><午後の部>

一生を左右する大事な進路。視野を広げて、世界中から自分にあった大学を探してみませんか? 海外進学の基礎知識に加えて、アメリカの名門大学で学んでいる現役大学生 のリアルな体験談も!

*新高3生向けの内容になっていますが、他学年の方もご参加頂けます。
*午前・午後ともに同じ内容です。

●開催日時:3/13(日) <午前の部>10:00~11:30 
          <午後の部>13:30~15:00 @Zoomによるオンライン開催

●詳細URL:https://www.benesse-kaigai.com/2022spring/


フレーズ1-2.png

留学中の先輩体験談

 Lunasa S. 先輩 (アメリカ/ハーバード大学)


気軽に誘いかける"Do you wanna〜"フレーズはマスト!


勉強や遊びに誘うフレーズは覚えておいて損はないです!あまり日本人にはなじみないかもしれませんが、"Do you wanna〜"は便利。


たとえば


"Hey! Do you wanna go get ice cream sometime this week? (今週どこかでアイス食べに行かない?)"


という感じに、ノリ良く誘うことができます。


他にも、


"I'm studying in the library if you wanna join! (図書館で勉強してるからもしよかったら来てね!)"とか、


"Anyone wanna go get sushi tonight? (今日の夜、お寿司食べに行きたい人?!)"


といった感じでいろいろ使えます。グループチャットなどで呼びかけるときにもおすすめです

Lunasa-2.png

▲友達と夜にデザートを食べに行くいつものカフェ。いろんな友達をここに誘って、いろんな話をしてきました(笑)。


\ こちらもチェック!/

留学中の先輩体験談

 Karin F. 先輩 (アメリカ / ポモナ大学) 


Wouldの用法にはたくさん助けられました!


まずはあいさつ代わりの


"What are you up to? (今、何してる?)" 。何か誘うときにもよく使います。


逆に、誘ってもらったらぜひ

"I'm down. (いけるよ/いいね!/そうしよう!)" を!


ノリの良さも伝えられると思います。


ネイティブの人と話していて、よく使っているなと思うのが


"Fair enough. (そうなんだ/へぇ〜/妥当だね)"というフレーズ。


直訳すると少しわかりづらいのですが、賛成の時も、やや納得いかない時も「まぁ、わかったよ」みたいな感じで使います。


あと、私が本当に助かったと思うのがWouldの用法


下に挙げた2つ以外にもいくつもありますが、これらは特に覚えておいて損はないです。


<過去の習慣・意思>
"I would run every day but I cannot anymore. (昔は毎日走ったものだけれど、今はもうできない。)"


<現在の弱い推量>
"I would guess the answer is B, but I am not sure. (多分答えはBだけど、合っているかは自信ない。)"


Karin.png
▲仲良くなった友達と秋休みに行ったジョシュア・ツリー国立公園


\ こちらもチェック!/

留学中の先輩体験談


 Yuji F. 先輩 (アメリカ / ワシントン大学) 


まずは自己紹介ですね。クラスメイトや席が隣になった人に、出身の国や今住んでいる場所、とっている授業の内容などを話すと話題が続くことが多いです。


ひと言何か話してから"What's your major?(専攻なに?)"など相手に話を振るような質問をすると、会話が一方通行にならないのでおすすめです。


ただ、個人的に気をつけたほうがいいと強く思うのが、下品な言葉を使わないこと。


いわゆるFワードやネガティブな言葉は、聞いていて不快になるのでおすすめしません。


留学してしばらく経つと、現地の人たちの口ぶりを真似するみたいにそういう言葉を使いたがる人もいますが、トラブルの元にもなりかねないです。シンプルに避けたほうが良いです。


\ こちらもチェック!/

=まとめ=

「この英語習った、こういうときに使うのか」「えっこういう意味なの意外!」と思ってしまうような

生きた英語がモリモリ出てきましたね。

そして先輩たちは、国内の友達づきあいと同じく、とてもフランクにトークし、関係を深めたり広げたりしているようです。

この記事を読んでいるあなたも、海外大にいる自分を想像しながら、日常でよく使われている英語をノリよく口に出してみると、さらに英語への興味がアップするかもしれませんね!

「こんなふうに海外の友達とトークしてみたい」という人は

ぜひ「海外進学・留学ラボ」もチェックしてみてください。

留学中の友達づくりのコツや話題をはじめ、留学についての耳寄りな先輩体験談がたくさん読めますよ!

<この記事を書いた人>

ベネッセ海外進学・留学ラボ 
編集部 菊池彩子(mananico)

「海外進学ってなんかいいかも!」とよりたくさんの人に気付いてもらうため、記事を書きに来ました♡

※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #高1
  • #高2
  • #進路選択中
  • #友達関係

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング