【広島国際大卒】母校の教員と薬剤師を両立し、臨床のタイムリーな情報を学生に伝える【地元で"キラリ"輝く先輩】

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/008094/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

広島国際大学

地元大学で学び、地元企業で働く進路を選んだ「地元で''キラリ''輝く先輩」シリーズ。

大学での学びや経験が、仕事でどのように生かされているのか、仕事の楽しさややりがいとともに語ってもらいました。

今回は広島国際大学薬学部を卒業した先輩をご紹介します!

広島国際大学

病院薬剤師の経験を生かし大学の教壇に立つことを決心

広島国際大学

高校時代に心惹かれた病院薬剤師。

その思いは、大学でいっそう強くなりました。

きっかけは、5年次の病院実習で、目標にしたい先輩薬剤師と出会ったこと。

チーム医療の一員として、医師や看護師と対等に話し、処方の提案を行うなど、活躍ぶりが心に残りました。

就職先は6年間の学びを支えてくれた親にがんばって働いている姿を見てほしいと思い、地元の大学の付属病院に決めました。

同院での勤務が5年間。

がん化学療法にも携わり、忙しいながらもやりがいを感じていました。

そんな時、母校から「教員として大学に戻ってみませんか」と打診されたのです。

病院はあこがれの職場だったので悩みましたが、学生と年齢が近い私だから指導できることがあるはず。

育てていただいた大学の先生と共に働けるチャンスはまたとないはず...。

そう思い、再び広島国際大学を拠点にすることに決めました。

週一回は現役薬剤師として臨床現場の情報・課題に触れる

広島国際大学

大学に戻ってからは、主に実務事前実習(学外実習に備えた4年生対象の実習)を担当。

注射剤や抗がん剤のミキシング、散剤や軟膏の調剤、服薬指導やチーム医療に欠かせないコミュニケーション教えています。

またこれらと並行して、大学と連携・提携を結んでいる総合病院に週1回通い、調剤業務や病棟業務の研修を行っています。

「臨床の現場を踏みながら学生を教える」というスタイルは、私がかなえたかった理想形。

薬の種類や治療方法は日々変化するので、できるだけタイムリーな現場の情報を、薬学生に伝えたいと思うのです。

これからも、教員と薬剤師を両立させていくことが目標。

広島を離れないせいか、学生時代の学外実習でお世話になった薬剤師の先生がいまだに気軽に声をかけてくださることがあります。

そんな先生方に成長を見ていただくためにも、私らしいキャリアを築いていきたいと思っています。

先輩に質問!

薬剤師を目指したしたきっかけは?

広島国際大学

母からのアドバイスで「資格を生かして働く強み」を意識していた高校時代。

叔父の入院先で病院薬剤師の存在を知りました。

薬剤師が病室に足を運び、服薬指導を行う姿に魅力を感じ、自分の将来を重ね合わせるようになりました。

大学進びの視点は?

広島国際大学

6年間の学費を考えて、自宅から通える県外の大学への進学を決意しました。

オープンキャンパスで接した先生方のやさしさ、アクセスの良さ、活躍している卒業生が多いことなどが決め手となり、広島国際大学を志望しました。

仕事仲間のメッセージ

目標達成のための努力を惜しまない人です

広島国際大学

覚前さんは入学当初から、薬剤師になる!という使命感が強い学生でした。

その姿勢は今も変わらず、病院勤務で培った技能を一生懸命、指導に生かしてくれています。

学生からの信頼も厚く、悩みなどを相談されることが多いようです。

今後医療分野はハイテク化が進み、薬の扱い方がさらに難しくなります。

新しい知識が問われる業界なので、貪欲に学び続け、薬剤師としても臨床の教員としても、力を付けてほしいと願っています。

<まとめ>

地元で"キラリ"先輩、ありがとうございました!

高校生のみなさんの進路選択の一つといて、地元だからこそかなえられる夢や地元ならではの魅力に注目し、未来でキラリと輝くためのヒントにしてください。



出典:『マナビジョンブック2021地元で"キラリ"が見つかるブック』

------------------------------------------------------------------------------

先輩が卒業した 広島国際大学って、どんな大学?

https://www.hirokoku-u.ac.jp/

------------------------------------------------------------------------------

 

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング