【岡山商科大卒】憧れの消防士となって私を育ててくれた地域に貢献したい【地元で"キラリ"輝く先輩】

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/008075/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

岡山商科大学

地元大学で学び、地元企業で働く進路を選んだ「地元で''キラリ''輝く先輩」シリーズ。

大学での学びや経験が、仕事でどのように生かされているのか、仕事の楽しさややりがいとともに語ってもらいました。

今回は岡山商科大経営学部を卒業した先輩をご紹介します!

岡山商科大学

環境の利点を生かし、なりたい自分に近づく

岡山商科大学

小学校1年生から野球を始め、高校は地元・美作を離れて野球の強い津山商業へ進学。

家族や学校の仲間といった、温かい県北の人たちに支えられ高校生活を過ごす中、強く芽生えたのが、

「地元に貢献し、恩返しがしたい」

という気持ちでした。

昔から公務員の父の背中を見て育ちました。

地域貢献できる仕事に魅力を抱いていましたが、なかでも、自分の手で地元を守る消防士に憧れるようになりました。

消防士になることが理想の将来像でしたが、視野と将来の可能性を広げることも必要だと考え、大学進学を決めました。

入学した岡山商科大学は、部活動が活発で就職にも力を入れている大学です。

公務員になるには法学部に入る方が多いのですが、私が専攻したのは野球部の顧問がいる経営学部。

大学主催の公務員講座に参加し、公務員試験に合格した先輩からアドバイスを受け、環境の利点をフルに活用し、晴れて念願の消防士になることができました。

学生時代に培った、目配り、気配り、心配りを大切に

岡山商科大学

現在は、消防学校で研修中です。

約1年間かけて、仕事に必要な知識や体力、チームワークなどを身に付けていきます。

そのなかで実感するのが、部活で培った「目配り、気配り、心配り」が、今の仕事に生きていること。

野球はチームプレーを必要とするスポーツです。

視野を広く持ち、状況に気を配り、仲間を思いやる。

それは、今の仕事も同じです。

たとえば、消火することしか見えていないと、中にいる生存者を見落とす可能性がある。

自分のことばかりを優先すると、周りに迷惑をかけることになる。

私が携わる消防や救急は、人の命に関わる大切な仕事です。

どんなに技術や身体能力が優れていても、それだけではダメなのだということを日々の研修を通じて痛感しています。

研修終了後は、一人前の消防士になり、1人でも多くの人の命を守りたい。

そのためにも、地域の人々に信頼されるよう、日々、懸命に励みたいと思います。

先輩に質問!

就職を意識したきっかけは?

岡山商科大学

公務員の父親、消防士の野球コーチの姿を幼い頃から見て育ち、地域貢献に魅力を感じていました。

多くの職種がある公務員の中でも、野球で培った体力とチームワークを生かせる消防士になりたいと思うようになりました。

大学選びの視点は?

岡山商科大学

公務員の専門学校に進学することも考えたが、仕事の選択肢が広がると思い大学へ進学。

全国大会にも出場するほど部活動が活発で、公務員を多く輩出する実績があります。

岡山商科大学を選ぶ大きな決め手になりました。

仕事仲間のメッセージ

体力、技術、知識。すべてを兼ね備えた消防愛に溢れる人物

岡山商科大学

宮前さんはとても仕事熱心で、消防愛が強い人だと思います。

消防士は、体力や技術だけでなく、知識も必要とする職業。

彼はその全てを兼ね備える人物ですが、それは努力を重ねた証でもあります。

常に前向きで真剣に仕事へと向き合う宮前さんの姿に、私たちも刺激を受けています。

とても信頼できる同期であり、よき仲間でもあります。

これからも一緒に、県北の安全を守っていきたいです。

<まとめ>

地元で"キラリ"先輩、ありがとうございました!

高校生のみなさんの進路選択の一つとして、地元だからこそかなえられる夢や地元ならではの魅力に注目し、未来でキラリと輝くためのヒントにしてください。



出典:『マナビジョンブック2021地元で"キラリ"が見つかるブック』

------------------------------------------------------------------------------

先輩が卒業した 岡山商科大学って、どんな大学?

https://www.osu.ac.jp/

------------------------------------------------------------------------------

 

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング