【稚内北星学園大卒】「モノ」作りの楽しさを知り、自分の進むべき道を見つけ奮闘する毎日【地元で"キラリ"輝く先輩】

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/007887/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

稚内北星学園大卒

地元大学で学び、地元企業で働く進路を選んだ「地元で''キラリ''輝く先輩」シリーズ。

大学での学びや経験が、仕事でどのように生かされているのか、仕事の楽しさややりがいとともに語ってもらいました。

今回は稚内北星学園大学情報メディア学部を卒業した先輩をご紹介します!

稚内北星学園大卒

道徳の授業に関する講義が 自身の将来も考える機会に

大学進学時は教員を目指していました。

少人数制で手厚い指導が受けられること、継続的に小・中学生への学習指導を行える環境から、稚内北星学園大学を選びました。

数学と情報の科目を専攻していましたが、中学道徳の進路指導に関する講義を受けた時、自分も教員の道に迷いがあり、将来の見通しも曖昧なことに気づいたのです。

一方、情報の科目ではウェブサイト開発に必要な言語を学び、一から作れる楽しさを感じていました。

インターンシップで感じたやりがいが進路の決め手に

就職活動の時期に、とりあえず受けておこうとインターンシップに行ってみたのが今の会社です。

新規のウェブサイト作成に関わらせていただき、自分がやった仕事が目に見える成果物になったことに 感動。

ここで仕事をしてみたいと気持ちが固まりました。

入社後はSEとして、商品管理システムの作成や、実装された部分の不具合の解消などを行っています。

ウェブ上で自分で書いたソースコードがうまく動いているのを見ると、やりがいを感じますね。

たくさんの人と関わって人間的な成長も目指したい

稚内北星学園大卒

教職課程では、生徒のわからない部分を明確にして、 どう教えたらわかるかを研究していました。

それが、今の仕事でシステムの不具合を修正する時に最適な問題解決方法を見つけることにも役立っていると感じます。

会社では北海道各地から来た人と交流する楽しさから、北海道の良さを改めて感じています。

今後は技術面の成長とともに、社内外でさまざまな人と関わって人間的な成長も目指したいと思います。

先輩に質問!

地元で働ける企業での就職を意識したきっかけは?

稚内北星学園大卒

インターンシップに参加し、実際のウェブサイト制作に関わりました。

お客様が使う「モノ」を作ることの楽しさを感じたことが転機になりました。

大学進びの視点は?

稚内北星学園大卒

教員を目指す中、少人数で手厚い指導・助言を得られること、また、小・中学生への無料塾を開き、定期的に学習指導が経験できることで力を付けられると思いました。

仕事仲間のメッセージ

周りから信頼される努力家

中村さんは、同じチームで新規商品管理システムの実装をしている同期です。

業務でわからないことがあれば積極的に上司や先輩に質問し、手間のかかる仕事もコツコツとこなしている努力家です。

その仕事ぶりから、上司や先輩からも信頼されている様子が伺えます。

<まとめ>

地元で"キラリ"先輩、ありがとうございました!

高校生の皆さんの進路選択の一つとして、地元だからこそかなえられる夢や地元ならではの魅力に注目し、未来でキラリと輝くためのヒントにしてください。



出典:『マナビジョンブック2021地元で"キラリ"が見つかるブック』

------------------------------------------------------------------------------

先輩が卒業した稚内北星学園大学って、どんな大学?

https://www.wakhok.ac.jp/

------------------------------------------------------------------------------

 

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング