【北海学園大卒】就活生を支える喜びに魅せられる日々【地元で"キラリ"輝く先輩】

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/007882/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

北海学院大卒

地元大学で学び、地元企業で働く進路を選んだ「地元で''キラリ''輝く先輩」シリーズ。

大学での学びや経験が、仕事でどのように生かされているのか、仕事の楽しさややりがいとともに語ってもらいました。

今回は北海学園大学経営学部を卒業した先輩をご紹介します!

北海学園大卒

大学のサークル活動が原点。人の役に立つ喜びを実感

自営業をする父を見て育ったせいか、昔から経営に興味がありました。

高校ではビジネス系の学科を専攻していて、その知識やスキルを伸ばせる大学に行きたいと考え、北海学園大学に進学。

北海道外の大学を志望する同級生もいましたが、私は大好きな北海道を離れようとは思わず、就職も地元でできればと考えていました。

大学4年生のとき、後輩の就職活動を支える「就活支援サークル」に入り、相談会やイベントなどの企画を行いました。

自分がサポートした内容が伝わって成長してくれたと感じることがうれしかったです。

また就職活動の楽しさや自分自身の体験を伝える場を与えてもらえたことに幸せを感じ、「いつかこれを仕事にしたい」と強く思いました。

30歳を過ぎて念願の仕事へ。新たな経験で自己成長を図る

北海学園大卒

卒業後は飲料メーカーに就職しましたが、サークルでの活動を仕事にしたいという思いは心に残ったままでした。

家庭を持ち、身辺が落ち着いた頃、大学時代に所属していた就活支援サークルで交流のあった今の会社の代表から連絡がありました。

実は代表は、北海学園大学の元職員。

大学を辞めた後、学生の就活を支援する事業を手掛けていました。

「これからサービス名称も変えて、サービスを拡充していくのだけど一緒に働かないか」

と声をかけていただき、思い描いていた仕事ができるならと転職を決めました。

現在は、就活生の相談役やイベント企画を担当しています。

2020年は学生と対面する機会が減り、オンラインイベントが増えていますが、そんな中でも学生の成長を実感できたときはやりがいを感じます。

SNSやウェプでの情報発信スキルを身に付け、仕事の幅を広げていきたいです。

先輩に質問!

地元で働ける企業での就職を意識したきっかけは?

北海学院大卒

大学でのサークル活動がきっかけで今の仕事を志すように。

それまでは「働く自分」のイメージが漠然としていましたが、人の役に立てた喜びによって意識が変わりました。

大学進びの視点は?

北海学院大卒

高校で培ったことを生かしたいと考え北海学園大学に進学。

父親が同大学のOBであったことや、高校の先輩が多く通っていたことも大学を決めた理由です。

仕事仲間のメッセージ

北海学園大卒

仕事が丁寧な上に途中で投げ出さない粘り強さもあり、見習うことが多いです。

就活生から相談を受けるときには、悩みを真剣に受け止めて、相手に安心感を与えつつ上手にコミュニケーションを図っています。

会社にとっても就活生にとっても、頼りになる存在です。

<まとめ>

地元で"キラリ"先輩、ありがとうございました!

高校生の皆さんの進路選択の一つとして、地元だからこそかなえられる夢や地元ならではの魅力に注目し、未来でキラリと輝くためのヒントにしてください。



出典:『マナビジョンブック2021地元で"キラリ"が見つかるブック』

------------------------------------------------------------------------------

先輩が卒業した北海学園大学って、どんな大学?

https://www.hgu.jp/

------------------------------------------------------------------------------

 

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング