【ぶっちゃけ】将来やりたいことや就きたい職業が決まっていないと、進路は選べないの?

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/007677/

この記事を書いた人

関西大学 文学部  セサミ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    将来のことって今決めなきゃダメ?.png
    こんにちは!
    関西大学文学部の先輩チューター【セサミ】です(^^♪

    志望大や進路を決めるとき、
    「将来やりたいことや就きたい職業から逆算して考えよう」
    と言われたことはありませんか?

    私はあります。
    でも、当時の私はこう思いました。

    「いや、まだそんなんわからへんし...」

    同じような人も多いのではないかなと思います。

    でも、私は志望大を決め、大学生になることができました。

    一方、「将来やりたいことや就きたい職業から逆算して進路を選んだ」という先輩チューターもいます。

    今回は、
    「将来やりたいことや就きたい職業が決まっていないと、進路は選べないの?」
    という疑問に答えていきます!

    先輩チューターの進路選択状況

    さて、まずは先輩チューターに、
    「正直、志望大を決める時に将来やりたいことや就きたい職業は決まっていましたか?」
    という質問にYES/NOで回答してもらいました。

    その結果がこちら!

    正直、志望大を決める時に将来やりたいことや就きたい職業は決まっていましたか?.png

    なんと半分以上、約60%の先輩チューターが、志望大を決める時に将来やりたいことや就きたい職業が「決まっていなかった」と回答しています。

    これには私もびっくりしました...!
    (と同時に、決まっていなかった自分は少数派ではなかったとちょっぴり安心したり。笑)

    将来やりたいことや就きたい職業がまだ決まっていないみなさん、決まっていないからと言ってむやみに焦る必要はないですよ!

    将来やりたいことや就きたい職業が「決まっていた」

    スライド5.PNG

    まずは、将来やりたいことや就きたい職業が決まっていた先輩チューターの意見を見ていきましょう。

    Q.将来やりたいことや就きたい職業が早く決まっていたことのメリットは?

    【学部選択に迷いがなかった】

    ダントツ1位はこれでした!

    やはり将来の目標ややりたいことが決まっていると、それにつながる学部・学科選びができます。
    これは大きなメリットですよね。

    【大学ごとの特徴や条件を比べやすかった】

    学部が決まると、大学ごとの比較ができます。

    例えば、私は文学部に所属していますが、文学部って多くの大学にある学部ですよね(^^;
    だからこそ、「何が違うのかわからない...」となってしまいがちです。

    でも、「自分が学びたいことを学べるか」という視点を持っていれば、たとえ同じ名前の学部だったとしても、志望大を絞っていくことができます!

    【どの科目を重点的に学習すべきかわかった】

    学部選択や大学選びがスムーズに進むと、そこに合格するための対策も早く始めることができます。

    志望大・学部で配点の高い科目を重点的に勉強する、早めに苦手を克服しておくなど、合格への道筋が見えやすくなります!

    【先のことを具体的に考えやすかった】

    大学受験は、志望大に合格して終わり、というわけではありません。
    つまり、志望大合格がゴールではない、ということです。

    むしろ、志望大合格はスタートですよね。

    将来やりたいことが決まっていると、志望大に合格した後、
    「こんなことを勉強したい」
    「この教授のゼミに入りたい」
    など、具体的なことまで考えやすくなるという意見が挙がりました。

    Q.大学に入学してからのギャップはありますか?

    【大学で学ぶこととやりたいことにギャップがあった】

    これは複数の先輩チューターから挙がりました。
    やはり、実際に大学で学びを深めていく中でやりたいことが変わる場合があるようです。

    ですが、これは何も悪いことではなく、

    ・大学ではやりたいことに関わる様々な職業を知ることができるので、自分の興味や就きたい職業も変わってきた。

    ・自分の専攻以外の講義も取ることができ、それをきっかけに興味が広がったことも多い。

    ・やりたいことは変わったけれど、大筋は変わっていない。

    というような意見もありました。

    自分の興味があることを深く・幅広く学べるからこそ、より将来のことを具体的に考えられるようになり、結果としてやりたいことも変わっていくのかなと思います。

    一方、「思うような成績がなかなか取れない...。」という切実な声も。
    学びのレベルがグッと上がるのも大学ならではですね。

    Q.自分が選んだ進路に満足・納得していますか?

    満足度(決まっていた人).png

    なんと100%の先輩チューターが「満足している(大満足!あるいは満足)」と回答しています!
    将来やりたいことから逆算して考えると、自分が選択した進路にも納得感や満足感を持ちやすいのかなと思います。

    実際、
    ・ほぼ直感でやりたいことを決めたけれど、学べば学ぶほど楽しい!これからももっと頑張って行きたい!

    ・目指している職業に誇りを持てるし、勉強の内容も難しいけど楽しい!

    ・他大学と比べて研究環境がかなり整っている!

    など、自分の進路選択に対する満足度が高い意見がたくさん挙がりました(^^)

    将来やりたいことや就きたい職業が「決まっていなかった」

    スライド1.PNG

    次は、高校生のときに将来やりたいことや就きたい職業が決まっていなかった先輩チューターの意見を見ていきましょう。

    Q.どのように進路選択をしましたか?

    【興味がある分野・教科から】

    まずは自分の興味・関心から学部を選んでいったという先輩チューターが多かったです!

    中でも、1つに絞るのではなく、自分なりの方針や譲れないポイントを3つほど決め、そこから学部や学科を選んでいったという意見がたくさん挙がりました。

    「当時興味があった教科を基に学科を選んだ」という意見もあったので、現時点での得意・不得意よりも「自分の興味がある」ことを大切にした方が良いかもしれませんね。

    「高校の授業を受けて、『もっと知りたい・調べたい』と思ったことの中から選んだ」という先輩チューターもいたので、毎日受けている授業の中にそのヒントが隠れているかも?

    【将来の職業選択の幅を広げられるようにした】

    何を隠そう、私もこのパターンです。笑

    他の先輩チューターからも、
    ・やりたいことが決められなかったので、学部内に色々な学問分野が用意されている&大学に入ってから専攻が選べるところを志望した。

    ・入学後に学部移行できる大学を選び、そこから考えようとした。

    という意見がありました。

    そうなんです。
    実は、高校生のときに全て決め切らなくても、大学生になってから決めることもできるんです。

    ・学びたいこと・やりたいことが2つあったので(1つは教員)、そのどちらにも進める総合大学(教育大だと進路が狭まる)を選んだ。

    というように、あえて将来のことを決め切らなかったという声もありました!

    Q.将来やりたいことや就きたい職業を早めに決めておけば良かったと思う人は、その理由を教えてください。

    少数ではありますが、挙がった意見をいくつかご紹介しておこうと思います。

    ・文理選択や学部選択で迷うことが減ると思う。

    やはり、将来のことが決まっていると、悩んだり迷ったりすることは減るのではないかという意見がありました。

    個人的には、散々悩んだり迷ったりした方が決意が固くなると思うので、迷うこと自体は悪いことだとは思いません。


    ただ、周りの人が「自分は○○を学びたい!」と言っているのを聞くと、不安になったり焦ったりすることはあるかもしれないですね。

    ・とりあえず一旦でもいいから目標を作っておくと、他の人と切磋琢磨する経験ができる。後で変更しても良いから、自分の将来の方向性を考えておくと、経験の幅や機会が増えるかもしれないとは思う。

    これは私自身の反省でもあるのですが、「後で決めればいいや」と思っていると、あっという間に大学生活が過ぎ去ってしまいます。汗

    迷いながら、悩みながらでよいので、自分がやりたいこと・やってみたいこと・興味があることについて考えておくと、大学卒業後の進路を決める時にとても役立つと思います!

    迷ったり悩んだりしているときこそ、自分なりに調べたり他の人の意見を聞いたりして、行動するのが良いかもしれないですね。

    Q.自分が選んだ進路に満足・納得していますか?

    満足度(決まっていなかった人).png

    こちらも、90%以上の先輩チューターが、自分の選んだ進路に満足していると回答してくれました!

    ・勉強がたいへんで辞めたいって思ったことはあるけど、それ自体を選んだことは後悔したことがない。

    ・研究がめちゃくちゃ楽しい!

    など、大学での学びに関する意見から、

    ・素晴らしい仲間や先生に出会えたから。

    という、大学での人との出会いを挙げてくれた先輩チューターもいました!

    大学はもちろん学問をするところですが、それだけではありません!
    様々な人と出会って意見を交わすこともできる場所です!

    そして、

    ・幅広く学んだ分、興味を広げることが出来たから。一方で広く浅くの知識になってしまった部分があるかもしれない。

    という声もありました。

    自分は幅広く様々なことを学びたいのか、分野を絞って深い専門性を身に付けたいのかは、考えておいた方がよさそうですね。

    まとめ

    迷う・悩むときこそ行動してみよう!.png

    先輩チューターの体験談はいかがでしたか?

    将来やりたいことや就きたい職業が決まっていた方が進路選択はスムーズに進むと思いますが、必ず決まっていないと選べないものでもありません。

    大切なのは、「まずは行動してみること」です!

    大学のパンフレットを見てみる、インターネットで調べてみる、先輩チューターに相談してみる、などなど方法はたくさんあります!

    自分に合う方法で、納得のいく進路選びをしてみてください。

    私たち先輩チューターに相談する場合は、先輩ダイレクトを利用してくださいね。
    質問・相談お待ちしています!

    この記事を書いた人

    関西大 セサミ

    将来のこと、一度真剣に考えてみませんか?

     
    • #文系
    • #理系
    • #進路選択中
    • #志望大選び
    • #学部・学科選び
    • #推薦入試ねらう
    • #ニガテ何とかしたい

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング