【高1のお悩み】コロナでも大学をめざす意味は?

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/shinro/007474/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

スライド01.png

勉強や進路の悩みを大学生の「ゼミ」OB・OGにすぐに相談できて親身な回答をもらえる「先輩ダイレクト」。

この記事では12月中旬〜下旬までに投稿された高1生からのお悩みのうち、特にみんなにシェアしたいお悩み&アドバイス1位2位3位をダイジェストで紹介します!

コロナ禍の今、改めて、大学に行く意味を考えたい人、暗記科目の勉強法を知りたい人、英作文の効率の良い書き方を知りたい人、必読ですよ〜!

今週のみんなのお悩み1位

スライド03.png

高1生のお悩み

今はコロナです。

そのため、オンライン授業の設備もしっかりとしてきました。

これからの高校生は大学に受かったのに大学に通えない人も出てくると思います。

担任の先生からそれでも大学をめざす理由は?と問いかけられました。

先輩方はこの状況についてどう思っていますか?

(高1生Rより)

このお悩みには2名の先輩の回答を紹介します!

ぺっぺ先輩の回答

オンラインでも大学に行く意味は十分にあると思います!

私の考えを紹介しますね

こんにちは。

学習院大学文学部 先輩チューターのぺっぺです。

今回は、コロナ禍で大学に通う意味についてですね。

私は今年、すべての授業をオンラインで受けています。

今年は大学には書類を提出するために行きましたが、 対面授業は一切ありませんでした。

ニュースで、オンライン授業のデメリットがよく放送されているので、

大学に行って対面で授業を受けられないならば、大学に行く意味がないと感じてしまうのは、当然だと思います。

ですが、私はオンライン授業であっても

大学で学ぶことはとても意義があることだと感じています。

私は大学で、英米文学を専攻しています。

翻訳の仕方や、言語学、英語教育学、英語史、英米文学史、アメリカとイギリスの文化・歴史など、

高校では学べないようなことをたくさん学ぶことができます。

また、各方面で有名な先生方の授業を受けたり、講演会を聴けたりして、

自分が学びたいことをどんどん深く勉強できます。

これは、大学でしかできないことです。

また、オンライン授業になって授業の質が落ちたと 言われていますが、私はむしろ質が上がったと思います。

先生方が私たち生徒の顔を見ながら授業ができない分、 質問の時間をたくさんとってくれ、

私たちが理解しているかどうかをとても気にしてくださいます。

また、Web会議ツールのメッセージ機能を使って質問できるので、

手を挙げる恥ずかしさもありませんし、

気軽に先生とコミュニケーションをとれるようになりました。

対面の時は、先生が話して学生が聴いている一方通行の授業でしたが、

オンラインになって、発表する場や質問する場が増えて、積極的に授業に参加するようになりました。

学校に行けないので友達と会うこともないため、

サークル活動を頑張るとか、空いた時間に友達とごはんに行くとかすることはできないので、

華のキャンパスライフではないかもしれません。

オンラインだと、華のキャンパスライフというよりも、 ずっと勉強という感じになります。

大学で○○を学びたい、資格をとりたいというような、強い意志がないと、

オンラインが続く大学生活は乗り切れないと思います。

来年度以降は、

まだオンラインが続くのか、 対面授業になるのか、

オンラインと対面が組み合わさるのか、私たちにもまだわかりません。

そのような情勢のなかで大学に通う理由は、

「自分の学びを深めるため」 というものが、私の答えです!

コロナ禍の大学生の学びはなかなか想像できないと思います。

また質問があったら、「先輩ダイレクト」にきてくださいね。

「学習院大のオンライン授業の実態」という、私が書いた「デジタルMy Vision」の記事も良かったら、見てみてください

次は、同じ質問に関して、もくも先輩の回答も紹介します!

もくも先輩の回答

大学は、行った方が充実する面もありますが、オンラインの方がラッキーなこともありますよ

Rさんこんにちは!

早稲田大学文化構想学部の先輩チューターもくもと申します。

「先輩ダイレクト」に質問してくれてありがとう(^ー^)

むずかしい質問だなあと思いました。

質問を否定しているわけじゃなく、

確かに今の状況で大学の意義って何だろう、私もわかっていないなと思いました。

一緒に考えていきたいと思います。

よろしくお願いします。

まず、そもそもこの問題の本質のひとつは

「大学は『行かなくては』ならないのか」というところだと思います。

通って対面授業を受けることと、オンラインの授業は一体何が違うのでしょうか。

私は、大学側は対面授業とオンライン授業で同じクオリティを維持しようと頑張ってくれているのを感じます。

なので学習の内容・質としてはあまり変わらない気がしています。

それに、オンライン授業だとオンデマンドで何回も授業を見返すことができ、

録画機能で授業内容を保存することもできます。

これには正直助かっています。

対面の生ものの授業だとメモしそびれたり聞き逃したりして困ってしまうことがあるので...。

ですが、対面授業じゃないとモチベーションが下がってしまうことも現実問題として在ると思います。

最近ではWeb会議ツールなどを使ってグループワークをしたりすることも増えましたが、

基本的にはオンライン授業は個人作業になるので、

まわりの学生や教授からの刺激を受けることが少ないことも事実です。

実のところ私は今学期かなりだらだらしてしまい、ギリギリの学生生活を送ってしまっています。

どうしてもモチベが上がらなくて。

周りに影響を受けて頑張るタイプの人は対面授業じゃないことにかなりストレスを感じるかもしれませんね。

私なりの答えとしては、

「大学は『行かなくては意味がない』わけではない けれども、

『行ったほうが充実はする』」といった感じでしょうか。

そもそも大学は「学ぶところ」「高度な知識を得るところ」だと私は考えているので、

キャンパスライフがすべてではないと思いますし、

自宅で教えてもらえるのラッキー、とすら思うこともあります。

友人・先輩後輩関係が築けない、というのも問題として在ると思います。

これに関しては大学側が尽力してくれている場合があります。

私は先日早稲田大のワークショップに参加してきて、違う学年・学部の子と交流することができました。

これは本当に大学によりけりだとは思いますが、

そういった場に参加してみるのもいいんじゃないかなと思います。

また、サークル活動もオンライン・オフライン共にやっていますので、

分のリサーチ、やる気次第で居場所や関係性を確保することができるかと。

対面授業も、段階的にではありますが徐々に再開されていくようです。

「この状況についてどう思っていますか?」という質問でしたが、

私個人の所感では「そんなに悲観することない」と思っています。

もちろんこれは人によりけりだと思います。

今の状況でやりたいことが妨げられてしまった人もいっぱいいると思うので。

ただ、私はとくにそういったこともなかったですし

(しいて言えば留学できなくなったことと、先生と直接お話して相談する機会がなくなったことくらいかな)

先ほども言いましたが、今の状況でも学生生活のクオリティが落ちないよう大学側が工夫してくれています。

なので大学をめざす分には今までと変わらない気持ちでいてもいいんじゃないかなと私は思います。

(大学選びの基準は変わるかもしれません。キャンパスがきれいだからとか 設備が整っているからとかの理由で大学決めた人は困ってしまうかも)

また何かあればいつでも質問・相談してください!

先輩一同お待ちしております(^ー^)

今までと変わらない気持ちで大学をめざしてもいいんじゃないかと私は思います。

少しでも参考になる箇所があれば幸いです!

みんなのお悩み1位 まとめ

いかがでしたか? 

自分が大学でやりたいことを本気で考えてみる機会として先輩たちの考えを参考にしてみてください。

>>実際の質問とほかの先輩たちの回答もコチラから読めます。

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしトップページの「検索する」タブで質問No.(177793)を入れて検索してみてください。

さて次のお悩みは、「世界史などの暗記科目って暗記だけでいいの?」です。

今週のみんなのお悩み2位

スライド04.png

高1生のお悩み

世界史などの暗記科目について 暗記科目は、ただ暗記するだけで得点が取れますが、暗記するだけでいいですか?

共通テストまで覚えてられないと思うので、また、その時に覚え直して、って感じになるかと思うのですが、その場しのぎの気もして...

暗記するだけの勉強は、意味ないと思うし、かといって、どうすれば...

教えてください。

(高1生Tより)

先輩の回答

共通テストまで視野に入れて、「その場しのぎの暗記でいいの?」という疑問、もっともだと思いました!

私の勉強法を紹介しますね!

Tさん、こんにちは!

先輩チューターのまつりです。

今回は、暗記科目の学習についてのご相談ですね。

確かに、暗記するだけでいいのか不安になってしまいますよね。

1年生のうちから共通テストまで視野に入れて学習しようとしている、目的意識のある勉強への姿勢が素晴らしいなと思います!

確かに1つ1つの用語や年号を覚えるだけでは意味がないような気がすると思いますし、覚えるにも効率が悪いと思います。

歴史は英語でhistoryと言われるように「story」であると捉えて学習を進めることをオススメしますよ。

Aという出来事があったから、それがきっかけでBという出来事につながっていった、

という「歴史の流れ」を意識すると、

暗記もしやすいし、つながりのある、意味のある知識を身につけることができると思います。

まずは軸となるような出来事の流れA→B→Cを意識して、

その原因としてa,b,c,を覚えて、

その出来事に関わった人物や用語を覚えていく、

というふうに体系的なストーリーを意識して学習していってみてはどうでしょうか!

このようにすれば、長期記憶にもなりやすいし、

物語だと思えば学習意欲もわくのではないでしょうか。

また、「歴史は繰り返す」という言葉を聞いたことはありますか?

よくそのように言われるように、

失敗してそれに基づいて成功してまた失敗して...みたいな、

歴史を勉強するとパターンが見えてくると思います。

つまり、過去は現在に、現在は未来につながっているのです。

ということは過去の出来事について知り分析することで、

未来で失敗を起こさないようにしたり、

今をどのように過ごしたらよいか、 どのような社会が理想なのか見えてくると思います。

そう考えると、歴史を暗記すること=歴史についての知識を持っていることは未来に有益だと思います!

大学でも歴史を振り返ることは多々ありますから、ぜひ意欲的に取り組んでみてください。

というわけで歴史は「story」と捉えて勉強してみてくださいね!

応援しています!

みんなのお悩み2位 まとめ

いかがでしたか? 

共通テストでは、バラバラに知識を暗記するだけでは答えられない問題が出る、というのをきいたことがありますか?

まつり先輩のアドバイスを参考に暗記科目をその場しのぎの勉強にしない学び方を実践してみてください。

>>実際の質問とほかの先輩たちの回答はコチラ

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしトップページの「検索する」タブで質問No.(177645)を入れて検索してみてください。

さて次のお悩みは、「英作文の効率のいい書き方は?」です。

今週のみんなのお悩み3位

スライド05.png

高1生のお悩み

英作文を書く時、いつも日本語で考えてから英語に直しています。

しかし、最近それを先生に指摘されました。

日本語で考えてからだとタイムロスになりますし、なんとなく不自然な英文になってしまいます。

先輩はどのように対策されていましたか。

(高1生Iより)

先輩の回答

日本語を「どのくらい使うか」がカギだと思います。

私のやり方を紹介します!

こんにちは。

学習院大学文学部 先輩チューターのぺっぺです。

今回は英作文の対策法についての質問ですね。

私は今、大学で毎週1つのテーマに対して作文を書いているのですが、なかなか難しいですよね。

では、早速お答えしていこうと思います!

日本語はメモ程度に!

日本語で考えたことを英語に直すことを先生に指摘されてしまった、

とのことですが、わたしは日本語を英語にすることは悪いことだとは思いません。

大切なのは、どれくらい日本語を使うかだと思います。

確かに、内容をすべて日本語で考えてから英語に訳すとなると大幅な時間ロスです。

そこで日本語でどんな内容を描くかを決めて、

メモ程度に自分の考えをまとめる 

それから、英語で自分の考えを書いていくようにすると、時間ロスを防ぐことができます!

例えば、主題が「異文化理解について大切だと思うことを述べなさい」 だったら、

・相手の文化を否定しないこと

・文化の違いを受け入れること

・背景に歴史が関係していることを理解しておく

など、ある程度の考えを日本語でまとめて、

なぜそう思うのかは日本語で考えずに英語ですぐに書くようにします。

最初は難しいなと思うかもしれませんが、練習していくとできるようになります。

単語を覚える時に例文も覚える

例文も一緒に覚えるようにすると、 自分で一から文章を作らなくてよいので、とても楽だと思います。

また、英作文でよく使う表現を事前に暗記しておくと、 時間を節約することができますよ!

いかがでしたでしょうか。

英作文は、英検や大学入試にも使うので、1年生のうちからしっかり練習しておくと、役立つと思います。

頑張ってくださいね!

英作文は、英検や大学入試にも使うので、1年生のうちからしっかり練習しておくと、役立つと思います。

みんなのお悩み3位 まとめ

このお悩みに関するほかの先輩のアドバイスもコチラから読めます。

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしトップページの「検索する」タブで質問No.(177789)を入れて検索してみてください。

「先輩ダイレクト」は、今の勉強法や進路の悩みを大学生の先輩たちに気軽に何度も相談できる人気の高いサービスです。

志望大の先輩を指名して大学生活のことや合格の秘訣を聞くこともできますよ。 気軽に「先輩ダイレクト」に投稿して聞いてみましょう〜! 

\高校生の悩み、先輩が解決!/

先輩ダイレクトを見てみる

高1会員はいつでも相談OK

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしてください。

※ここで掲載している質問や回答は、編集室で一部編集しております。


\合わせて読みたい/

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座 ライター長谷川ヨスコ

この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #高1最難関コース
  • #高1難関コース
  • #高1標準コース
  • #志望大選び
  • #ニガテ何とかしたい

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング