【高2のお悩み】共通テストで8割とるには?

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/007364/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

スライド06.png

勉強や進路の悩みを大学生の「ゼミ」OB・OGにすぐに相談できて親身な回答をもらえる「先輩ダイレクト」。

この記事で1月下旬〜2月上旬までに投稿された高2生からのお悩みのうち、特にみんなにシェアしたいお悩み+アドバイス1位2位3位をダイジェストで紹介します! 

共通テストで8割とる勉強法を知りたい人、私立大志望で「共通テスト利用方式」のメリットが知りたい人、大学選びに偏差値は関係あるかどうか考えたい人、必読ですよ〜!

今週のみんなのお悩み1位

スライド07.png

高2生のお悩み

理系の国公立大学を志望しています。

もう今から勉強を始めても遅いかもしれませんが、共通テストで8割弱くらいは点数が取れるようになりたいです!

しかしまったく何をどう勉強すればいいかわかりません!!

最近になってやっと通学中に英単語を覚えるようにしました。

もしよろしければ、どの教科でもいいので勉強法を教えていただけませんか??

先日、模試があり自己採点を行ったのですが国語5割、数学6割、英語3割、理科(化・生)7割、地理4割と悲惨な結果でした...。

(高2生Hより)

先輩の回答

私からは、英語長文対策と、模試の復習についてアドバイスしていきます!

Hさん、こんばんは!

明治大の先輩チューター、てってです。

まずは、質問してくれてありがとうございます!

1人で悩まず相談してくれたことが嬉しいです(^ ^) さっそくアドバイスしていきます。

勉強法

①単語はスキマ時間にコツコツと

英単語は、単語帳1冊を完璧にすることが大切です!

細かい黒字まで、地道に覚えていきましょう。

一つひとつの意味を忘れないためにも、繰り返し暗記していきましょう!

スキマ時間に進めていくと、何度も繰り返し暗記できるので、おすすめです。

②たくさんの長文を解く

長文は、たくさんの問題に触れて、解き方や時間配分のコツをつかむことが大切です。

では、実際に解く時の流れについてですが、

(1)題名と語注を確認する

長文に題名がついていたら、そこを最初に読むことで、何についての話なのかがわかります。

また、本文の下に、難しい単語などの語注が載っていたら、そこも本文を読み出す前に確認しましょう!

いきなり読み出すよりも、この2つを先に確認し、どんな話が始まるかの見当をつけることが大切です。

(2)設問を読む

これは国語の読み取りにも言えることですが、

読解問題では、設問に答えるためのヒントを、いかに素早く本文から見つけ出せるかが大切です。

そこで、先に設問を読み、どんな問題があるのか、何について聞かれるかを、先に頭の中で整理しておきましょう!

その後、本文にヒントを探しに行くことで、効率よく解くことができます。

(3)接続詞や代名詞に気をつける

長文を読む時は、大事だと思ったところに線を引くことも大切ですが、

接続詞と代名詞に気をつけることで、話題からそれることを防ぐことができます。

具体的には、

順接の接続詞には○、

逆接には△印をつけながら読む、

代名詞は、何の言い換えなのかがわかるように

□など同じマークをつけることで、読み進めながら内容を整理できます。

また、主語時を表す表現にも印をつけると、

場面が変わった時にすぐに気がつくことができるので、おすすめです!

③丸つけが大切

最後に、丸つけと解き直しについてですが、

間違えた問題には、印をつけるだけでなく、なぜ間違えたのかをメモしておきましょう。

例えば、単語・熟語力不足なのか、読み間違いなのかをメモしておくと、

解き直す時に、どこに気をつけるべきかがすぐにわかります。

解いた後に、日本語訳を1度読み、 その後、もう1度英文で読んでみて、

知らなかった単語に色をつけ、その単語をルーズリーフにまとめると、単語力も上がるのでおすすめです。

まずは時間を気にせず、しっかり解いて弱点を克服し、 その後にスピードを上げていくことが大切です!

速読の訓練としては、まずは精読力をつけることが大切です!

時間を計らず、絶対に満点だ!と思えるまで、

しっかり読み込んで、最後まで自分の力で読む訓練をしましょう!

そのあとに丸つけをしてみることで、

単語力不足や、熟語力不足など、本当の弱点がわかるはずです。

この弱点を単語帳などで克服し、

時間を計らずに長文を解いた時、点数が安定して取れてきたら、

時間を計って解いてみましょう!

同じ文でも、時間を計りながら取り組むことで、 間配分のコツが見えてくるので、

繰り返し取り組むことをおすすめします。

模試の直し

上記の丸つけと復習の仕方と同じように、

日本語訳を読み、本文を読み返す、そのあと単語をまとめる

という方法をおすすめします!

声に出すことも、とても大切です!

私は、CDの音声のあとに、続けて発音してみる、シャドーイングという方法を使って、長文とリスニング対策を同時にしていました。

今回のアドバイスは以上になります。

悔いがないように無理せず進めていきましょう!

また質問があれば、いつでも来てくださいね!

模試の直しは、時間はかかりますが、苦手を克服する上で何よりの近道です!

また、家で問題集を解いた時は、その日のうちに復習すると、どこで迷ったのか記憶に残っているので、より精度の高い見直しができると思います!

それではまた♪

みんなのお悩み1位 まとめ

いかがでしたか? 今から実践できる共通テスト対策の参考にしてくださいね!

>>他の先輩たちの回答もコチラから読めます。

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしトップページの「検索する」タブで質問No.(178270)を入れて検索してみてください。

次のお悩みは「私立大志望で共通テストを受けるメリットは?」です。

今週のみんなのお悩み2位

スライド08.png

高2生のお悩み

受験方法で悩んでいます。志望校はすべて私立に決めたのですが、受験方法で悩んでいます。

公募推薦は受けるつもりなのですが、共通テストを受けるべきか、悩んでいます。

共通テストを受けるメリットや、デメリットなどもあれば教えていただきたいです。

お願いします。

(高2生Rより)

先輩の回答

私立大志望で共通テスト方式を受けるメリット・デメリットをお伝えしますね!

Rさん、こんにちは(^^)

京都大学法学部4年生、先輩チューターのまみたそといいます。

今回は相談してくれてありがとう★

受験方式、いろいろあるので悩みますよね。

一緒に考えていきましょう。

共通テスト利用方式

●共通テスト利用のメリット

共通テスト利用は、

・一般入試をその都度受けなくていい

・遠方の大学に行くことなく、近くで受けた共通テストの結果が利用できるので、時間、費用、体力が節約できる

・受験のチャンスが増える

・一般入試を受ける前に、試験の雰囲気を味わうことができ、練習になる

というメリットがあります。

私立大学に絞る場合でも、

私立大学の「一般入試」と「共通テスト利用」の両方に出願している人が多かったように感じます。

●共通テスト利用のデメリット

共通テスト利用のデメリットとしては、

・一般入試と科目が被っていなければ、その分勉強時間がとられてしまう

・一般入試と問題の傾向が大きく異なる場合、対策に時間がかかってしまう

倍率が高くなり、ハードルが上がる

上述したようなメリットから、多くの人が利用するため、どうしても倍率が高くなり、

一般入試で合格するよりもハードルが高くなってしまうんです(*_*)

共通テスト利用の場合、その大学よりも高いランクの大学の人が出願することが多く、

一般入試よりもレベルが上がる、ということになります。

というわけで、共通テスト1本でいくのはリスキーです。

ただ、共通テスト+一般入試の併用は可能ですので、

どちらの対策もしておくと、選択肢が増えて安心かなと思います!

●一般入試だけの場合

上述しましたが、私立大学の場合、一般入試のみの受験をする人も結構います。(わたしの姉はこのタイプでした)

一般入試のみの場合、

・メリット...共通テスト対策をしなくていいので、志望する大学で必要な科目・傾向に絞って勉強できる

・デメリット...共通テスト利用を使えないので、チャンスが減る

こんな感じでしょうか。

学校推薦型選抜

学校推薦型選抜には

①指定校制推薦

②公募制推薦

の2つがありますね。

(大学によって呼称が若干異なりますが、大きく分けてこの2つだと思います)

①指定校制

指定校制推薦は、高校ごとに枠が与えられ、自分が行きたい大学の枠があり、高校の中で枠を取れれば受験することができますね。

枠が割り当てられる高校が限られているため、

自分の高校の枠に入ることができればぐっと合格に近づきます。

(入試は面接や小論文のみのことが多く、ほとんど落ちないと言われています)

②公募制

公募制推薦は、指定校推薦のように、高校ごとに決まった枠があるわけではなく、

多くの受験生が出願するため、倍率がかなり高くなる傾向があります。

小論文や面接を課す大学もあれば、

一般入試のように科目ごとの試験を課す大学もあり、受験方式は大学によって様々です。

※編集室注:推薦入試は、ほかにも総合型選抜(旧AO入試)があります。

●推薦入試のとらえ方

まず前提としてお話ししたいことがあります。

それは、「推薦入試はあくまでも、受験のチャンスを増やすための1つの手段」ということです。

推薦入試は定員が限られている分、倍率も高くなりがちです。

ですが、入試のチャンスは一般入試もありますよね。

というわけで、 「推薦入試にチカラを全振りするのではなく、あくまでも一般入試を視野に入れて勉強していく」

というスタンスが良いかな、と思います。

●わたしの経験談

なぜ上記のようなことを書くかというと、

わたし自身は特色入試(推薦入試の代わりに導入されていた方式)に出願したものの、

不合格でとても落ち込んだ経験があるからです。

倍率の高い推薦入試に力を入れすぎてしまうと、もし良い結果が出なかったときのショックが大きいです。

というわけで、推薦入試を検討するのはもちろんOKですが、あくまでチャンスを増やす手段、

ととらえておくのが良いかなと思います!

推薦入試の対策に時間を取られすぎて一般入試の対策がおろそかになってしまった...というのも困るので、

両立できるかどうかをじっくり吟味することが大事です。

推薦対策がしんどそう、と思うのであれば、

「一般入試(+共通テスト利用)に絞る」という選択ももちろんアリだと思います!

●さいごに

長くなってしまったのでまとめると、

・共通テスト+一般入試の併用はチャンスが増えてお得

・共通テスト一本はリスキーなのでやめた方がいい

・一般入試対策に専念したいなら、一般入試に絞るのもアリ

こんな感じです!

また何かありましたら、いつでも相談してくださいね。

応援しています。

受験科目などの兼ね合いでも変わってくると思いますので、先生などと相談して決めてくださいね^_^ 

今回のアドバイスが参考になれば嬉しいです。

 

みんなのお悩み2位 まとめ

いかがでしたか? 

私立大専願の人の共通テスト利用入試のメリット・デメリット、ぜひ参考にしてください。

>>他の先輩たちの回答もコチラから読めます。

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしトップページの「検索する」タブで質問No.(178460 )を入れて検索してみてください。

さて次のお悩みは「大学選びに偏差値ってそんなに大事?」です。

今週のみんなのお悩み3位

スライド09.png

高2生のお悩み

偏差値68と偏差値55の大学で迷っています。

私は県の中でトップと言われている学校に通っています。

ですが、看護師になろうか迷っていて、大学を2つのうちどちらにするか決められません。

もし看護師の道を選ぶとすると、偏差値が55くらいですが、もうひとつは68くらいです。

周りはレベルが高いところにいくのですが、自分は低いところでいいのかずっと悩んでしまいます。

将来偏差値なんて関係ないとは知っていますが、今必死に勉強している自分がバカらしく思えたりしてしまいます。

何かアドバイスお願いします。

(高2生Mより)

先輩の回答

僕も同じような体験をしたのでお答えします!

Mさん、こんにちは!

先輩チューターのでんでんです。

よろしくお願いします(^^)

受験まで約1年となった今だからこそ、悩むようなことなのかもしれませんね。

自分だったらこうするかなという考えを書いていくので、あくまで1つの参考として読んでみてね^^

進路について

○偏差値よりもやりたいことがやれるところか

僕は看護師を目指しているわけではないという前提のもと、 話を読んでみてくださいね。

僕が通っていた高校も県内で3番以内に入る進学校でした。

進学先は難関国公立や有名私大(早慶上智など)が多く、自分も自然とそのあたりを受けるのかなと思っていました。

大学をいざ選ぶとなった時に、

自分の場合は 「偏差値よりも自分のやりたいことができる環境(先生や実験環境など)じゃないと、浅くしかできない」 と先生にも言われ、

全国で偏差値を無視して探すことにしました。

先生や実験環境などが整っているのは、やはりそれなりのレベルからなのですが、

必ずしも、偏差値が上の大学が自分に合っているという結果ではありませんでした。

むしろ、偏差値が低いとされる大学の方が自分にとって合うのではと思う大学も多くありました。

どこの大学にするかなかなか決まらなかったので、

まずはきたいと思うところに合格できるような実力をつける、

受かってから考えるという方法を選びました。

そのため第一志望として書いていた大学は準難関国公立や有名私大でした。

僕の場合、

結果的にはいくつか受かった有名大学の中から進学先を決めることになったのですが

それを踏まえると、 行くかどうかは一旦置いておいて、

目標は偏差値が高い大学にしておくことはいいと思います。

人は不思議なことに「ここでいいや」と思うとそれ以上に努力をしないようになります。

気づいたら、その大学にギリギリ合格できるくらいになってしまうのです。

偏差値55の方に余裕で合格するためにも、

今の目標としては偏差値68にも合格できるくらいを目指してもいいかなと思いました!

偏差値が低いところでもいいのか、という部分については

「自分がやりたいことがやれるなら」それでもいいと思います。

また、今必死に勉強をしている内容そのものが今後に活きるかはわかりません。

しかし、その姿勢や習慣が大学に入ってから生きてきます。

なので今は今で一生懸命に取り組んでみてはいかがでしょうか。

ここまで読んでくれてありがとう!

いつでも相談待っています(^^)

大学選びに偏差値ってそんなに大事なのか? 

他の先輩のアドバイスも参考にしてMさんがいいな!と思ったことを実践してみてね。

みんなのお悩み3位 まとめ

いかがでしたか? 

ほかの先輩たちの回答もコチラから読めます。

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしトップページの「検索する」タブで質問No.(178294)を入れて検索してみてください。

「先輩ダイレクト」は、今の勉強法や進路の悩みを大学生の先輩たちに気軽に何度も相談できる人気の高いサービスです。

志望大の先輩を指名して大学生活のことや合格の秘訣を聞くこともできますよ。

気軽に「先輩ダイレクト」に投稿して聞いてみましょう〜! 

\高校生の悩み、先輩が解決!/

先輩ダイレクトを見てみる

高2会員はいつでも相談OK

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしてください。

※ここで掲載している質問や回答は、編集室で一部編集しております。


\合わせて読みたい/

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座 ライター長谷川ヨスコ

この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #高2

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング