【高2向け】英語長文&古文がニガテすぎる!

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/007142/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

スライド06.png

勉強や進路の悩みを大学生の「ゼミ」OB・OGにすぐに相談できて親身な回答をもらえる「先輩ダイレクト」!

この記事では12月上旬〜中旬までに投稿された高2生からのお悩みのうち、特にみんなにシェアしたいお悩み&アドバイス1位2位3位をダイジェストで紹介します!

英語の長文読解がニガテな人、古文がニガテな人、勉強のために部活を辞める人に焦りを感じる人、必読ですよ〜!

今週のみんなのお悩み1位

スライド07.png

高2生のお悩み

高2生(文系)です!

最近英語の長文読解が苦手で困っています!!

文系なので絶対できるようにしなきゃ!と思っています。

長文読解が得意になる方法など知っていたら教えて欲しいです!

よろしくお願いします!!

(高2生Yより)

先輩の回答

英文読解のコツ、文章を読む前、読んでいる時、解き終わった後にわけて紹介しますね!

Yさんこんにちは!

東京大学法学部、先輩チューターのピーチです^^

相談してくれてありがとう!

英語の長文読解の苦手を克服したいんだね...!

私なりに長文読解の勉強法やコツなどを紹介するので参考になれば嬉しいです!

(1)文章を読む前に

(2)文章を読む

(3)問題を解いた後に

という流れで、順に説明します!

問題文だけでなく注釈などにも目を通してみよう

文章を読む、問題を解く前に

・リード文

・問題文

・注釈

に目を通すことをオススメします!

「リード文」や「注釈」に目を通すことで、

その長文がどんな内容の文章なのかを最初にざっくりつかむことができます。

長文読解の解釈ミスを事前にできるだけ防ぐことに繋がります。

また、「問題文(設問)」に目を通しておくと、

どんな問題が出題されているのかを把握した上で英文を読むことができ、

英文を読みながら、問われている内容が書かれていないか意識することができるので、

時間短縮にも繋がります。

ここで、1点注意なのが

「選択肢には目を通さない」ことをオススメします!

選択問題は、たいてい「合っているものを選ぶ」ことが多く、

例えば4択から1つ選ぶときは、3/4は間違った選択肢ということになります。

つまり、 これを事前に読んでしまうと、

誤答の内容に引きずられながら英文を読んでしまう可能性があり、

ミスが増えやすくなると感じます。

ディスコースマーカーに注意しながら読む!

ディスコースマーカーの例を紹介すると、

・On the other hand

・However

・In fact

・For example

などがあります。

つまり、ディスコースマーカーというのは、

・言い換え

・順接/逆接

・例示

・因果

のように、文章の流れを構造的に示すマーカーになります^^

一文一文をバラバラと捉えるのではなく、

ディスコースマーカーの前後の内容を、それぞれひとまとまりとして、まとめて理解すると、

文章全体の構造をつかみやすく、読むスピードも理解度もUPします^^

これを意識すると、パラグラフリーディングにも繋がります。

各段落で筆者が言いたいことは大体1つ入っています。

その主張を押さえながら、各段落の関係性を把握することで、

文章全体の骨格もつかむことができるようになりますよ^^

わからない単語が出てきたら

普段の演習では、わからない単語が出てきたら

・意味がわからなくてもそのまま続きを読んでみる

・続きを読んでも内容の理解に苦しんだら、一度その単語の意味を推測してみる

・推測して読んでもダメなら意味を調べる

というように、

まず、「辞書がない模試のような状況に生かせるように」

なるべく単語の意味を「推測」したり、

そのままでも文章の内容自体は掴める可能性もあるので、その単語をスルーして読んでみたりするのがいいんじゃないかなと思います...!

ただ、それでもどうしても厳しいのであれば

辞書で調べるなり、解答解説を参照するなりして確認して頭に入れるのがいいかと思います^^

大切なのは、

・対応力・推測力を磨くこと

・わからなかった単語はしっかりと覚えること

の2つだと思います!

わからない問題や単語にはマーキングを!

「この問題わからない...」「この選択肢とこの選択肢で迷った...」「この単語の意味なんだろう?」

...と問題を解いているときに感じると思いますが、

私はそういうつまずきに

・◯などの印をつける

・蛍光マーカーで色をつける

・付箋を貼る

など、マーキングしていました。

こうすることで、復習するときに自分の苦手を重点的に復習でき、効率もUPしますよ^^

英単語の教材についてですが、

長文読解の文脈で言うならば、自分が知らない単語を確認してチェックする際に活用するのが一番だと思います!

その時に、ぜひ単語帳の方にもマークしておくことがオススメです^^

こうすることで、後から優先的に復習することができます...!

解き直し!

解き直しについてですが、

自分がわからなかった単語や文法などを調べて理解を深めることが大切です。

2回目以降は

・1回目にかかった時間よりも短い時間で解く

・1回目解いた時に印をつけた苦手箇所を重点的に解く

などと工夫しながら解くと、 何度も解く意味が出てきたり、効率がUPしたりするんじゃないかなって思います!^^

Yさんのことを応援しています^^

以上が英文読解力のつく勉強法と問題を解くコツです

少しでも参考になれば嬉しいです!

みんなのお悩み1位 まとめ

いかがでしたか?

英語の長文読解の苦手に悩まされている人、ぜひ参考にしてくださいね。

>>実際の質問とほかの先輩たちの回答はコチラ

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしトップページの「検索する」タブで質問No.(177587)を入れて検索してみてください。

さて次のお悩みは、「古文がなかなかできるようになりません」です。

今週のみんなのお悩み2位

スライド08.png

高2生のお悩み

古文がなかなかできるようになりません。

例えば、現代語訳や、助動詞の識別などです。

模試での古文の正答率が低いです。

どうすれば古文が出来るようになりますか?

(高2生Yより)

先輩の回答

古文の苦手を高3まで放置してしまった僕から、高2の今から始めたい苦手解消法をお伝えします!

こんにちは! 先輩チューターのオッティです。

質問ありがとう!

古文が苦手ということですね。

昔の人がすらすら読めていたコツをつかもう!

確かに古文って難しいですよね......

高校生になると、

中学校の時以上に古文を本格的に勉強するのもあって、

レベルも高いしなかなか習得するのも難しいですよね。

僕自身も文系だったのに高3まで苦手を放置し続けて、

なかなか古文を得点源にすることができませんでした。

そもそも古文の長文の訳って、同じ日本語なのに どうしてこんなに訳すことが難しいのかって 考えてみたことありますか?

もちろん現代語と意味が違う言葉があることももちろんです。

もう一つの大きな理由として主語が省略されていることが挙げられます。

現代文は、誰々が...というように、その動作や心情の主語が明確なのがほとんどです。

しかし、古文はそれが明確になっていない上、

いつの間にか主語が交代している、なんてこともあります。

しかし、この文章も昔の人はしっかり意味を把握して読むことができたわけです。

つまり、そのポイントさえつかんでしまえば、文章を正確に読むことは現代人でもできるということです!

それにおいて極めて重要なのが、品詞の理解です!

また、品詞の分解を行う際にも、

ただ品詞ごとの言葉そのものを暗記したり未然形や連用形の形を覚えただけでは、

せっかく覚えた知識を十分に使える段階にはなっていません。

例えば、同じ文末の「なり」でも、

断定の「なり」か

伝聞・推定の「なり」なのか、

見分けはつくでしょうか?

これらの意味を履き違えるだけで「〜だ」なのか

「〜のようだ」になるのか、現代語訳全く意味が違ってきますよね!

そこでのポイントとしては、「なり」の直前の言葉が 何なのかでまったく変わってきます!

ちなみに断定の「なり」は、直前の言葉が連体形や体言の時に、

伝聞・推定の「なり」は、直前の言葉が終止形の時にそうした意味になります。

これを見分けることができれば、正確な文章読解につながり、 古文でも高得点を取れるようになってきます!

そのために大切なのが、基礎の基礎です!

動詞や助動詞の活用は覚えられていますか?

基本的な単語は覚えられていますか?

そして、覚えた単語を知識にするためには、 使い分ける方法を理解して、初めて点数に直結する知識となります。

もう一度確認してみましょう!

「ゼミ」のテキストや解答集、そして教科書なんかにも、

古文の助動詞の活用表が載っているんじゃないかなって思います。

なんとなく見逃しがちですが、あの表には先ほど言ったように、

この言葉が何形の言葉の後ろにつくのかなど、

正確な読解には欠かせない情報がたくさん詰まっています!

ぜひ手元にある「ゼミ」や教科書の活用表をもう一度引っ張り出して、 基礎の基礎から確認してみよう!

僕からお伝えしたいことは以上です。

また何か聞きたいことがあったらいつでも聞いてね!

最初はなかなか点数が上がらないかもしれないけど、使える知識に仕上がった瞬間から、古文読解の理解が大きく変わるはずです!

最後まで一緒に頑張ろうね!

みんなのお悩み2位 まとめ

このお悩みに関するほかの先輩のアドバイスもコチラ!から読めますよ。

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしトップページの「検索する」タブで質問No.(177498)を入れて検索してみてください。

さて次のお悩みは「勉強のために部活を辞める人がいると焦ってしまいます」です。

今週のみんなのお悩み3位

スライド09.png

高2生のお悩み

進路についてです。

周りのみんなは、勉強のために部活を辞めたりして、どんどん勉強に取り組んでいる中、 自分は部活が毎日あります。

できることをしようと思いつつも、部活をしてない生徒と差を感じてしまいます。

模試で志望大学がほとんどE判定や、D判定なのですが、あと1か月ちょっとの勉強で、次の模試で少しでも判定をあげることは可能ですか?

(高2生Tより)

先輩の回答

部活を続けていても成績の上がった勉強法を紹介しますね!

Tさん、こんにちは!大阪府立大学・緑地環境科学類のあずるといいます^^*

私もほぼ毎日部活があり、帰りが遅い日もあり大変でしたが、第1志望の大学に合格することができました。

そんな私から少しお話ししたいと思います〜。

部活をしながらでも受験には勝てる!

志望大合格に必要な成績と今の成績とのギャップや志望大の絶対的なレベルにもよるかもしれませんが、

基本的には部活を続けながらでも工夫すれば成績を上げることはできます!

部活に行っていない人は放課後自由に時間を使えるので、

それをすべて受験勉強に充てれば難しい問題を早い時期から解き始めるとか、

自分の苦手を完全に克服することも可能かもしれません。

ですが個人的には、高1・高2の間に毎日やって押さえておくべき内容は限られていて、

それは部活をしていて自由な時間が周りよりも少ない人でもできると考えています。

今の時期から毎日取り組むなどして押さえておきたい内容は、

英語や古文の単語、英語・古文・漢文の文法

・現代文の語彙・漢字:知っているものを増やす

・数学や理科の習った公式

くらいです。

難しい問題は解けなくても良いので、最低限覚えるべきことだけでも押さえて欲しいです!

余裕があれば、過去の定期テスト範囲だった問題集やプリント・板書の問題を解いたり国語や英語の長文にチャレンジしたりしてみてください。

以下、私がやっていたことも絡めながら具体的な工夫法をご紹介しますね。

全体的に共通するポイントは、

毎日少しでも良いから何か勉強すること

・「ただ消化する」時間をなくすこと

です!

課題はただ終わらせるのではなく、消化しつつ勉強のツールとして充分に使う

...定期テストの時などに解いて提出する問題集やプリントはありませんか?

答えを丸写しして出す人も多いのですが

私はあえて課題の問題集こそ考えて解いて解説もじっくり読んでいました。

丸写ししてからもう1度イチから勉強しなおすのは2度手間以上になって時間がなくなるので、

私はよほど歯が立たない問題以外は、少しでも解き方を考えて、解説もじっくり読んで身につけていました。

こうすることで、1回で覚えられるし、解ける内容が増えてかえって効率が良いんです!

間違えた問題はすらすら解けるようになるまで解き直しをしました。

また、課題はテスト前に限らず、 「いつもこの問題集を提出しないといけない」とわかっているのであれば、

授業で習ったその日のうちに習った内容までを解いていました。

この方法は、テスト前に慌てて課題を消化する必要もないし、1日当たりに解く量が少ないので楽です。

「授業中に先生がおっしゃったことすべてを吸収してやるぞ」という意気で授業に臨む

...授業中ただ板書を写すのではなく解き方を考えながら写す、

先生が日本語訳(現代語訳)をおっしゃる前に自分で訳を作ってみる、

板書にはないけど先生がちょろっとおっしゃった豆知識をノートにメモする、

など授業で習ったことを授業中に身につけきる姿勢を大切にしていました!

何か考えながら解いたことや先生の小話は意外と覚えているものなので、テスト前の覚えなおしの負担が減ります。

通学時間や休み時間など隙間時間を生かす

...電車やバスなどで通学しているのであれば、乗車している間に単語帳や文法問題集など机に向かって書かなくてもできる勉強を済ませましょう!

また授業と授業の間の休み時間を活用するのもGood(^^)

私は、ほぼ毎日英単語や古文単語・漢字や英文法など小テストが何個かあったので小テスト対策兼受験勉強として、単語帳などを電車の中でやっていました。

時間はかかるけど成績は上がる!

あと1か月で成績が上がるかといわれると場合によるかなあと思います。

・単語や公式など基本的なことが今までできていなかったから判定が悪かったけど、今から勉強して知っている単語や公式を増やすことができた

・今D判定に近いE判定、C判定に近いD判定

こういった場合は1か月後の模試で成績が上がっているかも。

ですが、そうでない限り成績が上がるのには数か月程度かかる可能性も大いにあります。

なぜかというと、

自分の今の実力より少し高めの問題を演習していたとして、

1日やったからといって完全に身につくわけではなく

何日か、何か月か繰り返し演習することでやっとそのレベル全般が身につくからです。

成績は徐々に上がるというよりもある時一気に上がるイメージをしておくと良いかも!

すぐに成績が伸びなくても焦らず勉強を続けてくださいね〜。

いかがでしょうか? 

少しでも参考になると幸いです〜。

また何かあればいつでも質問してくださいね!

Tさんは高2の今の時期(もしくはそれより早く)から始めるわけだから、きっと受験に間に合います♪

先輩チューターとしてTさんの勉強をこれからも応援・サポートさせていただけると嬉しいです。

みんなのお悩み3位 まとめ

いかがでしたか? 

>>実際の質問と回答はコチラ

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしトップページの「検索する」タブで質問No.(177574)を入れて検索してみてください。

「先輩ダイレクト」は、今の勉強法や進路の悩みを大学生の先輩たちに気軽に何度も相談できる人気の高いサービスです。

志望大の先輩を指名して大学生活のことや合格の秘訣を聞くこともできますよ。

気軽に「先輩ダイレクト」に投稿して聞いてみましょう〜! 

\高校生の悩み、先輩が解決!/

先輩ダイレクトを見てみる

高2会員はいつでも相談OK

※上記のリンクが飛べない場合は、「高校講座アプリ」画面の一番下の「質問・相談」タブの「勉強法・進路」から「先輩ダイレクト」にアクセスしてください。

※ここで掲載している質問や回答は、編集室で一部編集しております。


\合わせて読みたい/

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座 ライター長谷川ヨスコ

この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #高2東大・京大プラン
  • #高2早慶上智・ 難関国公立/私大プラン
  • #高2国公立/ 私大スタンダードプラン
  • #高2受験ベーシックプラン
  • #部活だいじに
  • #ニガテ何とかしたい
  • #時間がない

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング