【薬学部志望必見!】物理選択と生物選択どっちがおすすめ?

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/006611/

この記事を書いた人

北海道大学 薬学部  ばろっく先輩

  • 先輩チューターに相談する

    baroque.gif

    みなさん、こんにちは!

    北海道大薬学部・先輩チューターのばろっくです。

    4年制(研究者コース)の薬学部を卒業し、現在は大学院で研究をしています。

    大学受験では「物理・化学」を選択しました。

    薬学部での学びをひと段落終えた立場から、薬学部受験で物理と生物どちらを選ぶと良いのか、ぶっちゃけていきたいと思います。

    ※物理受験と生物受験のどちらが良いかは、大学入試の配点や共通テストの点数など、色々な要素が絡んでくるので、ケースバイケースです。

    そのため、今回の記事は「物理選択をした先輩の、個人的な体験談」としてお読みいただけると幸いです。

    薬学部志望の皆さんは、志望する大学の入試要項などをしっかり読んで、受験科目を決めてくださいね!

    実はどっちを選択しても大丈夫

    スライド8.PNG

    物理と生物のどちらを選択しても、薬学部入学後、極端に不利になることはありません。

    私が通う北大薬学部にも、生物選択の人、物理選択の人、両方います。

    薬学部の先生(教授など)も、物理選択・生物選択それぞれいます。

    薬学部=生物選択という印象もあるかもしれませんが、物理で受験をしても問題はないです。

    受験を突破するのが第一目標なので、まずは得意な方・得点源になる方を選ぶのが良いかもしれません。

    注意点としては、併願校や併願学部を考えた際に、物理必須あるいは生物必須の可能性もあります。

    理系では物理必須の学部・学科が多い印象を受けるので、進路志望が途中で変わる可能性も十分考慮して、選択科目を決めることを強くおすすめします。

    薬学部の物理・生物科目のリアル

    スライド21.PNG

    生物に関して

    薬学部のカリキュラムは有機化学と生物科目が中心になります。

    そのため、薬学部の授業のことだけを考えると、生物選択の方がおすすめかもしれません。

    物理選択の場合は、高校生物の知識があまりない分、入学後に多少の努力が必要なイメージです。

    ただ、生物科目は暗記の要素が強いので、独学もそれほど難しくないのかなと思います。

    物理に関して

    大学の物理は微積分を使う機会が多くなるので、高校の時に物理を3年間やってると、かなり有利になると思います。

    あとは、化学の勉強の時に物理の考え方が必要になることがあるので、物理選択の場合、理解がスムーズに進むと思います。

    ただ、薬学部で物理を使う機会は(分野にもよるが)それほど多くないので、生物選択の人も入学後しっかり勉強すれば問題はありません。

    でも、物理の独学は生物に比べると大変そうなので、ちょっと苦労するかもしれません。

    個人的な感想

    私は物理を選択して薬学部に入りました。

    個人的には、化学の研究をする上で物理の知識が必要になることが多いので、物理を選択していてよかったなと思っています。

    あとは、物理選択の立場からみても、物理の独学は生物の独学に比べて大変そうだなという印象を受けます。

    ちなみに、高校で選択しなかった生物は、大学でもちょっとニガテな科目になってしまいました...

    まとめ

    物理選択・生物選択のどちらがおすすめか、人によって考え方が違うところ。

    もっといろいろな人の意見を聞きたい!っていう人は、先輩ダイレクトを使っていろいろな薬学部の先輩に指名質問してみてください。


    \あわせて読みたい/

    <この記事を書いた人>
    北海道大・先輩チューター ばろっく

    薬学部には4年制と6年制があります。

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング