【おかねだいじに】今さら聞けない「大学のお金のハナシ」

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/005857/

この記事を書いた人

埼玉大学 教育学部  レモン先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【おかねだいじに】今さら聞けない「大学のお金のハナシ」



    どうも、埼玉大学のレモンです!

    いかがお過ごしですか?


    「再来年の受験のために勉強しろ!」みたいに今から受験に備えることを散々言われてきたと思います。

    しかし、ココで気付くのが...


    「そもそも大学受験ってどんなシステムだ?」

    「大学受験って何にお金がかかるの?」


    という根本的なことを知らない自分の存在だと思います。

    人によって様々な事情があって、お金の話はあんまり聞けないと思うので今回のテーマは...


    今さら聞けないおカネのハナシ


    大学入試や大学進学後にかかるお金や、大学入試のシステムなどを僕の実例なども使いながら紹介したいと思います!

    (今回の記事はすごく大事なのでいつもよりかなり長くなりますが、最後までお付き合いください。また、数字だらけで分かりにくいので画像も見ながらお読みください)




    何にお金がかかるのか



    最初に、大学入試と大学進学後にどんなお金がかかってくるのかを紹介します。



    ①受験・大学入学前


    まずは受験料です。

    受験料は共通テスト、大学ごとの入試の2つに分けられます。

    共通テストの受験料は12,000円(2教科以下)、18,000円(3教科以上)になっています。

    ここでは国公立・私立・文理はそんなに関係しません。

    違いが出るのが大学ごとの個別入試のお金です。

    国公立大の二次試験は1校につき17,000円、私立大の一般入試は1校につき約35,000円になっています(いずれも平均)。

    平均といっても国公立大の場合はそこまで差異はないのですが、私立大の特に医学系・歯学系の場合、40,000~60,000円かかる場合もあるそうです。


    次に、合格して大学に入学するには入学金を払う必要があります。

    国立、公立、私立で異なりますが、だいたい230,000~400,000円前後かかります。

    つまり、国立大を1校、併願私立大を2校受験し、国立大に入学すると、

    共通テスト(5教科)+国立1校+私立2校+国立大入学料=18,000+17,000+(35,000×2)+282,000=387,000円がかかってしまうのです。



    大学受験にかかるお金



    ②大学入学後


    大学に入学してからもお金の問題に直面し続けます。


    まずは授業料

    ココが国公立/私立、文系/理系で年間の金額が大きく異なってきます。

    国立大が535,800円、公立大が538,633円、私立文系が781,003円、私立理系が1,101,854円、私立医歯系が2,847,940円になっています(いずれも平均)。



    大学入学後にかかるお金①



    さらに授業を受けるために本や教科書を買う必要があるのですが、これが意外とバカにならないのです。

    2,000円、3,000円はザラで、医歯学系や理工学系だと10,000円近くするようなものもあるとか...。

    その他にも通学費(あるいは一人暮らしのためのお金)や、食費、交際費(友人との遊びのお金)などがかかってきます。



    大学入学後にかかるお金②



    先ほどの受験料+入学金に、1年次の授業料などを足すと...



    大学初年度にかかるお金



    ...とんでもない金額になってしまいます。

    ちなみにこの金額で、

    1日3本ペースでうまい棒を約120.6年分、モ◯ストならガチャ4,753連、横にいられると君を思い出す原因の香水を91本(約10L)買えます。




    レモンのお金事情



    ここで少し僕のことも話しておきます。


    僕が大学受験にかかった金額は下の通りです。



    レモンの大学受験にかかったお金



    なぜか入学金を2度払っていますね。

    埼玉大学の合格発表の前に併願私立大の入学金の締切が来てしまい、入学資格を失わないように払っているのです。

    しかし、実際にこの大学には入学していませんが、この入学金は戻ることはありません。

    ココが一つ注意点です。


    どの大学も一度支払った入学金がもどることはほとんどありません。

    また、私立大の入学金支払期限は国立大の合格発表よりも早めに設定されていることがあります。

    慎重に受験校を選んだりしないと、こうした「ムダ金」を支払う羽目になります。

    ちなみに僕はこの金額を親に肩代わりしてもらい、就職後に返す約束になっています。




    どうやって節約する?



    バカにならない大学のお金ですが、僕は節約するために色々なことを試しました。



    ①併願を考える


    先ほどの僕のお金の画像を見ると、併願校に関する金額がおかしいのが分かります。

    この内訳は、国立大後期17,000円と私立大センター利用10,000円になっています。

    センター利用(現・共通テスト利用)は文字通り共通テストの点数のみで合否を測る入試です。

    共通テストだけでいい(わざわざ試験を受けなくていい)ので、安価ですが高倍率になります。

    滑り止めにしたい大学は共通テスト利用を活用して、受験の出費を抑えましょう!


    また、受験校を絞ることも大切です。

    本当にその大学に行きたいのか」「最悪入学金を支払ってでも受けるべき大学か」などをしっかり考えた上で受験校を選定しましょう!



    ②免除制度を活用する


    上では触れませんでしたが、僕は免除制度を使って授業料を半額免除してもらっています。

    もともと安い国立大の授業料がさらに半額の年間28万円ぐらいになっています。

    家庭の経済状況や成績などによっては全額免除になることもあります。

    また、災害などの被害に遭われたり、家計支持者の病変などがあった場合、入学金を免除したり、支払延期をしてもらえる場合があります。

    「お金がないから...」と簡単にあきらめずに、免除制度などについて頭に入れておいてください!



    授業料などの免除制度



    ③奨学金を利用する


    そしてお金に関して「定番」ともいえるのが「奨学金」です。

    日本学生支援機構の貸与型奨学金(返済義務あり)が一般的ですが、大学によっては各種団体による給付型奨学金(返済義務なし)もあります。

    特に後者についてはネームバリューの高い大学の方が充実している印象があります。

    貸与型に関しては僕も利用しており、大学卒業後に返済が始まるので今から震えていますが、これがあるから大学に通えているといっても過言ではありません。

    「借金」なので引け目を感じる部分はあるとは思いますが、こういった制度があることも知っておいてください!



    奨学金制度



    ④中古の教科書で乗り切る


    教科書もなかなかに高いのですが、「古本」も節約の一つの手です。

    フリマアプリや古本屋、先輩が使っていたもの等を安く仕入れて教科書代を節約したりしています。

    ただ、版(バージョン)が古いと授業を受けるのに支障をきたす場合もあるので、要注意です。



    以上が、僕が節約していることです。

    案外月並みなものですが、大学の学費を自分で払っている(一部親に肩代わり)ので、この節約がなかったらと思うと...

    皆さんもお金が原因で簡単にあきらめたりせずに、一度はあがいてみてくださいね!




    まとめ



    それでは今日のまとめです。



    今日のまとめ



    今回は大学受験と大学に関するお金の話を紹介しました。

    (長くてゴメンネ)

    受験の制度や各種免除制度などに目を通して、自分の可能性を広げてくださいね!



    参考:「マナビジョン 保護者版」お金のページより






    今回のブログはここまで!

    分からないことや聞きたいことなどがあったら、

    先輩ダイレクトで聞いてくださいね~



    それでは、また見てね!

    この記事を書いた人

    埼玉大 レモン

    あ~あ、自宅の庭から石油が出てこねぇかなぁ!


    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    コメント(2

    匿名

    2020年11月 1日 20:46

    面白くて分かりやすい!
    ありがとうございます!!

    保護者

    2020年11月18日 16:22

    非常にリアルでためになりました。ありがとうございます!!
    入学までにこんなにお金がかかるのですね・・・。

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング