ホンモノの編集長!?が熱く語る! 大学・学部・学科選びの"秘訣"とは?

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/005589/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

大学・学部・学科選びの秘訣とは

今年はコロナの影響で夏休みが短くなり、大学のオープンキャンパスも縮小されて実際のキャンパスに行くことができず、進路について考える機会が少なくなってしまうと不安に思っている高校生が多いのではないでしょうか?

そこで、進研ゼミ高校講座では、7月12日(日)に進路について考えるきっかけとなる「大学・学部・学科選び」をテーマに「オンライン進路講座」を開催。

当日は、3,400人を超える高1・2生とその保護者がライブで参加し、多くの質問が寄せられました。

とくに質問が多かった項目について、こちらの記事で詳しくお答えします。

「もう一度見たい!」、「参加できなかった!」という人は、ぜひ録画をご覧くださいね。

「オンライン進路講座」の録画や当日の発表資料

<会員の方はこちら>

7/12(日)進路の「録画を見る」ボタンを押すことで録画をご覧いただけます。
※進研ゼミの会員番号・パスワードが必要です。

\高1向けはこちら/

高1向け動画をチェックする

\高2向けはこちら/

高2向け動画をチェックする

<会員以外の方はこちら>

>>オンライン進路講座

【高1・高2向け】当日の発表資料

進路選択の考え方がわかる!

当日寄せられた質問とその回答

Q. 理系が好きなのですが、得意ではありません。高2から分かれる文理選択で、理系を選んでも大丈夫でしょうか?

A.理系が好きなのに、点数が取れないと、理系を選んで本当にいいのか不安になりますよね。

結論からお伝えしますと、苦手科目への不安があったとしても、やはりより興味の強い理系に進んで勉強していくほうがよいように思います。

なぜなら、苦手科目を克服するには、高1の今だと、まだ十分に時間があるからです。

また、これからすぐに難しいことを学ぶということではなくて、段階を踏んで勉強を進めていくことになるからです。

そして、逆に文系に進んだ場合、地歴・公民の科目負担が増えることが考えられますので、あなたの得意・不得意によっては、勉強の負担感は変わらないかもしれません。

ですので、まずは高1で学習する範囲が苦手にならないように、授業を聞いてわからない部分は先生に確認し、ニガテが大きくならないように、勉強に取り組んでみることをおすすめします。

Q.将来やりたいことが決まってなく大学を決められません。どうすればよいでしょう。

A.高1・高2生で「将来やりたい事」が決まっている人は多くありませんので、ご安心ください。

考える観点は以下2つです。

Point

(1)「大学で学びたい事」から考える
例:スポーツ医学を学びたい、地域振興・町おこしを学びたい

(2)「得意」や「好きな事」、「興味のあること」から考える
例:英語が得意、人に教える事が好き、ハリウッド映画に興味がある

ですので、気軽な気持ちで、「最近興味を持ったニュースは?」「好きなテレビ番組は?」「好きな本は?」「小さい頃から打ち込んでいることは?」など、ノートに書き出してみるのも一つの手です。

どうしても思いつかない場合は、以下2つをオススメします。

(1)ゼミ会員限定で、10の質問で自分にあった学問がわかる! 「学問・適性チェック」

学問・適性チェック

(2)10の質問で適性がわかる! 「 適職・適学チェック」

適職・適学チェック



Q.大学で学びたいことが複数あり、絞れないので学部選びが難しいです。

A.大学で学びたいことが複数あるのは、すごく素敵なことですね。

今すぐ一つに絞ることは難しいとは思いますので、「どちらかの専門分野に進み、自由選択科目でもう片方の分野も学べる大学・学部がないかを探す」というのはどうでしょうか?

例えば、商学部に進んでも、自由選択科目で経済学部や経営学部の授業、ネイティブの先生との少人数制の英会話の授業も履修できるなど、学部をまたいでの授業が受けられる大学もあります。

その場合、よりどちらをメインで学びたいかを考え、メインで学びたい方の学部の入試科目に合わせて、学部選択をすることをオススメします。

また、大学のHPで学部紹介のところだけでなく、「学べる授業の内容」「教授の研究内容」などを複数の大学・学部で比較し、よりどちらが自分が学びたいと思えるのかと言う観点で大学HPを見てみるのもよいでしょう。

Q.やりたいことが学べる大学と学力に差があるときは、どのように勉強するとよいですか?

A.志望大に合格に必要な学力との差があると悩みますよね。

ポイントは3つです。

Point

(1)学習の優先順位をつける
手あたり次第学習すると効率が悪いため、志望大の入試科目と配点を調べ、かつ自分の得意・苦手科目を洗い出します。
その後、「配点が高く苦手な科目」優先して対策しましょう。

(2)模試を起点とした学習を
模試をこれから受けることになると思いますが、判定や偏差値だけでなく、「正解率の低い分野がどこか」を確認してください。
それが苦手な分野です。
それがわかれば、まずは教科書に戻ってその分野の基礎の確認をし、定着度合いを測るために演習を行うというサイクルを繰り返していくとよいですよ。

(3)学校の授業で手を抜かない
これは当たり前のことですが、大学入試の問題は学校で習った範囲から出ます。
そして宿題も大学入試で必要になる部分から出されます。ですので、日々の学校の授業を大切に、わからない部分はすぐに先生に確認するなどしていきましょう。

画像3_告知.PNG

「オンライン進路講座」では、これからも高1・2生進路についてのテーマについてオンラインで解説をしていきます。

ぜひ、本物の熱意を感じられる講座を体感してください!

秋からは学年別でパワーアップ

<この記事を書いた人>
「進研ゼミ高校講座」 編集室 チャット・タイ

本当にあの方は熱いんですよ、まだ見たことないキミは録画をチェック!

※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #文系
  • #理系
  • #進路選択中
  • #志望大選び
  • #学部・学科選び
  • #動画

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング