「文理選択、本当にこれで大丈夫?」と悩むあなたに伝えたい、3つの〇〇〇とは?【具体例で学ぶ】

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/005553/

この記事を書いた人

東北大学 工学部  ぼーん先輩

  • 先輩チューターに相談する

    bunrisentaku.png

    こんにちは!先輩チューターのぼーんです。

    突然ですが、みなさんは「文理選択」はしましたか?

    入学当初から文理を決めている友達、医者になりたいから理系しか選択肢がないという友達、周りの人が「私は文系」「僕は理系」と言っていると、焦ってしまいますよね。

    もう選択したから大丈夫と落ち着いている人も、ちょっと待ってください。

    その選択、自信を持ってこれでOK!と思えているでしょうか。

    今回は文理選択が決まらない皆さんと「選択したけど自信ないな」というみなさんに文理選択を"過去"、"現在"、"未来"の3つの「時間軸」から考えてもらえる機会になればと思います!

    ちなみに私はこの方法を使って文理選択をしたのですが、選択をしてから後悔をしたことはありません!
    (私自身の選択の流れはざっくり「まとめ」に書いておきますね。)

    時空がゆがむ順番ですが、ぜひ最後まで読んでくださいね(*^-^*)

    現在

    文理選択をするときに多くの人が真っ先に考えているのがこの、現在です。

    今回は架空の人物である「ほーん先輩」と「ぽーん先輩」の例を参考に考えていきましょう!

    現在.png

    この二人は典型的な"現在"を考えているタイプですね。

    でもこれは悪いことではなくて、現在を考えるのは大事なこと。

    今好きなことや嫌いなことが将来的にそれぞれ嫌いなこと、好きなことに変わる可能性はおそらく半分以下だと思いますし、受験勉強を進めていくうえでも好きか嫌いかはモチベーションに大きく影響します。

    特にほーん先輩のようにある教科がものすごく嫌いで、勉強していくのが苦痛で仕方ないという場合はこの"現在"を優先的に考えてもよいと思います。

    ただ、嫌いと苦手は必ずしも一緒ではないので注意してくださいね。

    それから、ぽーん先輩のように、現在だけでは決まらない場合もあると思います。

    そんな時に考えてほしいのが"過去"と"未来"

    次は"未来"に行ってみましょう!

    未来

    文理選択をするときに"現在"の次に考えている人が多いのが"未来"です。

    今回も「ほーん先輩」と「ぽーん先輩」の例を見てみましょう。

    未来.png

    ほーん先輩のように将来○○になりたいという目標が決まっている人は、ここまでで文理選択をしてしまってもOK!

    何か目標があれば勉強のモチベーションにも繋がりますし、現在だけでなく未来を考えた分、自信を持って「私は理系」「僕は文系」と言えるようになるでしょう。

    ただ、この"未来"を基に決めるときに注意したいのが、今まで視野になかった学びの分野や職業等も確認することです。

    世の中には視界に入らなかった大学での学びや職業がたくさんあると思うので、自分が選択しない方、すなわち理系なら文系、文系なら理系に進んだ場合に何があるのかをちらっと見ておくといいですね!

    また、ぽーん先輩のようにやりたいことが決まっていないときはどうしたらよいでしょうか。

    "現在"だけで決めるのもありですが、"過去"について考えてみるのもあり!

    続いては"過去"に行ってみましょう~!

    過去

    この"過去"についてはあまり考えたことのない人が多いのではないでしょうか。

    まずはこの"過去"というのは何にあたるのか、ほーん先輩とぽーん先輩の例を参考に考えてみましょう。

    過去.png

    まずほーん先輩の例ですが、「小さいころから○○が好きだった」というのは、"現在"も引き続き好きかもしれないですし、将来をここから考えているので"未来"にあたるかもしれません。

    こういった経験が進路選択に繋がるくらいある人はそれに関連して選択するのが良いと思いますが、そうでない人も多いと思います。

    そういった例がぽーん先輩です。

    これまで生きてきた中でこれが好き!というものは特にないんだけど、よく考えてみたらこれが楽しかったな、良い思い出として残っているな、ということはみなさんの中にはないでしょうか。

    ぽーん先輩の例は「なんかの授業でやった番組制作」なので、記憶はあいまいで時間も少ししかかけていないと思われますが、こういった小さなことから考えるのもありです!

    まだ過去について考えていなかった人はこの機会に考えてみてはどうでしょうか?

    まとめ

    今回紹介したのは文理選択を"過去"、"現在"、"未来"の3つの「時間軸」から考えるという方法です。

    ちなみに私自身は、
    過去→中学の技術の授業好きだったな~。イラストを描くのも好き!(上手くないけど)
    現在→数学苦手だけど数学が好き!
    未来→やりたいことはないけど安定した職業がいいな
    という感じでした。

    その辺についてはこちらのツイキャス↓↓で詳しく話しているので、よかったら併せて観てみてください!
    ※6月19日の回を見てね!

    ぼーん先輩の「文理選択&学部選択法」ツイキャス動画を見る!



    いずれにせよ、進路選択は文理選択で終わりではありません。

    この機会に、3つの「時間軸」からその先の学部・学科選択や大学卒業後の進路についても考えてもらえたら嬉しいです(*^-^*)

    <この記事を書いた人>

    東北大 ぼーん
    ツイキャスのサムネイルが半目。事件。

    ※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング