先輩教えて!志望大ってどう決めるの?

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/005500/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

志望題の決め方アイキャッチ画像_1.png

志望大選びで迷っていませんか?

この記事では、7/3LIVE配信された先輩のツイキャス、「志望大選択法」のポイントを紹介します!

7/3LIVE配信の「志望大の選び方」ツイキャス録画を見る!

第一志望大の決め手は何?

志望大探しの情報収集はどうやるの?

志望大を決めるうえで悩んだことは?

など、先輩の具体的な体験談から、あなたの志望大決定のヒントがきっとみつかると思いますよ!

先輩の紹介!

今回、「ゼミ」の後輩のためにLIVE配信してくれたのは早稲田大のほーむ先輩!

shibodai_02.png

ほーむ先輩は早稲田大文化構想学部の表象・メディア論系で学んでいます。 高校時代は、生徒会執行部と合唱部を頑張っていました!

得意な教科は現代文、理科基礎です。

国公立大と私立大ってどう違うの?

その1 学費や設備、学部の種類などが違う!

shibodai_03.png

まずは志望大選びに必要な基礎知識として 国公立大と私立大の違いや特徴をほーむ先輩目線でざっくりと紹介。

1 国公立大の方が私立大より学費が安い。

2 国公立大の方が学生一人当たりの先生が比較的多い。

3 国公立大は研究設備が充実している大学が多く、私立大は学生の生活関連の設備が充実していることが多い。

4 国公立大には定番の学部がそろっていることが多く、私立大独自の珍しい学部が多い。(ほーむ先輩の所属してる「文化構想学部」も珍しい学部のひとつです)

でもこれは私が調べた範囲内のざっくりした特徴なので、すべての大学に当てはまるわけではありません。各大学のホームページ(HP)でいろいろ調べてみてくださいね〜!

その2 一般選抜のやり方や日程が違う

1 国公立大の一般選抜は「共通テスト」と2次試験の2回の試験の合計点で合否が決まる。

  私立大の一般選抜は大学独自の「個別試験」が行われるが、「共通テスト利用型」入試も増えている。

2  国公立大の一般選抜の2次試験は、「前期日程」、「後期日程」、そして一部の公立大の「中期日程」の組み合わせで、一人最大3校まで受験できる。

私立大の一般選抜の日程はバラバラ。日程さえ被らなければ何校でも受験できる。

以上が、「国公立大と私立大の違いコーナー」でした!

次はいよいよほーむ先輩の志望大選びの体験談です!

ほーむ先輩の志望大選び

3つの決め手とは?

shibodai_04.png

ほーむ先輩が志望大を決めたのは高3の夏前。

それまでいろいろ検討した結末、最終的な決め手になったのは...

1つ目 

好きなこと・興味のあることを専門的に学べること!

ほーむ先輩は子どもの頃からテレビが大好き。

早稲田大の文化構想学部では、「テレビ」というメディアや文化を学べることを知り、強い魅力を感じました!

2つ目  

サークルで利用できる施設の豊富さ!

ほーむ先輩はピアノサークルに所属。

早稲田大にはサークルの学生が自由に使える「ピアノのある防音の音楽練習室」があったり、トレーニングセンターがあったり、学生生活関連の施設が充実しています。

子どもの頃からずっとピアノを続けてきたほーむ先輩は、「上京後、部屋にピアノを置けるのか?」は切実な問題でした。

3つ目 

やりたいことをとことんできそうな校風!

高2のオープンキャンパスでサークルの発表や企画を見て、先輩たちの楽しそうな様子から、やりたいことを思い切りできる校風に惹かれました!

......ここで「今年はコロナの影響でオープンキャンパスがない」とがっかりした人のために、LIVE配信中、コメント欄に寄せられた別の大学の先輩からのアドバイスを紹介!

(先輩チューター 関西大文学部 セサミ先輩)

今年はオープンキャンパスになかなか行きづらい状況ですよね...。各大学がオンラインでオープンキャンパスを行っていたりするので、ぜひチェックしてください。私の個人的なオススメは大学のSNSです!  特にインスタグラムにはキャンパスの素敵な写真がいっぱい!

(先輩チューター 山形大地域教育文化学部 ウタ先輩)

大学によっては、HPでバーチャルオープンキャンパスを実施している大学も! パソコンから、大学に行ったような気分で参加できると思うので、ぜひ調べてみてくださいね(^▽^)/

志望大選びには情報集めが大切!

shibodai_05.png

さて志望大を決めるまでに、ほーむ先輩は情報収集が重要だったと語っています。

ほーむ先輩の情報源は以下の通り。

1 学部の情報・就職先が知りたい時は、大学のパンフレットを取り寄せた。

2 学べる内容を知りたい時は、大学のHPで学部のシラバス(=授業計画)をチェック。

3 学生生活の様子を知りたい時は、「デジタルMy Vision」(いろいろな大学の先輩チューターによるブログ)」など、「ゼミ」のサイトを利用する。

志望大決定までの悩み&解決法!

さてそんなほーむ先輩も、サクっと志望大を最終決定できたわけではありません。

お悩み1 なりたい職業がみつからない!

shibodai_06.png

なりたい職業がとくにないと、どんな学部・学科を調べたらいいのか、とっかかりがつかみづらいですよね。

ほーむ先輩はそのことで悩み、学部・学科を調べる前に、まずは自分自身を先に分析することにしたそうです。

1 ノートに自分の「好きなことは何か?」 をどんどん書いていく。

2 次に「それがなぜ好きなのか?」を考えて理由も書き出していく。

...こうして自分自身の好きなことを書き出して深掘りしていくことで、自分の興味分野が明確になっていったそうです。

そしてその自分の興味を手がかりに学部・学科を調べ始めると、そこにつながる仕事や学部がみつかっていきました!

お悩み2 進学実績が低すぎる!

ほーむ先輩の高校から、早稲田大へ進学した人が過去5年間ゼロ。

早稲田大の情報集めには、最初とても困ったそうです。

そこでほーむ先輩は、「ゼミ」の『My Vision』(情報誌)や「高校講座アプリ」を活用。

早稲田大の先輩たちの生の情報をいろいろ知って、進学後の学生生活を具体的にイメージするのに役立てることができました。

お悩み3 経済的な負担が大きい!

shibodai_07.png

上京して私立大に通うとなると、経済的な負担が大きいのも悩みでした。

これはもう、保護者のかたと話し合うしかありません!

結果は...無事承諾。

その時、保護者のかたとした約束を、今も守りながら大学生活を送っているそうです!

お悩み4 学んだことを将来に役立てられる?

大学で学んだことを、将来ちゃんと役立てられるだろうか? 

ほーむ先輩は気がかりでした。

そこで、大学のホームページ(HP)やパンフレットで、志望大・学部の先輩たちの卒業後の就職先や授業内容を詳しくチェック。

すると「将来はこういう仕事で役立ちそう」 「こんな能力が身につきそう」 など、将来のビジョンが見えてきて、自分の選択に自信がもてるようになったそうです!

このようにいろいろな悩みや不安を解消しつつ、ほーむ先輩はついに第一志望大を決定!

併願大はどう選んだの?

shibodai_08.png

一方、併願大は上の3つの大学・学部を選択。

併願大を選んだ時のポイントは、会計やマーケティングといった「興味のある学部」で、かつ金銭面や将来の見通しも検討。

第一志望大では「夢(憧れ)」が第一優先でしたが、併願大は「より現実的な条件」を優先したそうです。

まとめ

ほーむ先輩の志望大選び、いかがでしたか?

ほーむ先輩は「テレビが好き!」という興味を発端に、自分にぴったりのユニークな学部を探し当て、将来の仕事へのビジョンも描きつつ、保護者のかたを説得して上京を実現しています。

最後に「でもまだまだ志望大選びに迷いそう〜!」というあなたのために、ほかの先輩チューターからの書き込みコメントをサマリーで紹介します! 

☆☆山形大地域教育文化学部  ウタ先輩のコメントより☆☆

私は、家庭の事情で「大学進学を目指すのならば、国公立大1本、滑り止めの私立大もなし」ということを条件とされていました...。そこで、早いうちから志望校を国公立大に絞り、合格を目指してひたすら勉強をしていました!

高3の時に山形大のオープンキャンパスで「模擬授業」を受けました! ここで私が「これを学びたい!」という研究分野に出会うことができ、第一志望にしました(^▽^)/



☆☆関西大 文学部 セサミ先輩の「志望大選び」コメントより☆☆

私が考える志望大選びのコツは、「優先順位をつけること」です! 大学生になったらやってみたいことがたくさんあるはず。でも、それを全部かなえるのが難しい場合も。そんな時は優先順位を決めて、優先度が高いものから当てはまる大学・学部に絞っていくと良いと思います!

とはいえ、私は学びたいことを1つに絞れませんでした。 そんなとき見つけたのが「大学入学後に専門分野を選べるカリキュラム」をもつ大学・学部! これなら納得して専門分野を選べると思い、カリキュラム重視で選びました(^^)

次はあなたの番。

先輩たちの志望大選びを参考に、志望大選択を大成功させてくださいね!

実際の7/3LIVE配信の録画をチェックしたくなった人は...

\30分で見られます/

7/3LIVE配信
「志望大の選び方」
ツイキャス動画

今後の「進路応援セミナー」配信予定や過去配信一覧はコチラをチェック!

\あわせて読みたい/

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座
ライター 長谷川ヨスコ

※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング