自分がキラキラ輝ける場所をみつけよう! ライブ配信「大学・学部のリアル」まとめ VOL.2

  • 進路
  • /digitalmyvision/shinro/003828/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

samne.png

志望大・学部探し、進んでいますか〜?

キラキラと充実した毎日を送る現役大学生の生の声を聞いて、あなたが輝ける志望大・学部選びのヒントをたっぷりもらっちゃいましょう!

この記事では、7月31日にライブ配信された「ゼミ」の先輩の進路応援セミナー「大学・学部のリアル」のポイントをぎゅっとまとめて紹介していますよ!

7月31日ライブ配信「大学・学部のリアル」ツイキャス録画を見る


さっそく1人目の先輩を紹介!

子どものころから生き物全般が大好きだったという、京都大農学部のヒナギク先輩です!

京都大農学部 資源生物科学科 ヒナギク先輩

hinagiku_tema.png

京都大キャンパスの魅力!

京都大は京都にある国立の総合大学。

ヒナギク先輩は京都大の自由な校風、

充実した研究施設やカリキュラムなどに魅力を感じて入学。

大学生になってからはさらに、サークル活動がさかんで公認サークルだけでも200近くあるところにも魅力に感じています。

ちなみにヒナギク先輩は「京文化を体験」するサークルに所属。

koyunui.png

この写真は「京繍(きょうぬい)と呼ばれる京都の繊細な刺繍です。

kyoumui.png

ヒナギク先輩は実際に糸を撚(よ)って、京繍を体験することができました。

kiyomizuyaki.png

↑他にも「清水焼(きよみずやき)」のろくろ体験もしました!

gakushoku.png


また、ほとんどの学生が通う「吉田キャンパス」には、なんと6つも学食があり、学生にとって大きな魅力だそうです!


さて次は農学部の魅力的な特徴の紹介です。

京都大農学部の魅力

京都大農学部は、さまざまな生物や、生き物と人間との関わり、

さらに生態系に至るまでを、

分子レベルから地球上の大きな循環レベルまでとにかく幅広く学べるのが最大の特徴。

学科は6つに分かれており、

ヒナギク先輩の所属する「資源生物科学科」では、

植物、動物、海洋生物、微生物、ウイルス、それらを取り巻く環境までを、学ぶことができます。

また授業の中に実験・実習がたくさんあることも「資源生物科学科」の特徴です。


なかでもヒナギク先輩がとくに魅力を感じた授業を2つ紹介!

1つめは植物の「栽培技術論と実習」。

この授業では、週に1度、実習用のバスで附属の農場へ出かけて、植物について講義を受けたあと農場で栽培に関する実習をします。

これまでイネの播種(はしゅ)や稲刈り、桃や柿の収穫、たまねぎの定植や収穫など、さまざまな植物の栽培技術を体験したそうです。

shibugaki.png


これは渋柿ですが、

スライド15.png

写真のような渋味をとる処理をして、甘い柿に変える実習もありました。


魅力的な授業の2つ目は、「応用動物科学技術論と実習」です。

この授業は夏に附属牧場に4泊ほどして行われ、肉用牛の世話をしながら、育成、肥育、繁殖のそれぞれの段階について学んだそうです。

スライド16.png


このように実際に生き物を見て、触れることは何よりも楽しく教室で学ぶだけではわかりづらいことがすんなりわかり、新しい気づきがいろいろ得られるそうです。


生き物が大好きなヒナギク先輩にとって、

このように理論だけでなく、農場や牧場での本格的な実習がたっぷりある京都大農学部資源生物科学科での学びは、

まさに自分の極めたいことにぴったりだったようです??


さて次に登場するのは、「大学生活がとにかく楽しくてたまらない!」という立命館大経営学部のはっすん先輩です! 

立命館大経営学部 はっすん先輩

hassunn_tema.png

キャンパス紹介


はっすん先輩にとって、立命館大のキャンパスライフの楽しさといえば、

学生がやりたいことを見つける機会や選択肢がたくさん提供され、

いろいろなことに自由に挑戦できる環境が整っていることだそうです!


はっすん先輩自身は、「学生委員会」に入って、新入生歓迎イベントなどを企画してみんなでワイワイ盛り上げられたこと、

さらに学内の留学プログラムに参加して、自分の世界を広げられたことがとても楽しい経験となりました。


次ははっすん先輩からみた経営学部の魅力です!

立命館大 経営学部の特徴とリアルな魅力!

はっすん先輩は、高3の夏、「実用的なことを学べそう」という軽い気持ちで立命館大の経営学部の模擬授業を受けたそうです。

ところがその授業がめっちゃめちゃ面白かったため、ここなら自分の興味のあることが学べるのではないかと思い、立命館大経営学部に志望を決めました!

そんなはっすん先輩にとって、立命館大経営学部のなんといっても1番の魅力は、

経営の各分野に精通した素晴らしい教授がたくさんいらっしゃること。

その素晴らしい教授陣のおかげで、学生たちはマーケティングから会計、広告デザイン、金融まで、幅広い経営分野を学ぶことができ

かつ自分の興味をもった分野をとことん極められる環境があるそうです。


最も面白かった授業の紹介

なかでもはっすん先輩が最も面白いと感じた経営学部での授業は、「プロジェクト研究」という授業。

その回のお題は、立命館大にまつわるグッズを自由に考え、その価値を高める方法を考えるというものでした。

はっすん先輩は、立命館大のグッズとして「名刺」を思いつき、


学内外の人たちと立命館大生が名刺を交換しながら交流できるイベントを企画しました。

meishiwo.png

hassun_event.png

「名刺を手に入れよう!」というそのイベントは、実際に40名ほどの人がお金を払って参加してくれて大成功したそうです。

こうして自分の考えたイベントを実際に運営し、

さまざまな人の協力・アドバイスを受けながらついにお金を得るところまで実現できた体験は、とてもいい学びになった

と、はっすん先輩は語っています。

まとめ

いかがでしたか? 

京都大農学部と立命館大経営学部、それぞれのリアルな魅力を駆け足で紹介しました。

ふたりの先輩それぞれが、自分にぴったりのキラキラと輝ける場所を見つけた様子が伝わってきませんか。

もっと詳しく知りたくなった人は、下記の実際の配信動画の履歴をぜひご覧ください!

7月31日ライブ配信「大学・学部のリアル」ツイキャス録画を見る

☆「進路応援セミナー」過去配信一覧はコチラをチェック!

※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。最新の大学情報は各大学のホームページでご確認ください。

\あわせて読みたい/

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座
ライター 長谷川ヨスコ

 
  • #文系
  • #理系
  • #進路選択中
  • #志望大選び
  • #学部・学科選び

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング