【九州看護福祉大卒】地域で顔の見える関係性の中で、福祉でイノベーションを起こす【地元で"キラリ"輝く先輩】

  • 進路
  • /digitalmyvision/post_321/008011/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

九州福祉看護大

地元大学で学び、地元企業で働く進路を選んだ「地元で''キラリ''輝く先輩」シリーズ。

大学での学びや経験が、仕事でどのように生かされているのか、仕事の楽しさややりがいとともに語ってもらいました。

今回は九州看護福祉大看護福祉学部を卒業した先輩をご紹介します!

九州福祉看護大学

今後ますます福祉の価値が際立つ時代になる

私が進学を考えていた時、九州看護福祉大学は開学して2年目。

「地元の福祉系大学で学び、地元で働きたい」との思いから進学を決めました。

卒業生の多くは医療・福祉業界に進んでいるので、卒業後のネットワークも心強いです。

人口減少や少子高齢化など社会のピンチは、福祉の出番が数多く待っているということでもあります。

ふ つうにく らすし あわせをつくる総合職!だからおもしろい!そしてリアリティの連続!

福祉は専門職としてのアプローチの根底に、然体での関わりが大切だと感じています。

その基礎は、大学時代の人間関係や学内外活動を通して学び得たと思っています。

障がい者支援施設での実習時に、現場で流れるゆったりとした時間軸や幸福感、必要とされる充実感を感じ、今の仕事に就きたいと思うようになりました。

金銭詐取を受けていた方が、市役所や関係機関とのチーム支援で念願のひとり暮らしを実現したことがありました。

福祉の現場には、人生のリアルがたくさんつまっています。

"ありのままを、あたりまえに"そんな社会を目指して

九州福祉看護大学

卒業後は、障がい者支援施設の若葉会に就職しました。

現在は、事業の統括支援施設長として勤務しています。

最近では学童保育と放課後等デイサービスの共生型事業を開設しました。

母校と連携しながら、大学生がカジュアルに福祉に触れるっかけづくりにも取り組んでいます。

地域の風土や文化に福祉を掛け合わせて、地域と共に街の風景を作っていきたいと思っています。

先輩に質問!

福祉の仕事に携わろうと思ったきっかけは?

九州福祉看護大学

中学時代、知的障がいのある友人と出会ったことが福祉を学ぶきっかけになりました。

福祉を学び、地元で働けば、彼と会えるかもしれない。

中学時代にできなかった付き合いをしたいと思っています。

大学選びの視点は?

九州福祉看護大

入学した2000年当時、今後の日本は高齢化社会になると言われていました。

福祉の仕事は今後ますます必要とされて変化していく業界だと思い、興味を持ったためです。

勤務先のご紹介

社会福祉法人若葉会

九州福祉看護大学

平成14年設立。

熊本県玉名市で就労継続支援 B 型事業、玉東町で放課後児童健全育成事業・放課後等デイサービスを運営。

令和3年1月末に新拠点WAKABAを創設、福祉事業の充実と地域に必要とされる法人運営を目指します 。

<まとめ>

地元で"キラリ"先輩、ありがとうございました!

高校生のみなさんの進路選択の一つといて、地元だからこそかなえられる夢や地元ならではの魅力に注目し、未来でキラリと輝くためのヒントにしてください。



出典:『マナビジョンブック2021地元で"キラリ"が見つかるブック』

------------------------------------------------------------------------------

先輩が卒業した 九州看護福祉大学 って、どんな大学?

https://www.kyushu-ns.ac.jp/

------------------------------------------------------------------------------

 

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング