【京都大】焦らないで!今は「伸び待ち期」かも?

  • 志望大

この記事を書いた人

京都大学 法学部  べる先輩

  • 先輩に相談する

    【京都大】焦らないで!「伸び待ち期」かも?

    京都大学チューターのべるです!

    秋も深まってきましたが、体調を崩していませんか?

    受験が近づいてきて焦りや不安もあるかもしれませんが、睡眠時間をしっかり取り、ペースを崩さず、マイペースに勉強を進めていってくださいね。

    模試の判定が思うようにいかない...という方もいらっしゃるかもしれません。

    E判定などが出ると、「自分はダメだ...」などと悲観的になってしまっていませんか?そんなことはありません!

    今回は、今結果が出なくて悩んでいる方必見の「伸び待ち期」について書いていきたいと思います!

    【京都大】焦らないで!「伸び待ち期」かも?

    落ち着いて原因を考えてみよう

    私は二次試験の勉強を頑張るぞ!と二次試験の勉強に注力していました。

    これくらいの時期には、志望大学別の模試があるのに加えて共通テスト型の模試も行われると思います。

    その高3の11月の共通テスト型模試で、私はE判定を叩き出してしまったのです...!

    大学別模試の判定が比較的良くても、共通テスト型模試とのドッキング判定が出ると、判定が下がってしまいます。

    これは非常に心が折れるものでした。

    「なんでこんなに数学ができないんだ...。」

    「世界史が終わってる...。」

    「リスニングの点数に差がありすぎる!」

    などと色々考えて悩み、落ち込んでしまいました。

    共通テストや二次試験について、そして普段の勉強方法などについても、うまくいかなくて悩み、焦ってしまう方は多いのではないでしょうか。

    しかし、まだまだ時間はあります!

    私のように落ち込んでしまうことのある方は、原因を考えてみましょう。

    例えば、私の場合であれば、簡単に書いてみると...

    ・数学は共通テスト型の誘導に慣れていなかった

    ・世界史は共通テストでしか使わないということや、ちょうどその頃全範囲の学習が終了したということもあり、問題形式に十分慣れていなかったし、知識がまだ固まっていなかった

    ・リスニングの解き方が固まっていなかった、問題文を十分に読めておらず、どこに気をつけて聴けば良いかわかっていなかった

    ということが挙げられました。

    これらの原因から、

    ・共通テスト型の問題に多く触れ、形式や解き方に慣れる

    ・歴史科目は知識を確実に身につけることを優先する

    ことを意識して勉強するようにしました。

    できない、なんで?と闇雲に演習を重ねるだけでは、あまり効果が得られないのではないかと思います。

    原因を考えた上で、歴史科目は暗記の割合を多くして演習で型に慣れながら知識を定着させる、英語はリスニングに時間をかけるようにする、など、勉強方法や時間配分を考えて取り組むようにすれば、すぐには効果が現れないように感じても、次第に「解ける!」という瞬間が生まれてきますよ!

    【京都大】焦らないで!「伸び待ち期」かも?

    今は「伸び待ち期」かも?

    原因は分かった、じゃあそれに対する対策を練って勉強しよう!と取り組んでも、すぐには解けるようにならず、心が折れそうになることもあるかもしれません。

    以前から様々に考えて勉強を重ねてきた方の中にも、ずっと勉強しているのに点数に結びつかない...と現在焦っている方もいるかもしれません。

    それは、今この期間が「知識や解き方を自分の中で定着させている時間」だからではないかと思います。

    部活でスポーツや芸術などに取り組んでいる時も、最初はなかなか動きが身につかなくて悔しくなったり、悩んで苦しんだりした経験があるかもしれません。

    それでも、ずっと練習やお稽古に取り組んでいると、ある日「あっ、この動きはこうしたらできるんだ!」などとできるようになる瞬間がありませんか?

    勉強についても、今はできなくて悔しい、焦ってしまう、しんどい...という気持ちになることがあっても、諦めずにコツコツ続けていれば、次第に知識や取り組み方が身についてきて、できるようになる瞬間があるはずです...!

    私は世界史の予想問題の点数が、11月は70点台のことが(全然分からない時は60点台のことも...!)ありました。

    でも、11月、12月に予想問題を解き、教科書などで復習して知識を再復習して身につけ、また予想問題を解き...という流れを繰り返していると、年末くらいに「あれ?この問題前も見たかも!」「この人物はこうだったよね!」などと知識がすぐに浮かんでくることが多くなり、共通テスト本番では90点台まで上げることができました。

    まだ時間はあるし、今諦めずに知識を固めていけば必ず伸びる瞬間があるはずです。

    自分に知識を与え続け、大きく花を咲かせましょう!

    最後に

    伸び待ち期の中で苦しんでいる方も、マイペースに、コツコツ取り組んでいけばきっと大丈夫です。

    苦しくなったら先輩チューターにも相談してくださいね。

    これから冬になり寒くなります。温かくして風邪を引かないように、体調に気をつけて成長の冬を迎えましょう!

    また、「リハーサル演習WEB」はご存じですか?

    なんと、約100大学に対応した52セットの英数国の傾向問題が自由に演習し放題なのです!

    共通テストも気になるけれど、二次試験の勉強も気になる...。

    併願大学の傾向問題にも取り組みたい!

    という方は、ぜひ取り組んでみてくださいね!

    傾向分析の記事も参考になりますよ!活用して、二次試験の勉強も万全にしていきましょう!

    コチラからチェック!

    <この記事を書いた人>
    京都大学法学部 先輩チューター べる

    京都は秋が深まっています。もうすぐ紅葉の季節ですね。昨年は嵐山の紅葉が綺麗でした...!今年もどこかに紅葉を見にいきたいです。

    ※この記事は執筆時の情報に基づいております。
    ※画面上部の「志望大」から先輩達の他の記事も見られます。

     
    • #ニガテ何とかしたい
    • #模試

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング