【岡山大】岡山大文学部専門用語

  • 志望大

この記事を書いた人

岡山大学 文学部  そらん先輩

  • 先輩に相談する

    【岡山大】岡山大学文学部専門用語

    こんにちは!岡山大学文学部の そらん です!

    記事を見てくださってありがとうございます。

    最近はすっかりと寒くなり、「年末まであと2か月もないんだな」とか「時間過ぎるのはやいな」とか、季節の流れに切なさを感じています。

    移り変わりを楽しみながら、過ごすことができたらいいなと思う今日この頃です。

    さて、今回は、「岡山大学文学部生ならわかるコトバ」をご紹介しますね!

    みなさんの志望する大学学部にも、独自専門用語がきっと存在します。おもしろい。

    論点?講義?概説?

    人文学の論点、人文学講義、人文学概説・・・

    これらは岡山大学文学部で開講されている講義名になります。

    人文学○○が多いので、先生も学生も省略して使うことが多いです。

    「講義の哲学なんだけど・・・」といった感じで使いますね。

    クラスター?オムニバス?

    数年前からよく耳にするようになったクラスターという言葉ですが、岡山大学文学部でいうクラスターはクラスターエッセンスのことを指し、「学術分野を横断する論点について講義する授業」を意味します。

    オムニバスも同様の授業のことです。

    ふつうに「水曜のクラスターってさ・・・」といった感じで使いますが、他の人が聞いたらなんのこっちゃって感じですよね(笑)

    GSAS(ジーザス)?

    岡山大学文学部では複数の学術分野の研究をおこなうことができ、最終的には専門を1つ決めて卒業論文を作成することになります。

    その1分野にあたる「地理学・社会学・文化人類学・社会文化学分野」の名称があまりに長い。

    そのため生まれた言葉が、頭文字をとった「GSAS」という言葉です。

    わたしはジーザス所属なので、文学部内の自己紹介では「ジーザスに所属してます、そらんです」ということがあります。

    ただそんなことを知らない人が聞けば、通常、ジーザスは神のことを意味しますからね、おかしなこと言ってんなと思われること間違いなしです(笑)

    大学学部独自の専門用語を使う際は要注意だということが、お分かりいただけたと思います!

    さいごに

    冒頭の続きをお話したいと思います。

    肌寒くなってくると(受験は冬の季節にあるので)、受験生のことを思い出す感覚もあります。

    受験を終えると、恐ろしいことに、受験の大半を忘れます。

    あれだけ苦しんだこととか、寝る間も惜しんで勉強したこととか。

    詳しくは覚えてなくても、あれだけ苦しかったな、寝る間も惜しんで勉強したな、ということは思い出すんですよね。

    いまこの大学受験の秋冬は、永遠に続くことはありません。

    これから回顧する時間のほうが、圧倒的に長い。

    悔いのないように。

    ご相談したいこと・不安なことがあれば、「先輩ダイレクト」へ!(#そらん@先輩 で指名質問もお待ちしています!)

    そのほかにも大学に関する記事を書いていますので、見ていただけると嬉しいです!

    文学部ってこんなとこ!

    大学生の1日ってこんな感じ!

    <この記事を書いた人>
    岡山大 そらん

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。
    ※画面上部の「志望大」から先輩達の他の記事も見られます。

     
    • #志望大選び
    • #学部・学科選び
    • #リフレッシュ

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング