【東工大】「挑戦」のための出願大戦略~3グループに分けて考える!~

  • 志望大

この記事を書いた人

東京工業大学 環境・社会理工学院 土木・環境工学系  すい先輩

  • 先輩に相談する

    【東工大】「挑戦」のための出願大戦略~3グループに分けて考える!~.png

    皆さん、こんにちは!

    受験勉強は順調に進んでいるでしょうか?

    ...ふむふむ。「第一志望とのレベルの差が大きくて、志望大を変えなくて良いか不安」?

    確かに、受験までの日が短くなってきている中で、成績が伸びないと辛いですよね...!

    私自身、高3のこの時期に受けた最後の記述模試で、第一志望がD判定と、決して合格に近いとはいえませんでした。

    ですが、自分で決めたことを最後まで曲げたくなかったので、志望大を変えることなく、勉強を続けました。

    こうして思い切ってハイレベルな大学へ挑戦できたのは、「うまくいかなかったパターン」を考えて併願校を決めていた、というのが一つの要因としてあります。

    そこで今回は、「挑戦のための出願大戦略」として、私がどのように出願大(本命+併願)を決めたのか、ご紹介したいと思います!

    果たして、その選び方とは...?

    「挑戦校・目標校・安全校」の3つを考える!

    挑戦校・目標校・安全校.png

    私は出願大を考える時、大学を「挑戦校・目標校・安全校」の3つに分類して、それぞれのグループにおいて、2~3校ほど大学を選ぶようにしていました!

    これは今後の勉強で、「想像以上に成績が伸びた!」というような大成功パターンから、「全然成績が伸びない、何なら少し落ちたかも...」というような大失敗パターンまで、どのような成長の道筋を描いても良いようにしたためです。

    特に「うまくいかなかった時」まできちんと考えたことで、「仮に第一志望がダメでもこの大学には行けるはず」と、精神的な落ち着きを得ることができ、第一志望に向けた勉強に集中することができたと思います。

    ここからは「挑戦校・目標校・安全校」のそれぞれについて、より詳しくお話ししていきますね!

    挑戦校:「行きたい」という気持ちを最優先!

    挑戦校.png

    まずは一番上の「挑戦校」。

    私の場合、第一・第二志望がこれに当てはまっていました。

    (現在通っている東工大も、もちろんこの「挑戦校」でした。)

    このグループの大学は、もう決まっている方も多いと思います。

    もしまだ決まっていない方がいれば、「行きたい、目指したい」という気持ちを大事に選んでみましょう!

    こうした気持ちがあれば、今の学力より多少上のレベルの大学を選んでも良いと思います。

    (私は「ここから勉強が上手くいけば手が届くかも...?」くらいを基準にしていました!)

    目標校:自分の実力に見合ったレベルを

    目標校.png

    挑戦校の一つ下のグループが、「目標校」です。

    私の場合、第三~第五志望がこれに当てはまっていました。

    ここからはいわゆる「滑り止め」の意味合いが強くなるので、現在の自分の学力レベルなど、現実的な要素も踏まえて考えます。

    私は「この調子で勉強が進めばまあ戦える」くらいを基準に選びました。

    (模試で言うと、A~C判定を行き来しているような大学です。)

    このグループをしっかり考えて、進学しても楽しめそうな大学を選んでおくことで、安心して上位校に挑戦できると思います!

    また、挑戦校との科目の兼ね合いも考えましょう。

    「挑戦校で使わない科目を受験で使う...」といったことは、なるべく避けたいところです。

    安全校:余裕を持って合格できる大学を

    安全校.png

    最後のグループは、「安全校」です。

    私の場合、第五志望以降がここに当てはまっていました。

    このグループでは、目標校よりさらに「滑り止め」としての役割が強い大学を選びます。

    私の場合、「この調子で勉強できれば余裕持って合格できる」くらいを基準にしていました。

    (模試で言うと、ほとんど常にA判定を取れているような大学です。)

    こちらも目標校と同じく、しっかり選んでおくことで、挑戦校へ向けての勉強に集中することができると思います。

    また、このグループの大学の対策には、あまり時間をかけないのがベストです。

    そのぶんの時間を、より上位の志望大の対策にあてるようにしましょう!

    私の場合、対策の時間を削減するために「共通テスト利用形式」で受験できる大学を選びました。

    このように、入試形式を工夫できないか考えるのも良いと思います。

    おわりに

    改めて、今回の内容をまとめたものがこちらです!

    まとめ.png

    繰り返しになりますが、「うまくいかなかった時」のこともしっかり考えておくことで、安心して上位校に挑戦できると思います。

    併願校も本命と同じくらい、じっくり考えてみてくださいね。

    【10/25夕方録画公開】進路セミナー

    そろそろ出願大を決めたい時期。

    「第一志望大は決まっているけど、併願大ってどう決めればいいの?」「模試の結果ってどう使えばいいの?」

    そんな悩みがある人はいませんか?

    10/22(土)に実施した進路セミナーでは、併願大を含めた志望大決定のポイントを、進路のプロが伝授!

    10/25夕方録画公開予定なので、見逃した人は録画をチェックしましょう!

    参加はコチラから

    ※見逃した人も、録画を「アーカイブ(過去の授業一覧)」から見ることができます。

    【東工大】「部活」も「D判定」も乗り越える!私のリアルな「9月から受験本番までの学習戦略」

    <この記事を書いた人>
    東京工業大・すい

    模試の志望大学・学部書く欄狭すぎ問題

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。
    ※画面上部の「志望大」から先輩達の他の記事も見られます。

     
    • #志望大選び

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング