【医学科】衝撃の真実!?医学部6年生が明かす「医学部あるある」!

  • 志望大

この記事を書いた人

香川大学 医学部  ふゆはる先輩

  • 先輩に相談する

    スライド1.jpeg

    みなさん!こんにちは!

    香川大学医学部先輩チューターのふゆはるです!

    みなさん、医師、医学生にどんな印象を持っていますか?

    すごい真面目で勉強ばかりの賢い人たちとか、硬いイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

    普段、医学部生と会うこともなく、その実態はきっと謎なはず。

    そんな謎だらけの世界を、先輩方とのコラボ記事として、少しでも紹介できればと思います。

    題して、「衝撃の真実!?医学部6年生が明かす医学部あるある!

    今回は医学部6年生の先輩チューターの雪羽さんとふぁーじーさんから「医学部あるある」をお聞きし、医学生の実態を調査していきます!

    それでは早速行ってみましょう!

    ふゆはる:雪羽先輩、ふぁーじー先輩、よろしくお願いします!

    雪羽・ふぁーじー先輩:よろしく!

    医学部あるある1 健康相談されがち!

    スライド2.jpeg

    ふゆはる:ではまずは、雪羽さんから、お聞きします!

    雪羽さんが6年間で感じた医学部あるあるってどんなものがありますか?

    雪羽先輩:やっぱり一番は健康相談をされることかな?

    友達や家族にここが痛いんだけどって相談されることが多いね!

    ほくろか分からないできものがあるんだけど、これ何?とかって聞かれたことあるよ!

    ふゆはる君はそんな経験はない?

    ふゆはる:似た経験あります!

    バイト先の方にワクチンについて聞かれたんですけど、医学部の最初って全然医学の勉強してないから答えられなくて困りました...

    あの時は適当に答えるわけにもいかないし、でも答えられないし、って複雑な思いになりました。

    ふぁーじー先輩はどうですか?

    ふぁーじー先輩:そうだよね!

    僕も相談されることがあるからよく分かるよ!

    前にあったのは、風邪っぽい症状がしばらく治らないんだけど、っていう相談!

    上級生になっても分からないことはあるし、重たい病気の可能性もあるから、気になるなら早めに病院に行ってほしいなって思う時もあるんだよね。

    ふゆはる:そうなんですね!先輩方もそんな感じだったのですごく安心しました。

    医学部あるある2 医療ドラマは現実ではない!

    スライド3.jpeg

    ふゆはる:先輩方は他にあるあるってあったりしますか?

    雪羽・ふぁーじー先輩:医療ドラマ!!

    雪羽先輩:医療ドラマってやっぱり実際の現場とは全く違うんだよね。

    例えば、毎日のようにオシャレしてるとか!(笑)

    ふゆはる:そこなんですか!

    でも今、学生の間もそんな余裕ないことが多々あるので確かにそうかーって感じですね。

    雪羽:そうそう!

    他には、ドラマチックな出来事が頻繁に起きるわけではないし、病院のルールや病気への対応方法が実際とは異なる時があったりするよ!

    だからドラマのような感覚で実際の現場に出るとギャップを感じることは多いよ。

    ふぁーじー先輩:そうなんだよね!

    だから、むしろ、どこか違うところはないかな?って思いながら見てしまうんだよね。

    ここで、これはあまりしないんじゃないのかな、みたいな!

    ふゆはる君も、実際の現場を見れるようになると様々なことを感じられると思うよ!

    ふゆはる:そうなんですね!まずは、現場に出られるように勉強頑張っていきます!

    医学部あるある3 将来の診療科を決めたのはいつ?

    スライド4.jpeg

    ふゆはる:先輩方はどの診療科に進まれるとかって早い段階で決まっていたんですか?

    ふぁーじー先輩:僕は5年生の頃に循環器内科に進もうかなって考え始めたよ。ふゆはる君は、もう決まっているの?

    ふゆはる:僕は入学の前から小児科にずっと興味があって、将来進めたらなって思っています。

    ふぁーじー先輩:そうなんだね。実は入学の時に決まっている人はそれほど多くないんだ。

    5・6年生になってから方向性が決まってくる人も多いから、受験生時代に思っていた医学部や医師に対するハードルより実は低かったりするんだよね。

    雪羽先輩はどう?

    雪羽先輩:私も実習で現場を見てから具体的な進む診療科を考え始めたよ!

    実際に病院に行って実習に参加すると、本当にたくさんの事を学べるんだ!

    その上で、今は救急か産婦人科に進みたいなって考えているよ。

    ふゆはる:そうなんですね!

    先輩方の進む診療科や決めた時期の話を聞くと、高校生の時は、すでに進む方向性を決めている医学部の人が多いのかなとか思っていたので、もっとハードルを下げて考えていてもよかったのかなと思いました!

    今回はとっても勉強になりました!

    雪羽先輩、ふぁーじー先輩、今回はどうもありがとうございました!

    雪羽・ふぁーじー先輩:こちらこそ!今回はありがとうございました。

    まとめ

    え、そうだったんだ!と思うようなものはありましたか?

    実は、医学部は他の学部と同じようにラフな部分もあったり、まだまだ医学的な事について知らないことも多くあったりするんです。

    この記事が医療系学部、特に医学部に進学を志望されている人たちに少しでも参考になれば幸いです!

    もし、他にも気になることがあれば、ぜひ、先輩ダイレクトで質問してください。

    みなさんの質問待ってます!

    そして、みなさんと共に医学を学んでいくことを楽しみにしています!

    次回の記事もお楽しみに!

    <この記事を書いた人>
    香川大 ふゆはる

    もう間も無く骨のテスト

    テストで何も分からなくて落ちる夢を見たのでこれから勉強始めます

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #理系
    • #進路選択中
    • #志望大選び
    • #学部・学科選び

    コメント(1

    波太郎

    2022年5月13日 13:07

    医学部の情報とても参考になり助かります!今後も学生生活など、配信していただけると幸いです!

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング