【東北大】「受験生」の定期テスト対策は「分ける」が吉!

  • 志望大

この記事を書いた人

東北大 経済  いろは先輩

  • 先輩に相談する

    【東北大】「受験生」の定期テスト対策は「分ける」が吉!.png

    日差しが強くなってきてそろそろ日焼け止めが必要そうだなぁと思っていたら、「紫外線量は冬も多い!」なんて記事を見つけてしまいちょっと萎えています。

    今年こそ日焼け止めを頑張りたいと思っていたのに...。

    どうも、東北大学経済学部のいろはです。

    さて、高校生のみなさんはそろそろ定期テストの時期ですね。

    特に推薦を検討している人は、志願書に使う成績を決める一大イベント!

    一方で、「受験勉強も本腰入れて進めたいなぁ」と感じている頃かと思います。

    そこで!今回は!!

    「受験生なのに定期テストガチ勢になりながら何とか国公立に一般前期で合格した」人から、定期テスト対策と受験勉強の両立法についてお伝えしたいと思います!!!

    勉強時間を分けるのが両立の鍵!

    勉強の時間をわけてみよう!.png

    受験勉強と定期テスト対策を両立させる一番のポイントはずばり!

    「それぞれの勉強時間をちゃんと分けてあげること」じゃないかなと私は思います!!

    定期テスト対策と受験勉強って、正直やっている内容もレベルも違うじゃないですか。

    そんなものを混ぜたらどれだけ勉強したかも今何やっていたかもわからなくなります。

    しかも、時間を分けないと「受験勉強上手く進んでいないから時間掛かっちゃって定期テスト勉強する時間がな~い!!!」みたいなことになります。

    ○今何をやっていて、目的は何なのかを明確にするため

    ○それぞれの進み具合が干渉して両方ともグダグダになるのを防ぐため

    に、勉強時間をしっかり分けてしまうのがオススメです!

    場所や時間帯を活用するとGOOD!

    場所と時間帯を活用しよう!.png

    じゃあどうやって分ける?という話ですが、私は「場所」「時間帯」でやることを明確に分けてしまうのが取り組みやすかったです!

    たとえば...

    「学校」で過ごす時間(始業前・休み時間・放課後)→定期テスト対策

    「学校外」で過ごす時間(放課後~夜など)→受験勉強

    のように、場所で分けると「学校にいる間しかテスト対策はできないから集中して頑張ろう!」とモチベUPにも繋がります!

    他にも、

    「昼休みまで」の時間(始業前・休み時間など)→定期テスト対策

    「昼休み以降」の時間(放課後の図書室・自宅など)→受験勉強

    のように「時間帯」で分ける方法も、終わらなかった分をズルズル引きずることが防げるので切り替えやすかったですよ~!

    実際にやってみた!

    といっても、実際問題どんな感じ...?となると思いますので、実際に私が高3の時のスケジュールを紹介します!

    じゃんっ!

    スケジュール例.png

    こんな感じで、「場所」「時間帯」で明確にやることを分けて、お互いの進み具合が干渉しないようにしていました。

    こうすることで、受験生でも思う存分テスト対策ができ、もし今後推薦入試など高校での成績が必要になる受験形式を選びたくなったときに後悔せずにすむんじゃないかなと思います!

    さらに、どちらかだけをやるよりも気分転換になって、精神的に追い詰められにくかったような気がします...!

    (それでも十分追い詰められていたような...)

    他にもこんな方法があります

    今回は時間や場所でやることを分けて両立させる方法を紹介しましたが、他にも「定期テスト対策を従来より絞って受験勉強に割く時間を確保する」という方法もあります。

    たとえば...

    ○受験で使う&高3で初めて習う科目→定期テスト対策を頑張る

    ○受験で使う&高2までの復習の科目→定テ対策と受験勉強を半々くらい

    ○受験で使わない科目(主要教科)→暗記や平均点死守レベルに留める

    ○受験で使わない科目(実技教科)→直前に暗記で追い込み赤点回避狙い

    のように、受験で使うかどうか・定期テスト対策が受験に繋がるかなどでメリハリをつける方法もあります!

    また、受験で使う科目でも国語などは「授業がメインの定期テスト」「初見問題がメインの入試」では対策が違ってくると思うので、自分の状況に合わせて選ぶのもアリです。

    ただ、あまりにも絞りすぎて赤点を取って補講...となると、結局時間ロスになってしまうので「全部ある程度は勉強する」のが一番無難かもしれません...


    受験生になると、これまで当たり前に行ってきたことに対して「本当にこれに時間割いていいのかな...?」と考えちゃいますよね。

    それ自体はしっかり受験と向き合っているからこそなので、ぜひそんな自分を大切にしてほしいなと思います。

    と同時に、受験生であっても「高校生」であることには変わりないので、やりたいことがあったらぜひ諦めず「全部やるつもり」で飛び込んでほしいと私は心から思っています!

    ぜひ充実した高校生活にしてください☆

    \困ったときは相談してね/

    先輩ダイレクトへ

    <この記事を書いた人>
    東北大 いろは

    ちなみに私は夏明けまで指定校推薦を狙っていたので定期考査ガチ勢でした。ついでに秋冬も授業のグループ研究に注力していたような...受験期を捧げた『舞姫』は一生忘れません。

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #部活だいじに
    • #テスト一発逆転
    • #時間がない

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング