【同志社大】受けてからが勝負!この時期おすすめ模試復習法

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/010401/

この記事を書いた人

同志社大学 法学部  ゆのたん先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【同志社大】受けてからが勝負!この時期おすすめ模試復習法.png

    受験生のみなさん、こんにちは。

    同志社大学法学部先輩チューターのゆのたんです。

    志望大の冠模試など、実践的な記述模試を受ける機会が多い時期ではないでしょうか。

    そこで今回は、記述模試を受けたあとの復習のコツを教科別にご紹介します!

    私が実際にやっていた方法なので、トクイ・ニガテや志望大入試の配点のバランスなどを考慮して、自分に合ったものを取り入れてみてくださいね。

    英語

    配点が高く、単語や表現の勉強にもなる長文を重点的に。

    私は、ノートに英文と問題文を貼り付けて、文構造を書き込んでいました。

    分からない単語や表現は、小さめのノートにまとめて、マイ単語帳を作っていました。

    持ち運べるので、どこでも見ることができて便利です!

    国語

    まず現代文の記述は、問いに過不足なく答えることが高得点のカギ。

    話の流れを正確にたどる練習として、解説を見ながら展開図を書く方法がオススメです!

    解答に自分の主観を入れてしまって減点されがちな人は、要約も効果的です。

    文章に書いてある内容は変えずに、字数に応じて自分の言葉も使いながら、必要な情報だけをまとめることを意識しましょう。

    古文の読解のポイントは主語。

    敬語は頻出のうえ、主語特定のヒントにもなるので重点的に復習を!

    古文や漢文は単語も重要。

    英語と同様、知らなかった単語や表現をまとめた単語帳を作っておくと役立ちます。

    数学

    頻出の型は飽きるくらいまで繰り返し解いて、覚えてしまいましょう。

    完答はできなくても、自分のレベルに合わせてここまでは自信を持って解ける!というところまで徹底を!

    私は数学がニガテだったので、難問は潔く諦めて、標準的な問題で着実に得点できるように意識していました。

    ニガテな人は特に、合格ラインに必要なレベルを見極めて線引きをするのが良いと思います。


    以上、今回は記述模試の復習のポイントについてお話しました。

    模試は結果にとらわれすぎず、じっくり復習して次につなげていきましょう!

    それでは、また次回の記事で。

    <この記事を書いた人>
    同志社大 ゆのたん

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #予習復習
    • #模試

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング