【東北大】AでもEでも判定に悩んだら読んでほしい記事。

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/010370/

この記事を書いた人

東北大 経済  いろは先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【東北大】AでもEでも判定に悩んだら読んでほしい記事。.png

    後期が始まり、早速授業の録画がたまり始めて萎え気味です。

    みなさんはチャレンジ、溜まっていませんか?

    ...愚問でしたね。すみません。

    どうも、東北大学経済学部のいろはです。

    さて、10月11月は模試ラッシュ。

    夏の模試が返ってきたと思えば今週末も模試、なんて人もいるのでは?

    そこで増えるお悩みが「判定に悩んでしまう」問題。

    E判定で不安はもちろん、C判定で伸び悩む人も、A判定だからこそ不安を感じる人もいると思います。

    私も、最下位判定でショックだったこともあれば、BやCだけどすごく辛かった時期もありました。

    そこで!今回はそんな「判定に悩めるみなさん」の為の記事を書こうと思います!

    D・E判定:まだ間に合う

    D・E判定の君へ。.png

    まずはD・E判定、もう文字だけで不安になりますよね。

    私も、ちょうど10月~11月の模試は何故かD判定ばかりで、私立に至ってはE判定...萎え...ということもありました。

    でも、所詮判定は判定です。

    本番受かればいいのです。

    だから「本当に行きたい大学」なら、諦めないで貫いてほしいなと思います!

    D・E判定にオススメの勉強法

    そんなE判定の方にオススメの勉強法は「BまたはC判定を目指す」ことです。

    A判定目指さないの?と思うかもしれませんが、D・EからAになるにはギャップが大きすぎて、使える時間に対してやることが多くなってしまい、すべてが手薄になってしまう可能性が高いです。

    それよりは、合格可能性もある程度あり、現状からでも手が届きそうなB・C判定を目指した方が堅実です。

    絶対対策すべき(配点が高いのに点数が取れない/ちょっと勉強すれば伸びそう)科目を優先的に対策して、残り少ない模試でB・C判定が取れるように勉強してみましょう!

    全部を頑張るのは無理なので、くれぐれも「下克上で満点取ってA判定とってやる!」とはならないようにしてください...。

    また、今の判定でも安心して第一志望を貫くためには、併願校の選定も大切になってきます。

    「あまり考えていなかった...」「併願校も判定が悪い!」という人は、安全校を中心に併願校を考え直しておくと、思いっきり第一志望を貫けます(^^)

    B・C判定:恐れずに突き進もう!

    B・C判定の君へ。.png

    次にB・C判定、中には「高2からコツコツ勉強してきてしばらくC判定で落ちないけど伸びない...」という人もいるかもしれません。

    また、「E判定からの逆転合格!はあるのにC判定って何もない...大丈夫かな...」と不安になる人もいるかもしれません。

    ですが!

    B・C判定が取れているというのは紛れもない事実で、それは今までちゃんと勉強してきたからだと思います。

    高3夏の勉強が効いて初めてB・C判定!という人も、努力が結果に繋がったからで、きっと偶然じゃないはずです。

    周囲からのフォローが少なく、どちらにでも転びそうだからこそ不安になってしまう人もいる判定ですが、自信を持ってください。

    B・C判定にオススメの勉強法

    そんなB・C判定の方にオススメの勉強法は「現状維持とちょっとの挑戦」です。

    合格まで手が届く位置にいるので、無茶して超難問をやったり志望校を下げたりする必要性はないと思います。

    その分、今できていることがこれからの模試や入試本番でも出来るように、隠れニガテの撃退や忘れ防止の演習、緊張に慣れるなど、「今できること」を失わない努力をしてあげてください!

    また、まだ共テ・二次試験の形式に慣れていないという人は、そろそろ過去問に挑戦しても良い時期なので、ちょっと挑戦してみるのもオススメです。

    C判定安定組の私は、この時期センター過去問は本番の目標点を目指して解く、二次試験過去問は出来る範囲でOKくらいの気持ちで解いていました。

    A判定:自信を武器に走り抜けよう!

    A判定の君へ。.png

    最後にA判定、めちゃすごいと思います。

    メディアでは何かと「逆転合格」が取り上げられますが、B・C判定同様、ちゃんと努力してきてそれが現時点で形になっているのだから、それってすごいことです。

    周りからは油断するなと言われたり嫉妬されたりするかもしれませんが、自分の努力と判定に自信を持って本番まで走り抜けましょう!

    A判定にオススメの勉強法

    そんなA判定さんにオススメの勉強法は「過去問レベルと基礎の併用」です!

    既に判定がよく、基礎も固まっているのであれば、合格への100題や志望大の過去問などに取り組んでいきましょう!

    ただし、難問ばかり取り組んで基礎が抜けてしまったり、隠れニガテを放置してしまったりすると危ないので、「本当に理解出来ているか?」「どこかに落とし穴はないか?」を常に確認しましょう。

    勉強が出来る人ほど、感覚で解けてしまうからニガテが見つからない、なんてこともあります。

    せっかくの判定と自信を無駄にしないためにも、挑戦をしつつ基礎の確認もしてあげてください!


    ということで、今回は「判定について悩んだら読んで欲しい」というテーマで書いてみました。

    私自身、高2から勉強をしていてほぼずっとC判定。

    高3から勉強を始めた友人は「Cになった!」と喜べるのに、代わり映えしない判定の私はいつも逆転不合格におびえる日々でした。

    でも、所詮判定は判定なんですよね。

    もちろん、A判定は合格の可能性が高くて、E判定は現状厳しいというのは事実です。

    「合格できそう」「今のままでは厳しい」というのは事実だからこそ、しっかり受け止めて頑張るべきなのかなぁと思います。

    A判定でも、E判定でも、受かる人は受かります。

    「自分は受かる人だ」と信じて、愚直に勉強していきましょう!

    それではみなさんの受験が充実したものになりますように。

    心から応援しています!

    \困ったときは相談してね/

    先輩ダイレクトへ

    <この記事を書いた人>
    東北大 いろは

    思い返せば10月から12月にかけて6週連続で週末模試でした...プラスで平日にも模試があるし、仙台や神奈川にも行っていたので、よく心身共に持ったなと思います。

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #志望大選び
    • #学部・学科選び
    • #ニガテ何とかしたい
    • #テスト一発逆転
    • #時間がない

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング