【横浜国立大】判定が悪くてもあきらめないで!今から挽回するコツ

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/010355/

この記事を書いた人

横浜国立大学 理工学部  みっきゃん先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【横浜国立大】判定が悪くてもあきらめないで!今から挽回するコツ

    みなさん、こんにちは。横浜国立大のみっきゃんです。

    この時期になると、模試を受ける人も多いと思います。

    模試を受けると志望校判定が出ますよね。

    判定で一喜一憂しないようにとは言いますが、やはり気になるものですよね。

    判定がいまいちだと、不安とか焦りに襲われると思います。

    そこで今回のテーマはこちら!

    「判定がいまいちでも大丈夫!これから挽回するコツ」

    判定が良くなかった人も、そうでない人も、ぜひ参考にしてくださいね!

    「合格への100題」の解き直しをしよう

    「合格への100題」の解き直しをしよう

    勉強した分だけ力はつきます。

    それが模試の結果に現れるかというと、必ずしもそうとは言えません。

    例えば基礎固めをしっかり終わらせた段階ですと、共通テスト形式の模試は成績が上がることがあります。

    二次試験レベルの模試だと、基礎固めを終わらせただけではなかなか点数が取れません。

    しかし、このように、勉強した分だけ確実に力はついてはいますが、それが模試の結果に現れるかというのはまた別問題です。

    模試の結果に現れるのは、「模試のレベルに合った知識・考え方をマスターしたとき」です。

    大事なのは「マスターしたとき」というところです。

    一度解いて間違えてしまった問題は、そのままでは「マスターした」とは言えませんよね。

    きちんと解説を読んで理解して、時間をおいて解き直しをして自力でできたとき、「マスターした」と言えます。

    ということで、毎月の「ゼミ」教材を進めるだけでなく、前の教材の復習も並行して進めましょう。

    やることが増えて大変ですが、解き直しをまだやっていない人は今から始めないと本番に間に合いません!

    復習をしてほしい教材は「合格への100題」です。

    受講していない場合は、「大学受験チャレンジ」や自分が使っている問題集などを復習して、しっかり解けるようにしましょう!

    過去問に取り組もう

    過去問に取り組もう

    「まだ過去問を解けるだけの力はないよ」と思っている人はいませんか?

    安心してください!

    この時期に、過去問が完璧に解ける人はいません。

    でも、今から過去問を解くことが大事なのです。

    ゴールがわからずに走っても、ゴールにたどり着けません。

    だから過去問を解いてゴールを常に把握しながら走ることが大事なのです。

    また、過去問でできなかったところを「ゼミ」教材を使って復習すると効果的です。

    まだ過去問に取り組んでいないという人は、ぜひ取り組みましょう!

    まとめ

    今回は「判定がいまいちでも大丈夫!これから挽回するコツ」について紹介しました。

    ポイントは次の2つです。

    ・「合格への100題」の解き直しをしよう

    ・過去問に取り組もう

    今からの頑張り次第で十分挽回可能です!

    諦めずにやった人だけにチャンスがあります。

    一緒に最後まで駆け抜けましょう!

    最後まで読んでくれてありがとうございました!

    <この記事を書いた人>
    横浜国立大 みっきゃん

    ※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング