【千葉大】時間が命!「時間」を意識した過去問+模試の活用法!

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/010279/

この記事を書いた人

千葉大学 工学部  にゃんた先輩

  • 先輩チューターに相談する

    9月28日 画像.png

    こんにちは!にゃんたです。

    だんだん寒くなって、秋っぽくなってきましたね。

    いよいよ共通テストまで3ヶ月ですね...

    残り時間も少なくなってきたので、ここからは「時間への意識」を今までよりも高くしていきましょう!

    今回は時間に注目して、過去問や既に受けた模試の問題の活用方法を紹介したいと思います!

    目的で使い分ける

    私は、センター試験の過去問や、模試の問題の目的を2つに分けていました。

    1つ目は問題演習

    2つ目は苦手を克服

    この2つの目的に応じて、それぞれ勉強のやり方を変えていました!!

    問題演習として活用する

    1つ目の問題演習を目的にするとき、私は過去問などを「テストのように解く」というのをやっていました。

    これは、「時間帯と制限時間と教科の順番」を当日の試験と全く同じように設定し解くというやり方です。

    要するに、本番と同じような状況を作り、緊張感を持って取り組む、という方法をやっていました。

    模試では、1日で全ての教科をやったり、間の休憩時間が短かったりと、本番と同じ環境であるかというと、少し違いますよね。

    実際の試験では休憩時間が長いので、「休憩時間も含めてどう過ごすか」ということをこの時期から練習しておくことをオススメします!

    苦手を克服をするためのドリルとして活用する

    2つ目の苦手克服を目的とするときは、「時間がかかってしまう大問を、時間を決めて解く」ということをしていました。

    例えば、数学の赤本の数学2B大問1が苦手で、いつも点を取れなかったとします。

    そしたら数年分の数2B大問1の過去問だけをひたすら解く!といった感じです。

    この時も「かかった時間を測る」ということや、自分で時間を決めて「何分以内に解く」ということをして、自分自身に時間のプレッシャーを与えながらやるということを意識していました。

    まとめ

    共通テストは、知識ももちろんですが、何よりも「時間」が命です!!

    この時期からは、今まで以上に時間を意識して、プレッシャーに強い自分に鍛え上げてください!

    今回の記事はこれで終わりです!

    以上、にゃんたでした!

    <この記事を書いた人>
    千葉大 にゃんた

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #文系
    • #理系
    • #ニガテ何とかしたい
    • #テスト一発逆転
    • #時間がない
    • #整理術
    • #模試

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング