【神戸大】共通テスト対策~ここからさらに高得点を狙おう!~

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/010207/

この記事を書いた人

神戸大学 工学部  おむすび先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【神戸大】共通テスト対策~ここからさらに高得点を狙おう!~

    はじめまして!

    神戸大学工学部建築学科のおむすびです。

    トクイ教科は、国語。苦手教科は、数学です。

    高校時代はハンドボール部でした。

    これからどうぞよろしくお願いします!

    秋も半ばに差し掛かりましたね。

    たくさんの模試を受けてきたのではないでしょうか。

    成績が大きく伸びた人もいれば、伸び悩んでいる人もいることと思います。

    今回はそんな皆様に、私の経験をもとに、今から共通テストまでにできる得点アップ法をお伝えしたいと思います!

    成績が伸びた人も、伸び悩んでいる人も、ここから得点をアップして、自信を持って本番に挑みましょう!!!

    英語は一番の伸びしろかも

    「得点率6割~8割くらいの点数からなかなか伸びない...」という方!

    そんな方々にとっては英語が一番伸びやすいかもしれません。

    なぜなら、英語で得点率6~8割の方はおそらく基礎はできていると思うので、あと一工夫で一気に点数がアップするかもしれないからです。

    私自身、これから述べる方法を試してみると、一気に点数がアップしました。

    皆様もぜひ試してみてください!

    リーディング

    今回紹介するのは、解く順番を変えるというものです。

    私は、高校時代、友達に勧められて、「後ろから解いてみる」という方法を試しました。

    後ろから解くと、集中力のある初めのうちに難しい問題に取り組めます。

    それによるメリットをいくつかご紹介しますね!

    ・解答時間を短縮できる。

    ・時間が無くなってきて、焦って解いたとしても、残っているのは簡単な問題なので、間違いが減る。

    人によって、どの順番がベストなのかは異なると思います。

    ぜひ、これからの模試や予想問題の演習で試して、自分にぴったりの解き方を見つけてください!

    リスニング

    ここでは、「聞き取れない!」ということで点数を落としてしまう人にオススメの勉強法をご紹介しますね!

    その勉強法とは、速めのシャドーイングです!

    もうすでに取り組んでいる人もいらっしゃるかと思いますが、これは本当にオススメです。

    私が行っていたシャドーイング方法は次のようになります。

    【使用するもの】

    学校で使うCD付きのリスニング問題集

    【手順】

    1:標準の速さで放送文を見ながら2回聞く。

    2:放送文を2回音読する。

    3:標準の速さで2回シャドーイングをする。

    4:1.5倍速で2回シャドーイングをする。

    参考にしていただければと思いますが、他にも方法はありますので、時間や優先順位に合わせて自分に合った方法で行ってください!

    理科は二次試験対策に重点をおこう!

    「共通テストも不安だけど、二次試験も不安...」と

    感じている方は多いのではないでしょうか。

    そんな皆様に!

    理科に関しては、二次試験対策を重点的に行うこ

    とが共通テストの得点アップへの近道になると思

    います!

    ただ、私は、物理・化学を選択していたので、他の

    科目に関しては、少し違うかもしれません。

    なぜ理科なのか?

    もちろん、他の教科でも個別試験対策は共通テストの得点アップにつながります!

    しかし、理科は問題パターンがある程度決まっています。

    個別試験で勉強した問題とよく似た問題が共通テストで出ることも多いです。

    つまり、理科は、個別試験の勉強が共通テストと直結しやすいということです。

    だから、個別試験の勉強をすることが共通テストの得点アップへの近道になると思います!

    最後はやっぱりコレ!ケアレスミスをなくそう!

    共通テストといえば、マーク方式ですよね!

    ということは、やっぱり怖いのはマークのズレ!

    皆様も共通テスト模試などでもう感じているかもしれませんが、共通テストはセンター試験よりマークミスが起きやすいと、私は、昨年感じました。

    私は、マークミスが多いタイプだったので、ある工夫をしていました。

    ここでは、それを紹介するので、参考にマークミスをなくして、実力を発揮しましょう!

    工夫① 問題集の表紙にミスしやすいところを書く

    演習前に何度も見て気をつけることを習慣化しましょう!

    工夫② 大問ごとに毎回確認

    万が一ミスがあっても被害を最小限に抑えられます!

    工夫③ わからなくてもとりあえずマークしておく

    マーク欄を空けておくのはマークズレのもとです!

    工夫④ 最後の5分は確認の時間に

    最後の5分粘るのも大事だけど、それよりもマークミスなどのケアレスミスをなくす方が得点アップできます!

    まとめ

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    試験が近づいてきて、不安に思う気持ちよくわかります...

    あと一歩、得点アップして自信を持って試験に挑みましょう!

    何かあればぜひ先輩ダイレクトで質問してください!

    志望校合格へ向けて一緒に頑張っていきますので、よろしくお願いします!

    <この記事を書いた人>
    神戸大・おむすび先輩

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング