【大阪大】ポイントを押さえて!~共通テスト効率的対策術3か条~

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/010169/

この記事を書いた人

大阪大学 法学部  ちょっぴい先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【大阪大】ポイントを押さえて!~共通テスト効率的対策術3か条~

    こんにちは、先輩チューターの ちょっぴい です!

    いよいよ受験も後半戦に突入!

    「共通テスト対策をしたい!」と思いつつも、「二次試験対策に時間がとられて、時間がない...」って困っている人もいるのではないでしょうか?

    そこで今回はそんな皆様に、私の経験をもとに、受験後半期にやるべき「共通テストの効率的対策術」を紹介したいと思います!

    まずはここで紹介しているポイントを意識して、共通テストへ進んでいきましょう!!

    ①共通テスト対策で基礎基本を固めよう!

    共通テストは基本的な内容を問う問題が頻出。

    共通テスト対策で見つかった穴は、二次試験での穴とも言える

    共通テスト対策は、二次試験を戦うための基礎固めとしても役に立つと考えて、積極的に取り組もう!

    ②共通テスト型の模試の見直しを丁寧に!

    二次試験対策が受験勉強の中心となる中、共通テスト型模試の見直しは、普段時間がとりにくい分、共通テスト対策の中での比重が大きくなります。

    私が行っていた見直しの方法

    まず、見直しの際に、間違えた問題は正解を見る前にもう一度(2、3分でいいので)考える

    次に、正解を確認し間違えた問題はなぜ解けなかったのかを分析する。

    そのあと、解答解説を全部読んで、解き方のポイント等で役に立ちそうなものがあったら、共通テスト対策術ノートに書きこんでいく。

    これに加えて、自分が演習する中で、時短に使えそうなテクニックを見つけたり、編み出したりしたら、その都度書き留めておく

    そして、次の模試の前日にノートを見返してレベルアップして試験に臨む、といった感じです。

    特に、共通テストが過去問が1年分しかないので、実戦形式の共通テスト型模試の見直しの効果は絶大!

    ③『大学受験チャレンジ』をフル活用する!

    「速攻アプローチ」を習得していますか?

    「速攻アプローチ」は大学受験チャレンジの問題ページの前のページや、解答解説に載っている、時間が厳しい共通テストにおいて超有効な時短テクニックです!

    私の経験

    私は去年「速攻アプローチ」には本当に助けられました。

    英語の共通テストが、解くのに時間がかかり、本番の緊張状態の中で正確に解ききれるのか不安でした。

    しかし、「速攻アプローチ」を4月号から全部見返して、特に使えそうなテクニックをノートに書き出して、演習の際に意識して実践するようにすると、7~8分の時短に成功しました!

    去年は本番で問題形式が変わりましたが、この7、8分があったおかげで落ち着いて解ききることができました。

    試験時間が厳しい共通テストは「速攻アプローチ」で攻略しましょう!

    最後に

    ポイントを押さえて共通テスト対策を進めよう!

    わからないこと、つまずき、悩みがあったら、ぜひ「先輩ダイレクト」で質問してね!

    <この記事を書いた人>
    大阪大 ちょっぴい

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて製作しております。

     
    • #時間がない

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング