【神戸大】共通テストは「時間」との勝負だ!【時短】

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/010112/

この記事を書いた人

神戸大学 経営学部  ぺーたー先輩

  • 先輩チューターに相談する

    p.png

    はじめまして!神戸大学経営学部・先輩チューターのぺーたーです!よろしくね!

    2学期も始まり、いよいよ実戦・共通テスト本番を意識していることだと思います!

    ただ、「いざ共通テストの問題を解いてみたら、時間が足りない...」というカベにぶつかっている人も多いのではないでしょうか??

    そこで今回は、僕が大学入学共通テストを実際に受験した際に使っていた【時短術】を伝授したいと思います!ひとつでもタメになる情報があればいいと思っています!!

    それではいってみよう!

    【時短術其の一】 大問を解く順番を変えてみよう!

    「大問1からやった結果、最後の大問を時間内に解ききれなかった....」

    「ほんとは解けたのに、時間がなくて焦って間違ってしまった....」

    なんて経験、ありませんか??そんな時は、、大問の解く順番を変えてみたらどうでしょう!?

    例えば、国語は暗記要素の多い古典からやる、数学は解答時間がある程度想像できる大問からやってみる、英語は文章全体を読まなければならない大問4.5.6を先にやるなどの工夫で、解ける1問を解き、1点を取りにいきましょう!

    【時短術其のニ】 先に設問をみよう!

    特に文系科目で、

    「結局この文章 / 問題文って何言ってるんだろう......」

    ってなったこと、ありませんか??

    そんな時には、先に設問をみましょう!!

    先に設問を読み、"何が問われているのか"を知ることで、文章においてどこを読めばいいのかがわかりやすくなり、文章に緩急をつけて読めるようになります!

    結果として、全てを血眼になって読むよりも負担が減り、時短に繋がります!

    【時短術其の三】 余白をうまく使おう!

    大学入試共通テストでは、焦りや混乱は命取りです!混乱しないように、情報を整理しましょう!!

    そのために、僕がおすすめするのが、余白を活用することです!

    数学を例に挙げると、計算をいろんな空きスペースにバラバラに書くのではなく、大きな空きスペースを半分に切って、上から丁寧に埋めていきます。

    そのおかげで、仮にどこかでつまずいてしまっても、視覚的に素早く間違いに気づけるようになります!!

    まとめ

    時間の余裕は心の余裕につながる。

    僕が伝えたいのはそれだけです!!!

    もっと知りたい!これを実践しても時間が足りない!ということがあればぜひ「先輩ダイレクト」へ!

    いつでも相談しに来てください!!

    <この記事を書いた人>
    神戸大 ぺーたー

    ひとり旅をしたいなあと思っています。

    ※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング