【お茶の水女子大】学校推薦型のリアル。ここだけの話、教えます

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/010096/

この記事を書いた人

お茶の水女子大 文教育学部  ゆーみぃ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【お茶の水女子大】学校選抜型のリアル。ここだけの話、教えます

    こんにちは!ゆーみぃです♪

    お茶大の学校推薦型選抜入試まで、約3ヶ月を切りましたね!

    私も推薦入試を受験したのですが、お茶大の推薦情報ってあまりネット上に出回っておらず、

    「お茶大の入試ってどんな雰囲気なの...?」
    「面接でどんなことが聞かれやすいの?」
    など、受験当日までいろいろな不安で押しつぶされそうだったんです泣

    そこで!今回は私の体験談をベースに、お茶大の学校推薦型選抜について、ネット検索ではたどり着けないようなグッと深いところまでお話しようと思います!!

    ※なお、私は「人間社会科学科」受験者ゆえ、他の学科の様子には精通していないことをあらかじめお伝えします。ご了承くださいませ。

    教室前方から入り、座席案内は隅々まで見るべし!

    まず、1日目の小論文受験について私の経験をもとにお話したいと思います!

    私が受験した年は、受験会場が学部ごとに分かれていました。

    最初に、自分の受験予定の学部棟のエントランスで出欠手続きをして、そこで学科の受験教室の場所を伝えられます。

    その後教室に入室するのですが、この時ぜひ「教室の前側(黒板のある方)のドア」から入室することをお勧めします。

    ...というのも、私自身が教室の後方から入室して、大失敗した経験があります。

    ↓当日の教室の見取り図がこんな感じ↓

    教室の見取り図

    私の時は、教室後方にも黒板にも座席表がなく、前側にしか座席表がなかったんです。

    そのため、私は当日の緊張などもあって、指定座席と違う席に座り、危うく欠席にされかける事態に...。

    こんな失敗で精神を削り、全力を尽くせないのは本当にもったいない!

    だから、入室時は冷静になり、座席案内にしっかり目を通すようにしましょう!!

    面接控え室は、意外と会話が弾むかも...?

    次に、2日目の面接について!(人間生活科学科は1日目)

    面接当日は、最初に学部ごとで一つの大教室に集められた後に、各コースごとの控え室に案内されました。(今年はコロナもあるので、大教室に集まることはないかもしれないですね)

    私の受験した教育科学コースの控え室は5~6人だったのですが、コースによっては1人のところや10人近く集まるところもあるので、受験者数によって変動があると思います。

    控え室は学科の図書室やそのコースの授業で用いる教室が使用されるので、自分の興味ある分野の著書や資料がたくさん置いてあり、テンションが上がりますよ!!(教育科学コースはコース図書室が使われ、教育の資料約1000冊以上に囲まれて幸せでした)

    さて、その控え室では、面接前に受け答えの確認や面接の脳内シミュレーションをしながら静かに過ごす...のかと思いきや、比較的会話が弾みました!

    各高校の面接資料を見比べたり、どうしてお茶大を志望したのか話したり...。そこでお話できたおかげで、リラックスして面接に臨めました。

    ちなみに、控え室で話した人たちとは入学後に会った時、「受験番号◯番の子だよね!?」と受験番号でお互いを呼び合い、健闘を称え合った(?)ので、控え室の時間が入学後の人間関係構築にも役立ったなぁと思います(笑)。

    もちろん、静かに集中して面接の順番を待ちたい!という方もいると思うので、自分のメンタルや状況に合わせて控え室での過ごし方を今から考えておくのも良いかもですね◎

    面接はコース所属の先生が総出!

    そして面接本番。

    私のコースでは、教室に入室するとコースの教授全員(6名)が集結して席に座っており、入った瞬間は先生方の威厳に押しつぶされそうになりました...。

    ちなみにコースによっては受験者:教授10名という圧倒的不利な構図になることもあるので、「自分のコースの教授は何人いるのかな?」と事前に調べておくと、心の準備ができますよ!!

    入室して自己紹介した後は、教授1人につき1問質問され、質問された内容はこの6つ。

    ①この大学・コースの志望理由を3分程度で話してください

    ②〇〇(高校時代の活動)ではどんなことをやりましたか?

    ③●●(高校時代の活動)でどんなことを学んだか?そう考えた背景は?

    ④△△(高校時代の研究活動)で、どんな学びを得られたか?

    ⑤小論文の出来は?

    ⑥なぜ学校教育ではなく民間教育にこだわるか?(将来の活動についての質問)

    過去→将来に沿って質問されている印象を受けました。

    志望理由については、冒頭で絶対に聞かれるので、3分以内に話せるように準備することをお勧めします。

    また、私も含めお茶大の受験者の多く(他コース含)が、「高校時代の経験」について、その学科・コースの学びと関連した質問をぶつけられたので、過去の経験について掘り下げておくと、面接で困らないかなと思います!

    ・自分がどんなことを学び、考えたのか(その経験からどんな仮説を立てたのかも考えられると良い)

    ・それを大学、将来にどう活かしたいのか

    そしてお茶大の入試で特徴的なのが、「小論文の出来」を質問されたこと...笑

    前日の小論文入試の感触や手応え、感想は受験後すぐにまとめておくと良いですよー!

    まとめ

    今回は「学校推薦型選抜」の裏側についてお話しました!

    「お茶大に向けた受験勉強で不安!」
    「時間配分のやり方がよくわからない...」
    というキミは『先輩ダイレクト』(会員のみ)でも質問してね!

    指名質問もお待ちしてます^^

    <この記事を書いた人>
    お茶の水女子大 ゆーみぃ

    受験番号2番だった私。1番だった子とは今でもすごく仲良しで授業や恋愛、就活の話などいろいろな面で支え合っています♪

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #文系
    • #理系
    • #進路選択中
    • #推薦入試ねらう

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング