【横浜市立大】模試でE判定...そんなときの気持ちの切り替え法

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009829/

この記事を書いた人

横浜市立大学 国際総合科学部  なっち先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【横浜市立大】模試でE判定...そんなときの気持ちの切り替え法

    こんにちは!先輩チューター、なっちです!!

    夏休みも終わり、模試をいくつも受けた人も多いと思います。

    模試を受けると必ず合格可能性判定が出て、その結果に一喜一憂するケースもありますよね。

    特にE判定が出ると、気持ちが下がってしまうと思います...

    今回は、模試の合格可能性判定でE判定を取ってしまったときの気持ちの切り替え法をご紹介します。

    模試の判定は本番の合否ではない

    問題

    当たり前かもしれませんが、模試の判定は入試本番の合否ではありません。

    あくまで模試を受けた時点での実力が評価されたものになります。

    模試でどれだけ悪い点数・判定を取ろうと、今の時点から挽回すれば何の問題もありません。

    それに、今からできることは、模試の結果を受け止めて今後の勉強対策を改善することであり、過去の結果を悔いることではありません!

    模試の結果は現状把握の材料として有効活用するという心持ちを忘れないようにしてくださいね!

    自分の弱点・強みを分析する

    勉強

    先ほども書きましたが、模試の結果を受けて今後の勉強対策の改善に活かすことが大切です。

    そのため、模試の判定にあまり固執するのではなく、どの単元の得点率が低い・高いのかという点に着目してみましょう!

    得点率の低い単元の問題は、苦手解消のために基礎的な問題に取り組んでみたり、逆に得点率の高い単元の問題は応用問題にも取り組んでみましょう!

    まとめ

    現状よりも少しでも苦手を解消し、得意を伸ばせれば良いのです。

    この目的を果たすために「模試を有効活用してやる!」という気持ちが大切です!

    <この記事を書いた人>
    横浜市立大学 国際総合科学部 先輩チューター なっち

    何事も「今」を全力で!

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #ニガテ何とかしたい
    • #テスト一発逆転
    • #模試

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング