【東北大】「伸びない...」に隠されたお宝を探せ!

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009789/

この記事を書いた人

東北大 経済  いろは先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【東北大】

    「この夏は苦手を徹底的に克服する!」と意気込んで始まったはずの夏休み。

    なのに、思ったように模試の点数が伸びていない...

    なんてこと、ありませんか?

    どうも、東北大学経済学部のいろはです。

    頑張ってるはずなのに伸びない科目って、ありますよね。

    私も、数学しか勉強していないはずなのに、数学は全く伸びない(むしろ下がる)という不思議な現象を観測した経験があります。

    ですが!

    「伸びない...」にはこれから伸びるための「お宝」が必ず隠されています!

    お宝を見つけて、伸びない科目と仲良くなりましょう!

    お宝その1:バラバラだけどしっかりした「知識」

    自分でゼミの教材や参考書を解いていれば出来るのに、模試だと出来ない...という人は、「分野ごとの基礎知識」はしっかり身につけられていることが多いです!

    ゼミ教材や多くの参考書は、単元別に問題が構成されているので、言ってみれば「イマはこの分野の知識使いますよ!!」と明記されているようなもの。

    そこでしっかり解けるのであれば、知識の定着はOKです!

    自信をもっていきましょう!

    問題集では解けるけど模試だとダメという人は、知識はしっかりついているはずなので、これからはどの分野の問題かわからない「ノーヒントの状態で解く」練習をしましょう!

    例えば、あえて合格への100題を月ごとに解くのではなく、ランダムに選んだ番号の問題に取り組んでみる、友達にお願いして問題をシャッフルして出題してもらうなどすると、ノーヒントに慣れることができます!

    知識はしっかり入っているはずなので、自信をもって解いてみましょう。

    お宝その2:難問を解く土台になる「基礎」

    お宝その2:難問を解く土台になる「基礎」.png

    夏休みで過去問や模試に挑戦してみて、勉強してきたはずなのに解けない...という人、「各教科の基礎」はしっかり身についているはずです!

    とくに、夏休みまでの期間や、夏休みを活用して基礎固めを一気に進めた、という場合は、このパターンが多いです。

    もちろん基礎は大切なのですが、基礎だけでは解けないのが模試や過去問で問われる難問や応用問題

    基礎とテクニックが合わさって、はじめて解けるようになります。

    ですが、どれだけテクニックがあっても基礎がなきゃ始まらない!

    ので、基礎固めを頑張ったという人は、ぜひ自分の基礎力を誇りに思ってください!

    これからたくさん過去問や応用問題に触れていけば、テクニックも身につくので、安心して秋以降も演習に取り組んでいきましょう!

    お宝その3:これから訪れる「伸び期」

    お宝その3:これから訪れる「伸び期」.png

    これは言わずもがな、「今伸びないならこれから伸びるに違いない!」というお話です。

    特に、「部活を引退してから1~2ヶ月で一気に頑張ってるのに...」「高3になってから本気ではじめたのに...」という人はこの可能性は高いです。

    勉強は、やってすぐ結果が出ることもありますが、なかなか形にならないことも良くあります。

    でも諦めずに続ければ必ず伸びます。必ず、です。

    なので、伸び期を楽しみに、「続けること」を大切に勉強に取り組んでいきましょう!

    実際どうだったのか

    実際どうだったのか.png

    私も例に漏れず「やってるのに伸びない」をしっかり経験しました。

    高2からセンター(今の共通テスト)に向けて勉強していて、判定は悪くないけど、ずっと変わらずC判定。

    そんな私を傍目に、高3から勉強をはじめた人達は「E判定からC判定まで来た!」「志望大より偏差値高い大学でB判定出た!」と楽しそう。

    自分の努力はどこ行っちゃったのかと迷子放送かけたくなりましたし、伸びない自分が惨めになったのが高3の夏~秋。

    そして晩秋には模試の判定がDに落ち、明らかにセンター模試の成績も下がるという「頑張ってるのにナンデ???」という事態が発生します。

    ですが、よくよく分析すれば高2からやっているから伸びしろが少ないのは当たり前だし、数学だって超頑張ったのは高3夏だし、しかも基礎を徹底的にしていたので、センター形式で実力が出ないのはしょうがないことでした。

    で、晩秋の悲惨な模試以降は実践的な勉強にも力を入れ、弱点を徹底的に倒すことも継続した結果、本番ではしっかり得点して、目標得点は超えることが出来ました。

    ちゃんと東北大にも合格できたので、よしとしましょう。


    ということで、今回は"伸びない..."に隠されたお宝についてでした。

    みなさんの「伸びない...」にも、絶対にお宝が隠れています。絶対です。

    なので、どうか諦めずに、投げ出さずに、勉強と仲良くしてあげてください。

    今伸びなくても、最後の模試まで伸びなくても、入試本番で最高点をたたき出せれば勝ちです。

    その瞬間を夢見て、諦めずに、歩いて行きましょう!

    それでは、みなさんの受験が充実したものになりますように。

    心から応援しています!

    \困ったときは相談してね/

    先輩ダイレクトへ

    <この記事を書いた人>
    東北大 いろは

    実はセンター3日前に国語の最低点を更新して50点下がってしまい、友人に「私の点数そっちにお邪魔してない??」とガチで迷子放送の電話をかけた経験があります。

    あの日、電話の相手をしてくれた友人には感謝しかないです。ありがとう。

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #高3
    • #ニガテ何とかしたい
    • #時間がない

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング