【津田塾大】この時期の推薦対策

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009735/

この記事を書いた人

津田塾大学 学芸学部  あやとり先輩

  • 先輩チューターに相談する

    9735-01.jpg

    こんにちは!暑い日々が続きますが、元気に過ごしていますか?暑い日々に耐えながら、受験勉強は進んでいますか?

    今回はタイトル通り、推薦受験を考えている人向けに記事を書きたいとおもいます。

    推薦受験を考えている人は、今どんなことをしていますか?

    何から手をつければ良いかわからず困っている人もいるのではないでしょうか。

    そこで、この記事では「この時期の推薦対策」について書きたいと思います。

    募集要項、試験内容の確認

    まずは、必ずこれから始めるようにしましょう。

    まだ、志望大学の募集要項が出ていない場合は、過去の募集要項、試験内容を調べてみましょう。

    自分が考えている大学のオープンキャンパスに参加し、大学のパンフレットなどをみてみましょう。

    オープンキャンパスは地域によっては、蔓延防止措置や緊急事態宣言の影響でオンライン開催になっているところもあると思うので、事前にしっかりと調べましょう。

    なぜ、その大学を志望するのかを明確にする

    多くの大学で志望理由書や面接が試験内容に含まれていると思います。

    その準備・対策として、まずは自分が対象の大学を志望する理由を明確にしましょう。

    着眼点としては、教授が研究している分野、大学で学ぶことができる学問が挙げられると思います。

    今年度のパンフレット、または昨年度のパンフレットをよく読み、大学の魅力を再確認しましょう。

    話のネタを探そう

    一瞬、なぜ?と思った人もいると思います。

    ネタ、というのは自分が身の回りで面白いな、と感じた話、というわけではなく、なぜ、自分が志望する学科に興味があるのか、なぜその学問を学びたいと思ったのか、というネタです。

    面接、志望理由書で必要になってきます。

    今のうちに書きたいこと、面接で話したいことをまとめておきましょう。

    難しい話題を追求しすぎると面接官に突っ込まれて答えられない、というのはあまり印象が良くないので大まかな言い方を考えておきましょう。

    まとめ

    推薦対策は早め早めに取り組むと後々精神的に楽になります。

    また、推薦試験が近づいてくると気分が焦り生活リズムが狂い、そのまま体調を崩しやすくなります。

    今のうちから生活リズムを整えるように意識しておきましょう。

    推薦対策について質問があればいつでも「先輩ダイレクト」に質問してみてくださいね。

    <この記事を書いた人>
    津田塾大 あやとり

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #推薦入試ねらう

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング