【千葉大】夏は総復習で巻き返せ

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009587/

この記事を書いた人

千葉大学 薬学部  ごん先輩

  • 先輩チューターに相談する

    夏から本番.jpg

    みなさん、こんにちは!
    先輩チューターのごんです。

    暑い日が続きますが、体調のほうは大丈夫でしょうか?


    今回は、部活動などの関係で夏から本格的に受験勉強を始めるという人のために、

    そんな人こそ夏休みに行っておきたい総復習についてお話します!



    おすすめは最低限を全範囲学習


    夏休みは今までの学習を確実に復習して、ヌケモレがないようにするのが目標です。
    苦手に絞って学習するのももちろん効率的ですが、そうするとこの短期間では穴をカバーしきれず、結局触れなかった分野で共倒れを起こす危険性があります。
    また、時期を鑑みても、今はまだ焦らず着実に学習を進めるのが建設的です。
    以上を踏まえると、この夏ここから受験勉強を本格的に始める人は、全ての既習範囲を浅く広く学習しておくことをお勧めします!


    具体的な学習法について



    既習範囲を浅く広く学習する際におすすめなのは、問題集の「基礎」「チェック」「確認」といった分野ごとの最初にある基本事項の確認の問題をまずはすべての範囲で解くことです。
    範囲が広いとはいえ確認程度の問題レベルなら無理なくすぐに一周はできると思います。

    特につまづくことなく解ききったら、次はその一つ上のレベル(「演習」「練習」など)で全範囲に取り組んでみましょう。

    この方法のよいところは、だんだんレベルを上げていくことができるので詰まりにくく、全ての範囲に何回も触れることができるため体型理解がしやすいことです。
    これをやったあと、もちろん分野ごとに解きやすい解きにくいはありましたが、まったく理解できないような苦手はなくなっていました。きちんと体系的な理解ができて、苦手も他分野で補強できていたからだと思います。
    ぜひ試してみてくださいね!


    授業の予習・復習も欠かさずに


    夏以降に新しく学習する分野は、当たり前ですが今までの範囲よりも経験が少ないです。
    今からがっつり未習範囲に手を出す必要はもちろんありませんが、夏以降授業で習った範囲についてきちんと復習を行い、重点的に演習を重ねるために、できるだけ予習もしておきましょう。

    教科書を読み進めておく程度で大丈夫なので、できるだけ初見のものが授業で扱われないように、時間のある今のうちに予習を進めておくのがおすすめです。

    「難しい」「解けない」と感じる問題があったとすれば、みんな同じことを思ってるはずですから、できるだけ気負わず、しかし確実に継続的な学習をしていきましょう(^^)/



    私からは以上です!
    夏ということで焦る気持ちも分かりますが、まだまだ時間はたくさんあります。

    体調にだけは気を付けて、残りの夏休みも頑張っていきましょうね!

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング