【津田塾大】 夏の基礎固めは何をする?教科ごとにご紹介!

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009556/

この記事を書いた人

津田塾大学 学芸学部  だふ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    夏に行うべき基礎固めとは!?

    みなさん、こんにちは! 津田塾大学、学芸学部のだふです!

    さて、今回のテーマは、夏休みの基礎固めです。

    夏は基礎を固めろと言われるけど、結局なにをしたらいいんだろう?と悩む方も多いのではないでしょうか?

    今回はそんな皆さんに、夏休みにこれだけはやってほしい基礎固めについて教科ごとにお伝えします。

    私が受験の際に使った科目は、英語、数学ⅠA、国語、化学基礎、生物基礎、現代社会、日本史B でしたが、他の科目を使う方も共通するところもあると思うので是非最後まで読んでいただけたら嬉しいです!

    では早速見ていきましょう!!

    英語と国語

    英語と国語

    まずは、多くの方が受験科目として勉強していると思われる英語と国語についてご紹介しますね!

    英語

    英語は夏休みを使ってどんどん読解の練習をしていくことがお勧めです。

    もちろん、英単語や英文法も基礎的な勉強は大事にしてほしいのですが、読解は早めに練習を始めておくことで、速読の力をつけることができます。

    読解の基礎固めとして、まずは簡単な文章から読んでいくようにしましょう。

    いきなり難しい文章で勉強を始めてしまうと、なかなかすらすら読めないですし、速読の力をつけることが難しくなってしまいます。

    自力で読める難易度かそれより少し難しいくらいのレベルの文章から始めて、英文を読むことに慣れていきましょう。

    国語

    国語は古典単語や古典文法をおさえることをお勧めします。

    古典の文章は単語や文法を知っているだけですらすらと解けてしまうものが多いです。

    逆に言うと、単語などを覚えていないと全然読めないし意味も分からない...なんてこともあるのです。

    単語帳を1冊夏休みで覚えてしまえるように、毎日覚える個数を決めて暗記を進めていきましょう。

    また古典文法は練習問題を解くことでだんだんと身についてきます。

    ややこしい部分も多いですが、文法をしっかり理解しておくと夏休み後の勉強がとても楽になるので是非頑張ってみてくださいね!

    理系科目 <数学、理科>

    理系科目

    次に理系科目である数学と理科系の科目についてご紹介します。

    数学

    数学は自分の理解度に合わせて基礎的な問題を繰り返し解くことが大切です。

    特に自分が苦手だなと思う分野は、本当に簡単な問題から解いて基礎の知識を定着させられるようにしましょう。

    どの教科にも言えることですが、特に数学は何度もくりかえし問題を解くことが大事になってきます。

    間違えた問題は3回は繰り返し解き、確実に自力で解けるようになることを心がけましょう。

    解説を読んでもわからない場合は、学校の先生や塾の先生などに聞いて、わからないところを残さないことも大切です。

    理科

    理科系科目は暗記分野の暗記と、計算問題の基礎的な部分の練習をしましょう。

    特に基礎科目を受ける方は、暗記をしっかり行うことで問題が解きやすくなってきます。

    計算問題については数学と全く同じです。

    基礎的な問題から取組み、間違えた問題は繰り返し解くことを意識しましょう。

    文系科目 <社会科目>

    社会科目

    最後に多くの文系の方が勉強する社会科目についてご紹介します。

    社会科目は暗記しなければいけないものがとても多くて困っている方も多いのではないでしょうか?

    私自身もとても苦労した覚えがあります。

    ではどのように暗記をしていけばいいのでしょうか。

    まずは教科書や資料集を読んで全体的な流れを理解していくことが大切です。

    いきなり暗記を始めてしまっても、暗記事項同士の繋がりがわからないとただの丸暗記になってしまい、特に二次試験で記述の問題が出る方はそれでは対応ができなくなってしまいます。

    そして全体的な流れをつかんだら、簡単な問題集を使って知識を整理していきましょう。

    問題集の問題を何度も解いていくことで暗記にもつながりますし、例えば歴史系の科目であれば、時代ごとの流れを理解することができます。

    一問一答を使う場合は、まずは簡単な部分から取り組んでいきましょう。

    いきなり全部覚えるのは大変ですし、集中力を保つのもかなりきつくなってしまうからです。

    社会科目の暗記は焦らずに1つ1着実に覚えていくことが大切なのです。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    夏休みどんな勉強をすればいいのかイメージはつかめましたでしょうか?

    最初はなかなかうまくいかず、全然問題が解けなくて焦ることもあると思いますが、時間のある夏休みだからこそ時間をかけて苦手科目にも取り組むことができます。

    是非この時期を大切にして、基礎の力をグンと伸ばしてしまいましょう!!

    今回の記事が少しでも、皆さんのお役に立てば幸いです!

    何かあればいつでも先輩ダイレクトに相談してくださいね!

    以上、だふでした!

    この記事を書いた人

    津田塾大学 学芸学部 だふ

    実は数学や国語の知識って就職活動でも必要になったりするんです...(^^;

    受験勉強はいくらやっても無駄にはならないってことです!!

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #高3

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング