【中央大】天王山の夏!どのように勉強する?

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009515/

この記事を書いた人

中央大学 総合政策学部  まつり先輩

  • 先輩チューターに相談する

    0717.jpg

    みなさん、こんにちは!

    先輩チューターのまつりです。

    いよいよ受験の天王山と呼ばれる夏がやってきましたね。

    皆さんの中には早くも焦りを感じている人もいるかも・・・?

    高校生のときって、時間が経つのが本当にあっという間ですよね!

    さて、今回は天王山の夏にどのような勉強をしていくべきなのかについてお話していきたいなと思います!

    1,時間が取れる今こそ、苦手打破!

    さて、受験勉強を進めていると、どうしても自分の苦手分野に向き合わねばならないときが来ますよね。

    でも苦手だからなかなか手を出せない・・・。

    苦手ばかりやると時間がかかってしまい、他の問題に取り組む時間が無くなってしまう・・・。

    など悩む人も居るかと思います。

    時間が取れる夏休みだからこそ、苦手解消に集中する時間をつくるチャンスです!

    理解→演習→定着

    というイメージでやっていきましょう。

    まずはゼミ教材で苦手分野のページを開いてみて、どこまで解けそうチェック。

    まったく手が出なければ解答解説を見てOKです。

    ただ、その時は答えだけ見るのはNGです!

    「解き方」に着目して学習していきましょう。

    どうしたらその問題が解けるのか、プロセスを学んだら実際に解いていって、自分の力にしていきましょう!

    難しい問題だと解く手順も複雑になるので、できない・・・と思ってしまうかもしれませんが、一歩一歩やっていけば必ず解けるので大丈夫!

    わからない問題の、わからないところ、そういう細かいところの解消を積み重ねていけば苦手も解けるようになりますよ!

    2,時間が取れる今こそ、長文読解!

    今ではどの学部を受けるにも、だいたい英語が必須になっていますよね。

    みなさんはもう英語の長文読解を何度か解いていると思いますが、手ごたえはどうでしょうか?

    長文は、読解にも時間がかかるし復習にも時間がかかるので、まだあまり取り組めていないという人も、この夏にはぜひスタートしましょう!

    「全然読めない」

    と感じている人は、その原因をいっしょに考えましょう。

    ・単語やイディオムの語彙力が足りていない

    ・英文法の知識が足りていない

    ・1文が複雑で長くて読めない

    などが挙げられるかと思います。

    まず知識に関しては覚えれば覚えるほど力になります!

    そして1文が複雑で読めない人は、主語はどこ、述語はどこ、これを意識して読んでいきましょう。

    主語、述語で誰がどうしたを追っていくことを意識すると、だいぶ読めるようになります。

    また、主語はさまざまな修飾語がくっついていてわかりにくい場合が多いですから、修飾語は( )カッコなどでくくっておくことがオススメ!

    知識と経験の積み重ねで長文も読めるようになっていきますから、単語、文法の暗記とともに長文読解も頑張る夏にしていきましょう!

    3,過去問ってどうするべき?

    さて、もうけっこう学習が進んでいる人もそうでない人も、夏になると過去問の存在を気にするようになるかも。

    先に言っておきますが、全部解くぞー!はNG!

    問題演習とは違って数に限りがあるので、普通の問題集などよりは大事に取っておくことが必要になるかと思います。

    とはいえ、夏に何をすべきかと言えば、出題傾向の分析です。

    どのような問われ方、問題形式なのかを知ると、これからの対策がしやすくなりますよね!

    敵を知って戦略を立てるのです!

    例えば、ある大学の英語の過去問で「正誤問題」がよく出題されるんだなーということがわかれば、これからは正誤問題を意識して勉強し、苦手なら正誤問題だけの問題集を買って練習しよう!みたいに対策が取れるわけです。

    夏の過去問との向き合い方は「解く」よりも「知る」!

    知って、これからの学習の指針にしましょう。

    併願校の過去問も見ておくことをオススメします!

    私の友達には、あまりにも出題傾向が違って対策が両立できないとのことで、併願の方式や大学を変える子もいましたよ。

    だから要チェックだと思います!

    大学の過去問は見るだけでもなんだか意識が変わるというか、モチベーションアップになりますよね。

    夏の勉強時間がつらくなった時にも支えになるかもしれません!

    まとめ

    というわけで今回は、天王山の夏に何をすべきかをお伝えしました。

    苦手の解消、長文、過去問など、時間が多く取れるうちにこそやるべき!というものを厳選しましたので、参考になると幸いです。

    体調にも気をつけながら、一緒に頑張っていきましょう!

    この記事を書いた人

    先輩チューター まつり

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング