【同志社大】「夏は受験の天王山っていうけど...」

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009503/

この記事を書いた人

同志社大 文学部  マリモ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    受験の天王山を超える鍵_R.png

    皆さん、こんにちは!同志社大学の先輩チューターマリモです!!

    もう夏休みに入るって人も多い時期ですね!ちなみに、僕も明日から夏休みです。まぁ、課題はまだまだ残っていますが笑

    大学生の夏休みは、2か月ほどあります!ただ、就活がまだ残っているので、そっち優先になってしまうかもしれません...笑

    では、ここから本題!

    「夏休み」ということで、皆さんの中にも「受験勉強の山場」だという認識はあると思います。

    でも、こう考えていませんか。

    「何をしたらいいの?」「休みが多すぎてむしろ何をしたらいいかわからない」と。

    そこで、今回は、僕が思う「これだけはしておいて」ということをお伝えします。

    少しでも参考になれば嬉しいです!

    模試の復習溜まっていない??

    皆さん、夏休みが始まるまで、あらゆる模試を受けてきたことでしょう!!

    ただ、その模試「結果」だけ見て終わっていませんか??

    前回もお話ししたかもしれませんが、「模試」=「模擬」試験です。

    ゆえに、「結果」が良かろうと悪かろうと、参考値にしかなりません。

    それよりも大切なのは、「どこを間違えたのか」ということ。

    課せられた制限時間内で、緊張感を持って解くということは、普段ではなかなか味わえません。

    その状況下で間違えた問題なら、本番でも間違い得るということ。

    裏を返せば、そこさえ今の段階で潰せれば、本番でのミスが減り、合格点に近づく可能性が高くなるのです。

    だからこそ、この長期休みの間に、模試の復習を片付けてしまいましょう!!

    そして、それを基に、自分が演習量を増やさないといけない分野を見極めていきましょう。

    単語の習得

    次は、「単語」です。

    「なんだ、そんなの当たり前やん!」って思っている人も多いかもしれません。

    しかし、夏休みになり時間の余裕ができると、ついつい後回しになったり、途中で疲れて止めてしまったりすることも。

    「単語?別にまだ時間あるし後でいいや」という具合に。

    普段ならある程度時間的拘束があります。

    「朝の通学時の10分」という感じです。

    これだと、そこだけ頑張ろうと思えるのですが、夏休みはそうはいきません。

    だからこそ、毎日続ける工夫を凝らしてください。

    例えば、「朝食が完成するまでの10分間」「学校の自習室に向かうまでの10分間」など。

    しっかりと時間を決めて続けることは、他の科目でも活かせることです。

    だから、まずは単語から、この夏休み取り組んでみましょう。

    夏休みに単語の勉強を怠ると、みるみる忘れていきますよ~


    今回は、この辺で!

    最後まで読んでくれてありがとう!

    <この記事を書いた人>
    同志社大 マリモ

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング