【立教大】先輩の後悔から学ぶ!?夏休みの勉強法

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009498/

この記事を書いた人

立教大 異文化コミュニケーション学科  あさすけ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【立教大】先輩の後悔から学ぶ!?夏休みの勉強法

    みなさん、こんにちは!立教大、異文化コミュニケーション学部のあさすけです。

    7月も後半、夏休みに突入します!ここで巻き返すぞ~!という人も、ここまで順調に来て、さらに伸びていくぞ~!という人も、気合いが入りますね。

    今回は、そんな夏休みの勉強法についてです。受験の年の夏休みは重要だからこそ、できるだけ効果的に進めていきたいもの。ですが、具体的にどうすればいいのかは難しい問題ですね。

    そこで、この記事では私が受験生のときにやってしまった「失敗談」と、こうしたら良かったなぁという改善点を合わせてお伝えしていきたいと思います。それでは早速、見ていきましょう!

    後悔した勉強法①詰め込みすぎの勉強計画

    【立教大】先輩の後悔から学ぶ!?夏休みの勉強法

    後悔した夏休みの勉強法の一つ目は、【無理にたくさんの勉強を詰め込みすぎてしまったこと】です。

    「夏休みをできるだけ有意義に過ごすために計画をしっかり立てよう!」と意気込んだところまでは良かったんです。

    しかし、一日にこなせない量の勉強と、時間の掛かる苦手科目対策に必要な時間が考慮できていなかったために予定がどんどん後ろ倒しになり、夏休みが終わる頃には終わっていないものの方が目について不完全燃焼気味に...

    これは、夏休みに入る前、モチベーションも高いちょうどこの時期に、「自分のキャパシティ」と「今、やらなければならないこと」を見誤ってしまったことが原因だと思っています。

    では、どうしたらこの失敗を回避できたのでしょうか?

    後になって振り返ってみると、「夏休みに終わらせたい勉強の範囲と優先順位」という、全体を通して達成したい目標を先に立て、後で細かい時間配分を考えるべきだったなぁと考えます。

    例えば、私は計画を立てるにあたって「一番苦手な数学を克服する」というざっくりとした目標だけを掲げていました。

    その結果、比較的得意な単元も苦手な単元も同じように詰め込んでやることが膨大になり、結局目標が達成できたかも評価しづらくなってしまいました。

    もし私が受験生の夏休みに戻れるとしたら、「一番苦手なのは三角関数だから、夏休みが終わるまでにこの問題集の三角関数の問題を最低2周はしよう。次に苦手なのは...」という形で達成したい全体の目標と優先順位をつけて計画を立てたいな、と思っています。

    後悔した勉強法②暗記が不十分なままの問題演習

    【立教大】先輩の後悔から学ぶ!?夏休みの勉強法

    後悔した夏休みの勉強法、2つ目は、【暗記があまり出来ていない状態で、難しい過去問に手をつけてしまったこと】です。

    古典単語や英文法、日本史・世界史の暗記事項などなど、受験対策をする上でも覚えなければいけない事項はたくさんありますよね。

    私は、特に世界史の暗記ができていないまま、夏休みにいきなり難しい記述問題などに手をつけてしまっていました。

    知識が足りないためにあまり解けないというのも後悔したポイントではあります。

    しかし、それ以上に、秋以降、本格的に志望大の過去問を解き始めたときに知識不足で書けない!ということが多く、慌てて教科書を何度も読み直したということの方が、ダメージが大きかったです...

    過去問を始めるタイミングは人それぞれだと思いますが、私の場合は夏休みで時間があるから挑戦しよう!と思ったまではいいものの、そこに固執して問題で解いた部分の事項しか覚えられていなかったことがあまり良くなかったと考えます。夏休みまでの知識固め、とっても大切です。

    この苦い経験から改善できるとしたら、「夏休みは基礎や知識を固めるほぼ最後のチャンスだ!」という意識をしておくことだと思います。

    もちろん、夏休み以降も、つまずいた時点で見直しをしていけば補うことができます。しかし、広く基礎や知識を定着させるなら、自分で使える時間が多い夏休みがピッタリ!

    もし、まだ基礎が心配だな...と思っている人がいたら、夏休みの勉強計画を立てるときに教科書を読む時間を作る、寝る前に単語帳〇〇ページ、などちょこっと足してみるだけでも、過去問の解きやすさが変わってくると思います。

    番外編:夏休みにやって良かった勉強法は?

    【立教大】先輩の後悔から学ぶ!?夏休みの勉強法

    さて、ここまで後悔した勉強法を2つご紹介してきました。ここからは番外編ということで、夏休みに意識しておいてよかったなと思ったことをお伝えしたいと思います。

    それは、【時間配分を意識して問題を解く】ということです。

    私は以前、勉強をするときには1問1問に時間をかけて勉強を進めていました。しかし、それだとなかなか他の問題に進めず、見直しや解き直しの時間がとれません。

    それでは触れられる問題の数も減ってしまうので、夏休みの勉強では、数学1問につき、悩む時間は10分までと決めて、その時間が経過したら解答解説を見ると決めました。

    その結果、いくら悩んでも解けない問題に時間を割きすぎることなく、見直しの時間も確保できるようになりました。

    「時間をかけて定着させる」よりも、「何度も触れることで定着させる」ということを意識した勉強法は、夏休みの時間を有効に使うことにも繋がります

    これは長期休みだけでなく、平日の勉強にも使える考え方ではありますが、特に時間がある(ように見えてついつい長時間だらだら勉強を続けてしまいがちな)夏休みにこそ、試してもらいたいです。

    まとめ

    夏休みは計画や勉強法次第で大きく力を伸ばせる貴重な期間です。

    無理に詰め込みすぎていないか?今、やらなくてはいけないことはなんだろう?ということを意識しながら、ぜひ有効に、夏休み明けの自分が「頑張った!」と自信を持っていられるように過ごしていきましょう

    そしてこちらも!夏休みに力を伸ばしたい!効率的に勉強をしたい!と思っているあなたにピッタリなイベントをご紹介します!

    7/24「プレ夏期講習&スペシャルイベント」開催のお知らせ

    受験天王山の夏、受験勉強を効率的に行うためにも夏期講習をうまく利用したい。

    でもいきなり夏期講習は不安、という人のために、夏の準備をする「プレ夏期講習」を7/24(土)、25(日)で実施。通常の「合格への100題オンラインライブ授業」の時間を30分延長し、「夏前に克服しておくべき弱点」をテーマにした特別授業です。夏に本格的な学習を開始するその準備としてぜひ受講してみよう!

    さらに、7/24(土)20:00からは「受験生応援スペシャルイベント」も開催!こちらも必ずチェックしてみてくださいね。

    視聴はこちらから!

    ※録画は「アーカイブ(過去の授業一覧)」から見ることができます

    <この記事を書いた人>
    立教大・あさすけ

    もともと勉強は家ですることが多かったので、受験生の夏休みは自分の部屋にこもっていたのを思い出します。長時間の勉強は大変でもありますが、目標があれば達成感も感じられますよね!皆さんが有意義な時間を過ごせますように!応援しています!

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング