【新潟大】夏休みの学習計画はこう立てよう!

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009483/

この記事を書いた人

新潟大学 創生学部  ラムネ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    9483-01.jpg

    みなさん、こんにちは!新潟大学創生学部のラムネです!

    最近は暑い日々が続いていますね!熱中症に気をつけて過ごしてくださいね!

    さて、そろそろ夏休みが近づいてくる頃かと思われますが、学習計画は立てていますでしょうか?

    「学習計画のやり方なんてわからないし、そもそも計画する必要あるの?」と思ったそこのあなた!学習計画はとても大切ですし、計画をすることで夏休みの勉強が格段にはかどります!

    今回はそんな学習計画について紹介していきたいと思います!

    学習計画の大切さ

    9483-02.jpg

    まずはなぜ計画する必要があるのか、学習計画の大切さについて説明していきたいと思います。

    何をすべきか明確化できる

    計画を立てることで何をすべきか明確化出来ます。

    この夏休みで、学力を一気に上げようと狙っている人もいるでしょう。しかし、やりたい事が散乱して何から手を付けていいかわからない人もいるはずです。

    なので、自分に何が足りていないのか、を分析し、今後の道筋を立てましょう。

    例えば、数学が苦手だから青チャートの1周することを目標にしたり、英語が苦手だから英単語帳速単を先回りして1周仕上げるとか、英文法を一からやり直すとか。

    それらの課題は人によって違います。学習計画を立てることで何をすべきなのかが明確化出来ます。

    進捗状況を把握できる

    計画を立ててから勉強することで、自分がどのくらい進んでいるのかを把握することが出来ます。

    上記に書いたように何をすべきなのかを明確化し、それがどのくらい達成できているのかを把握できます。

    進歩状況を把握することで「遅れているからペースを上げよう」「進みすぎているからペースを落として復習作業をしよう」などと進捗に合わせてペース配分をすることが出来ます。

    自分がどのくらい進んでいるのかわからない状態で勉強するよりも、分かる状態のほうが勉強しやすいですよね!

    計画の立て方

    9483-03.jpg

    次に計画の立て方について紹介していきたいと思います!

    苦手分野を見つける

    まずは自分が何が苦手なのかを分析してみましょう!

    今までに取り組んだ模試や定期テストを見返してみて、自分が苦手な教科、苦手な分野を分析しましょう!

    自分の弱点を知ることで、何を重点的に勉強すればいいのかがわかります!

    時間ではなく勉強量で計画を立てる

    よく「今日は8時間勉強するぞ!」とか数学は2時間、英語は3時間勉強するぞ!とか、時間を基準に勉強の計画を立てる人がいますが、私はオススメしません。

    なぜなら勉強は◯時間やれば必ず力がつく、というものではないからです。大事なのはどれくらい時間をかけたか、ではなくどれくらい理解できたか、です。

    時間を目標として設定すると、ただ時間がすぎることが目的となってしまったり、「今日は◯時間勉強したからもう大丈夫だろう」という気持ちになってしまいます。

    なので勉強の「量」で計画をたてるようにすると良いです。何日までにこれらの参考書を2冊はマスターするとか、にこの問題集を3周するとか、今日は教科書を20ページ読み進めるとか、勉強量を元に計画をたてるようにすると、しっかりと理解力を挙げられると思います!

    復習時間や復習日を取り入れる

    勉強を進める上で、復習は何よりも大事です。復習をしなければ勉強の意味が無くなると言っても過言ではないと思います。

    1回の勉強ですべての知識が定着するなんてことはまずありえません。長期記憶を形成するためにも、定期的な復習は欠かせないのです。

    1週間のうちに1日は復習日、また1日のうちに数時間は復習時間というものを設定しておきましょう!

    復習を忘れてどんどん先に進んでしまい、結局以前覚えたことはすっぽり記憶から抜け落ちてしまっている、なんて事態を防ぐように、復習を常に心がけましょう!

    無理のないペースで

    計画を立てる段階では、多くの人がやる気に満ち溢れていると思います。その為とてもやりきれないような勉強量を計画に入れてしまい、途中でもたなくなって計画が頓挫してしまいがちです。

    なので日々の勉強量は「ちょっと足りないかな」ぐらい、少なめに計画を立てるのがオススメです!

    もし計画が予想以上に早めに終了してしまったなら、それはそれでもう一つ上のステップの勉強を新たにするか、今までの復習をしっかりとするかすればいいのです。

    まとめ

    今回は夏休みの学習計画について紹介していきました。

    夏休みは成績アップを実現する大チャンスなので、日々の計画をしっかりと立てて無駄にしないようにしましょう!

    暑い日々が続きますが熱中症に気をつけて頑張ってくださいね!

    <この記事を書いた人>
    新潟大 ラムネ

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング