【青山学院大】夏休みってどんな時期?部活をやっていた人のための逆転計画の立て方講座!

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009443/

この記事を書いた人

青山学院大 教育人間科学部  うっちー先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【青山学院大】夏休みってどんな時期?部活をやっていた人のための逆転計画の立て方講座!.png

    こんにちは!夏休みが直前にも関わらず待ちきれないうっちーです...笑

    皆さん、一学期お疲れ様でした!受験生として生活を始めて、いろいろ勉強に部活にと忙しい日々でしたね...

    部活を引退した人は本当にお疲れ様でした!ここで繋がりを切るのではなく、受験が終わったらまた後輩のところに顔を出してあげてくださいね!

    さて、夏休み直前ということですが、皆さんは夏休みの勉強計画は立てていますか?

    もちろんざっくりでもいいし、細かくてもいいです。ただ、何も立ててないのは非常にもったいない!

    特に部活をこの時期に引退した人たちは、受験勉強の本格的なスタートが少し遅れています。

    基礎固めに苦手克服と、夏休みは受験生にとってはやることが多いですが、非常に重要な期間です。

    そこで今回は、受験勉強のスタートが今頃だった僕から「基礎固めを中心とした夏休み計画の立て方」についてご紹介していきたいと思います!

    「夏休みどう勉強すればいいかわからない!」「計画的に勉強を進めたい!」という人はぜひ参考にしてみてくださいね!

    【青山学院大】こっから本気出す!これから受験勉強を始めるみんなへ。

    そもそも夏休みってどんな時期?

    まずは夏休みってどんな時期かをおさらいしましょう。

    夏休みと聞いて思いつく単語はいくつもあると思います。「勉強」「自由」「友達と遊ぶ」「旅行」などなど...(僕は実習...

    そんな夏休みの「勉強」の中には様々な要素が隠れています。

    復習ラストの期間

    夏休みが明けると本格的な「演習」が待っています。そう考えると、復習に「全振り」できるのは夏までと考えられます。

    部活が終わってこれまで習ったことが身についていない場合は、この夏休みはその遅れを取り戻す期間になります。

    自分を試す期間

    部活をやっていた・やっていないに関わらず、夏休みは自分を試す期間でもあります。

    模試を受けたり問題演習をしたりと、現在の自分の計る機会がたくさんあります。

    上記の復習の時間と自分を試すための時間の両立を図ることで、効率の良い勉強をすることができます!

    ここからは、そのために必要な「計画立て」について一緒にやってみましょう!

    ここでは基礎固めを中心とした計画立てを行っていきます。紙とペンさえあれば十分です!

    夏休みの計画立て(基礎固め編)

    さあ、ここからは一緒に夏休みの計画立てをしていきましょう!

    僕は年間スケジュールで夏休みは復習に全振りし、演習は控えめにしていました。

    もし基礎固めをしっかりやっておきたいという人は、そのための時間をたくさん確保しましょう!

    早速計画立てをしていきますが、以下のステップを踏んで順番にやっていきましょう!

    夏休みの計画立て3STEP.png

    ◎勉強時間を設定しよう!

    まずは1日あたりどのくらい勉強するかについて考えていきましょう!

    ここでしっかり一定のリズムを作ることで、秋以降も夏休みの勉強時間を保ったまま演習に入ることができるというメリットがあります。

    僕の場合は課外授業がある場合は、空き時間や帰宅してから4〜6時間勉強するようにしていました。

    課外授業がない時は、1日中家にこもって8〜10時間は勉強するようにしていました!

    いきなり長い時間は体力的にも大変なので、まずは少し短めのところから始めて、徐々に伸ばしていく形がおすすめです!

    ◎最終目標(ゴール)を決めよう!

    計画を立てる時に目標(ゴール)があったほうが、より勉強に取り組む姿勢が異なると思います。

    僕の場合、苦手科目に関しては「用語や文法を覚える、現代文の解く時間を短くする」「復習を通して基本問題を解けるようにする」などでした。

    それぞれの科目で立てるのは大変かもしれないので、その時は苦手科目に絞ってみてください!

    ◎科目ごとの勉強計画を立てよう!

    科目ごとの計画例.png

    ここが一番のメインになります!自分が受験で使う科目を中心に、夏休みにどう勉強するかを決めていきます。

    その時に大切なのが、「どの教材を使うか」「毎日やるものは何か」を決めることです。

    これは得意・苦手科目にも関わってきますが、夏休みを通して一貫して行うものを決めておけば、勉強するときに何をやるかに困りません。

    僕の例は上の画像の通りです。ぜひ参考にしてみてください!

    受験前最後の夏休み、使えるものは使い切ろう!

    今回は、夏休みの勉強計画についてお伝えしてきました!

    受験前に復習に時間をかけられるのは、夏休みがほとんど最後のようなものです。

    ぜひ使える時間はとことん使い、使う教材はとことん使い切りましょう!

    「8月号スタートライブ」と「プレ夏期講習&スペシャルイベント」のお知らせ

    7/20 19:00~「8月号スタートライブ 合格学習戦略」開催!

    受験の天王山とも言われるほど、夏休みは受験生にとって重要な時期。

    進路のプロと先輩チューターが、勝負の夏に何をして、何をすべきでないのか「今」知っておくべき情報を伝授!

    8月号のテーマは、「夏の基礎完成で志望大へ近づく!」。夏の総復習教材や夏期講習の活かし方や、夏の学習を効果的に進めるためのヒントなど、気になる情報が満載!

    7/24「プレ夏期講習&スペシャルイベント」開催!

    受験天王山といわれても、いきなりしっかり勉強できるか不安...

    という人のために、夏の準備をする「プレ夏期講習」を7/24(土)、25(日)で実施。通常の「合格への100題オンラインライブ授業」の時間を30分延長し、「夏前に克服しておくべき弱点」をテーマにした特別授業です。夏に本格的な学習を開始するその準備としてぜひ受講してみよう。

    さらに、7/24(土)20:00からは「受験生応援スペシャルイベント」も開催!こちらも必ずチェックしてみてくださいね。

    視聴はこちらから!

    ※録画は「アーカイブ(過去の授業一覧)」から見ることができます

    今回の記事はここまで!

    先輩ダイレクト」(会員限定)では直接指名して勉強法についても相談できるので、聞きたい時にはいつでも質問してくださいね!

    また次回の更新をお楽しみに^^

    <この記事を書いた人>
    青山学院大 うっちー

    ここから10月の終わりまでは半袖短パン、朝はアイスコーヒー生活。

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング