【同志社大】どうやって決める?ちょっと変わった私の志望大決定理由!

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009371/

この記事を書いた人

同志社大学 法学部  ゆのたん先輩

  • 先輩チューターに相談する

    どうやって決める?ちょっと変わった私の志望大決定理由!.png

    こんにちは、同志社大法学部先輩チューターのゆのたんです。

    志望大を選ぶ基準って意外と難しいですよね...。

    そこで今回は、ちょっと変わった私自身の決定理由をご紹介します。

    都会で暮らしたい!

    九州地方出身で、高校時代はずっと「卒業したら中心のほうで暮らしたい!」と思っていました。

    理由のひとつはライブに行くのが好きなので、九州にいるとお金がかかってしまうから(笑)

    就職の面でも大きな都市に魅力を感じていました。

    関東ではなく関西なのは、実家に頻繁に帰りたかったからです。

    そんな思いで第一志望の国立大学も関西の大学を選びました。

    企業への就職に強い!

    前の見出しでは関西地方の大学に行きたかった理由をお話ししましたが、現在通う大学に決めた理由があります。

    それは、法学部の進路として多い公務員だけでなく、企業への就職にも強いこと

    同志社大法学部は公務員志望のためのコースはもちろん、企業法務に特化したプログラムがあります。

    企業法務というのは法律の専門家として企業の交渉や運営にアドバイスをする仕事です。

    珍しい、特色あるプログラムなのですが、公務員を目指すか、企業に就職するか迷っていたので、どちらにも力を入れていることがとても魅力的でした。

    法務という仕事を知ったのもこのプログラムがきっかけで、今も将来の選択肢の一つとして考えています。

    まとめ

    いちばん言いたいことは、決定理由は人それぞれだということ。

    自分の気持ちに正直に選んだことで、私自身とても有意義な大学生活が送れています。

    皆さんも周りと違う理由でも、「こんな理由で決めていいのかな...」なんて思う必要はまったくありません!

    行きたいと思える大学に行くためなら、モチベーションも上がるはずです。

    ぜひ納得できる進路を見つけてくださいね。


    では、今回はこのあたりで。

    最後まで読んでくれてありがとうございました。

    また次回お会いしましょう!

    <この記事を書いた人>
    同志社大 ゆのたん先輩

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #志望大選び

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング