【早稲田大】E判定から逆転合格したい人へ伝えたい受験勉強の心得!!

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009342/

この記事を書いた人

早稲田大学 文学部  あい先輩

  • 先輩チューターに相談する

    2021-07-02 !.png

    こんにちは、早稲田文学のあいです!

    東京は最近雨の日が続いています....そのせいか私も最近元気が出ません。

    なかなかやる気が出ないときは、リフレッシュや休憩をはさみながら勉強をすすめましょう。

    さて今回は、E判定から逆転合格したい人へ伝えたい受験勉強の心得!についてお話ししたいと思います。

    今回の記事は、「受験生になったけど、なかなか模試の判定があがらないよ(泣)」「E判定、D判定しか出ない...」「えっE判定って良い判定でしょ?!(涙目)」って思っている人にぜひぜひ読んでほしい記事です!
    それでは見ていきましょう。

    そもそも現役生は志望校とのギャップがあって当然!!

    「えっ、どういうこと?!」って思った方もいるかもしれません。

    でもこれ本当のことなんです。

    現役生は、現在、高校の授業と受験勉強(復習や問題演習)を同時並行で進めていますね。

    そのため、成績がぐっと上がるのは、授業範囲の勉強がすべて終わって、演習を重ねる、入試直前期と言われています。

    だから、今志望大とギャップがある人は、気落ちすることなく、勉強を続けてほしいのです!

    今の自分にできることは?

    「志望大とギャップがある人」にぜひやってほしいおすすめの勉強法があります。

    それは...基礎をしっかり固めること!

    今、志望大とギャップがある人は、単語や基礎事項の暗記など基礎固めが不十分な可能性があります。

    現在足りていない「基礎固め」を夏休みまでに終わらせることで、秋以降の演習で、グッと成績が伸びてきます!!

    私も、秋までは全くE判定から抜けられなかったのですが、夏休みの間にしっかり基礎事項をおさえたことで、秋以降にグッと成績が伸びました

    特に、世界史の基礎事項の暗記は、「ゼミ」の教材にとてもお世話になったので、世界史をやっているhとは必見です!

    「E判定じゃない私」は何をするべき??

    ここまで、「志望大とギャップがある人への勉強法」について書いてきましたが、この記事を読んでいる方には、「現在志望大と大きなギャップはないけれど、もっと判定を挙げるために何かできることはある?」という方もいるかと思います。

    そんな人にお勧めしたいのが、ニガテ単元をしっかり克服することです。

    ニガテと感じている原因が「基礎の抜け漏れ」だったら、成績が上がる大チャンスです!!

    志望大と大きなギャップがないからこそ、苦手を丁寧につぶしていきましょう。


    この記事がみなさんの「受験勉強」の手助けとなればうれしいです^^

    上手くいかないときは、ぜひ先輩ダイレクトを活用してくださいね。

    \先輩に質問しよう/

    先輩ダイレクトへ

    <この記事を書いた人>
    早稲田大 あい

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #文系
    • #理系
    • #進路選択中
    • #テスト一発逆転
    • #模試

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング